ロシア武術システマトレーニングを始める時の注意点

ロシア武術システマ
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

 

システマのトレーニングを始めようとした時、初めは皆さんドキドキで場所は何処?何時から始まるの?知らない人ばかりだし・・・などと色々な不安があると思います。

 

そんな不安を少し和らげることが出来るように、トレーニングを始める前の注意点について書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

無料見学・無料体験の利用

 

ほぼ全てのシステマトレーニンググループは初回のみ、または数回の無料見学及び無料体験が出来るようになっています。

 

誰か知り合いがグループにいる時は見学や体験をしなくても知り合いから色々聞いているので、いきなり入会する事も問題ないかも知れませんが、多くの方が、誰も知り合いがおらず、YouTubeやテレビの動画を見て興味を持って「やってみたい!」と感じて、トレーニングに参加すると思います。

 

システマのどんな部分に興味を持ったか?で、こんなことを習ってみたい!とかこんなことが出来るようになりたいと!か色々あると思います。

 

ただトレーニングは毎回違った事をすることが多く、とても地味な4大運動をひたすらやり続けたり(色々なバージョンで)、ストライクばかりの日だったりさまざまで、自分が習ってみたい事と全く違う!という事もあるかも知れません。

 

そこで、先ずは無料見学や無料体験をしてみてから、実際にトレーニングに参加するかどうかを判断したり良いと思います。

 

他の武術や武道との違い?

 

合気道や剣道などは(僕が習ったモノの中では)トレーニング前(稽古の前に)に「正面に礼」をするのですが、システマのトレーニング前には全くそういった儀式はありません。

 

なんとなく集合時間に集まり、ある程度集まったら集合してみんなでトレーニングする。といった感じです。グループによって違いますが、始めに初参加の方の自己紹介等がある場合もあれば、無い場合もあります。

初心者に丁寧に教えてくれる場合もありますし、無い場合もありますので、この辺りはあまり気にせずに。(笑)

 

一般的な日本の武道では決められた時間内は、みんなと同じ事を出来なくても休む事無くやらなくてはいけない雰囲気ですが、システマでは、自分のペースで休みたい時に休み、このトレーニングは無理!っと思ったら無理して行う事はありません。

 

(ただみんながやっているのに、自分だけしないというのはなかなか難しいのですが・・・全然大丈夫です。海外では、このトレーニングは今の自分には役立たないと思ったら、自分の課題のトレーニングを1人でする人もいるそうです。)

 

トレーニングが終了して行うサークルアップというのがあるのですが、みんなが輪になり今日のトレーニングで感じた事や発見した事あるいは質問等をシェアします。

 

このシェアするというのは、他の武術ではほぼ無いです!

 

偉い先生が来た時に質問!って事はありますが、毎回トレーニング後にみんなでシェアするというのはシステマだけですね。これは非常に役立ちます。1人1人みんなが同じトレーニングをしても、さまざまな体験をしており、その感覚を共有出来るので。

 

そして最後はバックロールして終了です!

 

楽しむ事

 

システマのトレーニングで日本の他の武術や武道との最大の違いは、システマのトレーニング中に笑い声がある事です。

 

日本の武術は武士道ですから、真剣そのモノ。笑い声など聞きません。

 

武士道(ぶしどう)は、日本の近世以降の封建社会における武士階級の倫理・道徳規範及び価値基準の根本をなす、体系化された思想一般をさし、広義には日本独自の常識的な考え方をさす。これといった厳密な定義は存在せず、時代は同じでも人により解釈は大きく異なる。また武士におけるルールブック的位置ではない思想である。一口に武士道と言っても千差万別であり、全く異なる部分が見られる。(ウィキペディア(Wikipedia)より引用)

 

今まで習ってきた合気道や陳氏太極拳等稽古中は本当に真剣でした!休憩中の冗談等はありましたが、、、

 

システマでは自分の内面を深く探るようなワーク以外では、痛すぎて笑ったり、出来なさすぎて笑ったり、反応が面白くて笑ったりと、トレーニング中、笑い声がよく響きます。

 

僕自身なぜずっとシステマを続けているかというと、自分自身の身体操作の向上とメンタル面のコントロールを学ぶためなのですが、それ以上に楽しい!という事が継続してトレーニングを続けられている要因だと思います。

是非ともシステマのトレーニングを楽しんでください!

 

まとめ

 

今回の記事では実際にシステマのトレーニングに行ってみたい!入会したい!という方のために、システマのトレーニングに対して不安な部分を少しでも解消して欲しいと思い、注意点として書いてみました。

 

なかなか簡単にシステマのトレーニング等を説明し辛いので、先ずは体験または見学をオススメします!

 

礼儀作法や決められたルールなどはないので、どなたでも気軽に参加しやすいと思いますが、ストライク等の痛い事やハードなトレーニングのイメージがあるので、参加に躊躇されるかも知れませんが、強制参加のトレーニングは一切ありませんので、ご安心ください!

 

 

コメント