宇佐見りんの学歴|出身高校・大学はどこ?学生時代のエピソードを紹介!

ニュース
スポンサーリンク

第164回芥川賞は宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」に決まりました。宇佐見りんさんは2021年現在21歳で大学2年生で史上3番目に若い芥川賞受賞者となりました。

そんな宇佐見りんの出身高校や大学はどちらなのでしょうか?

そして、こんな才能を持つ娘を育てたお母さんはどんな方なのでしょうか?

現在わかっている事をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇佐見りんの学歴|出身高校・大学はどこ?

芥川賞に宇佐見りん氏の「推し、燃ゆ」: 日本経済新聞

(画像引用:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFG2027J0Q1A120C2000000)

宇佐見りんさんは静岡県生まれで、2019年に「かか」で文芸賞を受賞し作家デビュー。

2020年に三島由紀夫賞を最年少受賞しました。

そして2021年1月20日「推し、燃ゆ」で芥川賞を受賞。弱冠21歳での受賞で本当に素晴らしい才能です。

「かか」


【第164回 芥川賞受賞作】推し、燃ゆ

宇佐見りんさんの学歴ですが2021年1月20日時点、出身高校や現在通学中の大学については公表されていません。

現在わかっていることはこちらです。

・中高一貫校

・高校でも卒業論文があった

・中学・高校では演劇部に所属していたが途中で退部

・現在は大学2年生・文学部

・大学のサークルでは演劇と歌舞伎研究会に所属

・出身地は静岡県沼津市で神奈川に引っ越し(静岡の中高一貫校か神奈川の中高一貫校か不明)

スポンサーリンク

宇佐見りんの学生時代のエピソード

自分を託す生き方提示 『推し、燃ゆ』 作家・宇佐見りんさん(21):東京新聞 TOKYO Web

(画像引用:https://www.tokyo-np.co.jp/article/59375)

宇佐見りんさんの小学校・中学校・高校については現時点ではっきりわかっておりませんが、学生時代のエピソードについてはたくさんありました。

そちらについてご紹介いたします。

小学校から小説を書いていた?

宇佐見りんさんの出身小学校は現時点で不明です。

しかし静岡県生まれの神奈川県育ちとのことなので小学校は神奈川の小学校なのではないでしょうか?

現在21歳の宇佐見りんさんは10年以上前から小説を書かれていたそうで、驚きです。

宇佐見さんはまだ21歳だが、小説はもう10年以上書き続けている。

「小説に向き合っている時間は、ほかの雑多なものを全部忘れます。

今は大学の課題で忙しいので、すき間時間に書いています。

書く時間がないと辛いですね。

ストレスがたまるかもしれません」

引用:https://pdmagazine.jp/today-book/book-review-752/

10年以上前から小説を書いていると言われていますから11歳・小学校5年生頃ですよね。

本当に小説を書くのが好きなようですね。

きっかけは、小学校2年生の時に小説を書く授業があり、それをきっかけに短い物語をノートに書いていたそうです。

そして小学校時代から「自分への手紙」という題名で書き、自分で返事も書いていたそうで、素晴らしすぎます。

中学校時代は演劇部に所属

宇佐見りんさんは中高一貫校に進学されましたが、演劇部に所属し、友達と自分が作った物語をメールで送り合っていたそうです。

凄いですよね。

中学生の時は、自分に関係ない他者を主人公にゼロから架空の物語を書いていたそうです。

中学校時代はまだ小説家になろうとは思っていなかったそうです。

高校の卒論で50000文字書く

宇佐見りんさんは高校時代の現代文の先生の影響で、文章との向き合い方を学べたそうです。

その影響で梶井基次郎の『檸檬』や、夏目漱石の『こころ』をボロボロになるまで読み込んだりしていたそうです。

そして、中上健次さんの文章が一番好きになったそうです。

その中でも十九才の地図 (河出文庫)」を読んで本当に泣きまくったそうです。


十九才の地図 (河出文庫)」

それで高校での卒論は中上健次さんについて50000文字も書いたそうです。

宇佐見 面映ゆいですが、そうありたいと思います。

中高は一貫校で卒業論文を書かなければならなかったので、村上さんの作品で書こうと思って、作品やエッセイ、対談などをたくさん読みました。

そこに中上健次さんの名前が出てきたんです。

村田 高校で卒論があるのは珍しいですね。

宇佐見 一万二〇〇〇字以上という規定で、私は五万字書きました(笑)。

それがきっかけで中上作品を読んでみようと書店に行って、『十九歳の地図』と『岬』を買いました。

引用:https://www.bookbang.jp/review/article/594127

卒論は村上さんで書いたのでしょうね?!

