東京五輪チケット2次抽選申込期間は?取れやすい競技とチケット入手のコツは?

東京オリンピック
スポンサーリンク

こんにちは。2020年東京五輪大会組織委員会五輪チケット2次販売を本来は申し込み順にする予定にしていたが、2次販売も抽選で行う予定との事。秋に予定されていた「先着販売」は、むしろアクセスを集中させる仕組みで、以前からサイトがパンクする恐れがあるネット販売に、先着順が不向きではとの議論がなされてきた。1次抽選における予想を超えた注目ぶりに組織委は、先着販売は困難と判断し、取りやめる方向で検討しているそうで、2次抽選開始はいつからなのか?取れやすい競技やチケット購入のコツを調べてみました。

 

スポンサーリンク

東京五輪チケット2次抽選申込期間はいつからいつまで?

現時点では

パラリンピックチケットの抽選申し込み開始は8月22日で最終調整中。五輪チケットの2次抽選開始は、パラチケットの申込期間と照らし合わせて検討している。

この情報しかわかっておりません。

本来ならば秋に先着順で行う予定にしていたので、パラリンピックの申し込みが終了してから行われるのではないでしょうか?

今から2次販売をするには時間がなさ過ぎるように思います。

詳しい事がわかり次第最新情報を追記したいと思います。

申し込み方法は1次販売と同じだと思われますが、落ちた人を優先したいとの旨を伝えていたので、

1次販売で落選した人優先そして今回初めて申し込みする人を優先的に抽選させる方法も考えられますが、こちらも詳細がわかり次第追記したいと思います。

追記7月5日 正式発表ではありませんが現在の予想

救済抽選に参加できるのは、1次で申し込み、落選した人に限る。1次で当選しながらも購入を見送った人は参加できない。申し込めるのは1枠のみだ。

売り出されるチケットは1次で売れ残ったもので、倍率が1倍に満たなかった試合。例えば座席が数万席単位という球技などの団体競技の予選や、予選ラウンドが多い競技となる予定。人気があった開閉会式やメダル決定戦は販売しない見込み。

<東京五輪・パラリンピックチケット販売日程>

6月20日 1次抽選の当選発表

7月2日 1次抽選の購入期限(現金購入者は4日)

同4日 救済抽選「セカンドチャンス」を発表

同月中 救済抽選の応募概要を公表

8月中 「セカンドチャンス」の申し込み開始

8月22日予定 パラリンピックチケットの抽選申し込み開始

今秋以降 五輪チケットの2次抽選

20年春 店頭販売開始

パラリンピックも抽選?

五輪チケットの第1次抽選の落選者を対象とした「セカンドチャンス」の実施を発表。併せて今秋に行われる第2次販売は当初予定していた「先着順」を中止。公平性を担保すべく第1次と同じ抽選に変更すると公表した。

今回のセカンドチャンスのターゲットは第1次抽選ですべて外れた人限定。1枚でも当たった人は除外されるため、不公平感を生まないよう申し込めるのは、1セッションのみとする。1次販売で購入手続きが完了したチケットの総枚数は、組織委が招致段階で計画していた780万枚のうち、300万枚超の規模であることも判明した。

セカンドチャンスに出されるのは第1次販売の“在庫”だ。「第1次抽選で倍率1・0を割った席」と「当選放棄した席」の合計となる。この日、組織委は具体的な数字を一切明かさなかったため、当選放棄がかなり多いのでは…との臆測も呼んだが、本紙が会見後の鈴木秀紀チケッティング部長(55)を直撃すると「皆さんの関心が強かったので、一般的なイベントより多くの方にお支払いいただいた」と明かした。

これによりセカンドチャンスで出される大部分が第1次抽選で1倍を割った席ということになる。古宮氏は「競技団体としては如実に(低い)倍率が出るのは面白くない。それで世の中に評価されるのは望ましくない」としたが、セカンドチャンス実施によって不人気競技が明らかになるのは皮肉なことだ。

関係者の話を総合すると、開閉会式やメダルセクションを除く予選セッションや球技団体の競技、会場のキャパシティーが大きい競技などがセカンドチャンスの対象とみられる。

やはりセカンドチャンスは不人気競技のようで、自分の見たい競技は発売されない可能性大ですね。。。

取れやすい競技とチケット入手のコツは?

取れやすい競技としては、射撃、テコンドー、カヌー、自転車競技、馬術、7人制ラグビー、近代五種競技ではないかと言われていますが、出来れば好きな競技を見たいですよね!どうせ抽選ですから取れやすい競技を狙うよりは、自分が見たい競技や好きな競技の方が良いと思います。(個人的に)

 

ですからチケット入手のコツ!を。

① 座席種類を中途半端な席種にする

高くもなく安くもないランクの席

② 申込み枚数を極力少なくする

申込み枚数が少なければ少ないほど、当選確率が上がります。

③ 平日や遠方の会場を狙う

平日開催の競技もたくさんあります。観戦したい競技をチェックしておきましょう。

④ 人気競技・注目試合と同日開催の競技を狙う

同じ日に行われる競技であれば、申し込む人は若干減るのではないでしょうか。チケット確保のためには、注目度が高くなさそうな競技を狙いましょう。

 

まとめ

東京五輪チケット2次抽選申込期間は?取れやすい競技とチケット入手のコツについて記事にしました。先着順はほぼ当たる可能性が無かったので、このニュースは嬉しいですね!

 

コメント

  1. 東京オリンピックチケット購入方法値段と倍率!取れやすい競技は? | stillnessのなんでも語るブログ より:

    […] 東京五輪チケット2次抽選申込期間は?取れやすい競技とチケット入手のコ… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  2. […] 東京五輪チケット2次抽選申込期間は?取れやすい競技とチケット入手のコ… […]