高校時代に私生活で苦しい時があった

宇佐見り』さんは高校時代に私生活で自分では乗り越えがたい苦しい時期があったそうです。

そこで毎日日記を書き、それを客観的に見て、他者化して小説を書くようになったそうです。

中学時代は架空の人物だったのが高校時代に苦しいことを経験し、客観的に自分の事を見つめるなんて凄いですよね。

この事で真剣に小説を書こうと思い味めたそうです。

このような経験があるから素敵な小説がかけるのでしょうね。

この当時は万年筆を使って書いていたそうです。

高校時代から万年筆を使って文章を書くってかっこいいですね!


【カートインク1箱付き(5本入)】 PARKER パーカー 万年筆

高校卒業後一人旅で熊野へ

宇佐見りんさんの小説「かか」では主人公が熊野を訪れます。

 

「かか」

宇佐見りんさんは中上作品を読んでからずっと行きたかったので、高校を卒業してバイトで貯めたお金を使い果たして熊野へ一人旅に出かけます。

この事が「かか」を書くのに必要だったそうで、旅行から帰って1ヶ月半で「かか」を書き上げたそうです。

凄いですよね。

元々仏像やお寺が好きなので、奈良にも立ち寄ったそうです。

大学は慶應義塾大学?

宇佐見りんさんは2021年1月現在大学2年生ですが、色々調べて見ると慶應義塾大学の可能性がありそうです。

こちらのTweetをご覧下さい。

こちらに慶應と書いてありますよね。

宇佐見りんさんは大学で演劇サークルと歌舞伎研究会に所属していることは分かっています。

こちらの文章は宇佐見りんと遠野遥の対談なのですがこの中にこのような文章を発見しました。

 どちらもかなり小説の糧になりそうなサークルですね。

演劇は見る頻度こそかなり低いですが私も好きです。

2年前のちょうど今くらいの時期に慶應大学の演劇サークル創像工房 in front of.の「SLEEP WELL」と 慶應義塾演劇研究会の「誰の庭」という公演を続けて観て、方向性の異なる2作ですが、どちらも本当に素晴らしくて、大変刺激を受けました。

それで私も頑張らなくてはと思ってギアを上げたところがあるので、もしかするとあの2作を観ていなければ文藝賞も受賞していなかったかもしれません。

 おお、そこまで……。まだ一年生なのでその時は入っていなかったのですが、伝えておきますね。ありがとうございます。

引用:https://web.kawade.co.jp/bungei/3087/

これを読むと慶應義塾大学の可能性が高そうですよね。

それを考えると中・高校も慶應の可能性が高そうです。

スポンサーリンク

宇佐見りんのお母さんはどんな人?

(画像引用:https://www.bookbang.jp/review/article/594127)

宇佐見りんさんかわいいですよね。

このような才女を育てたお母さんってどのような方なのでしょうか?

そのヒントはやはり「かか」にあると思います。

「かか」の大まかなあらすじはこちらです。

19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。

かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになった。

鍵をかけたちいさなSNSの空間だけが、うーちゃんの心をなぐさめる。

脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位…自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。

彼女はある無謀な祈りを抱え、熊野へと旅立つ―。

未開の感性が生み出す、勢いと魅力溢れる語り。痛切な愛と自立を描き切った、20歳のデビュー小説。

第56回文藝賞受賞作。

引用:Amazon

宇佐見りんさんは高校時代、私生活で自分では乗り越えがたい苦しい時期があったと語られています。

そして、高校時代からずっと自分自身を客観的に見て小説を書くようにしていたと。

それらを考えると、宇佐見りんさんのご両親はもしかしたら離婚されている可能性もあります。

そしてお母さんの事は大好きなのだと思います。

宇佐見りんさんのお母さんについて現時点で分かっている事は、小学生の時にお母さんに「小説を書くことはあなたのライフワークになると思う」と言われた事だけです。

小学生の時に娘の才能を見抜くという事は何か教育関係の仕事をされている方ではないでしょうか?

(個人的な意見です。)

宇佐見りんさんは小さい頃にクラッシクバレーや水泳などもされていたそうなので教育熱心なお母さんだった可能性が高そうです。

こちらについては今後新たなことがわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

宇佐見りんのプロフィール

多士才々 作家 宇佐見りんさん 一つに溶け合う嫌悪と愛情|中部経済新聞 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

(画像引用:https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/01/28/OK0002001280d01_03/)

宇佐見りんさん笑顔が素敵ですね。

名前:宇佐見りん

生年月日:1999年生まれ

年齢:21歳(2021年1月現在)

出身地:静岡県沼津市

現在の住まい:神奈川県

学歴:慶應義塾大学・文学部2年生?

こちらの動画は宇佐見りんさんの芥川賞受賞の記者会見です。

(2時間4分20秒から)

第164回「芥川賞、直木賞」宇佐見りんさん、西條奈加さんが受賞会見(2021年1月20日)

声も素敵です。

スポンサーリンク

まとめ

宇佐見りんの学歴|高校・大学はどこ?お母さんはどんな人なの?について記事にしました。

これからの活躍が楽しみですね。

コメント