幾田りらの家族構成は6人!父はギターを弾いて作曲し母はお菓子作りの名人だった!

エンタメ
スポンサーリンク

音楽ユニット『YOASOBI』(よあそび)が、2020年のNHK紅白歌合戦の紅組の出場歌手として初出場しデビュー曲の「夜に駆ける」を歌うそうで、非常に楽しみです。

『YOASOBI』のボーカルikuraこと幾田りらさんは、2020年12月現在、年齢は20歳で現役の大学生。

そんな幾田りら(ikura)さんのご家族はどんな方なのでしょうか?

幾田りら(ikura)さんのご家族についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

幾田りらの家族構成は6人!

 

この投稿をInstagramで見る

 

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿

こちらの画像は幾田リラ(ikura)さんの20歳の誕生日に投稿したInstagram画像です。

まだ20歳でかわいいですよね。

こちらのインスタ画像の4枚目にお母さんの手作りケーキがありますが、プロが作ったようなケーキで、幾田リラ(ikura)さんのお母さんは料理が得意なのかも知れません。

幾田リラ(ikura)さんの家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん2人、そして幾田リラ(ikura)さんの6人家族です。

お父さん:シンガーソングライター?

お母さん:お菓子作りが得意?

お兄さん(長男):12歳年上でギターが上手(32歳)

お姉さん(長女):不明

お姉さん(次女):幾田さくら(24歳)桐朋学園音楽部門卒業トランペット専門?

幾田リラ(ikura)(三女):『YOASOBI』のボーカル

年齢は2020年12月現在

一番上のお姉さんについては全く情報がありませんでしたが、今後わかり次第追記したいと思います。

では幾田リラ(ikura)さんのお父さんからご紹介いたします。

ホワイトデーに母へ曲をプレゼントするお父さん

こちらのTwitterの画像は幾田リラ(ikura)さんとお姉さんが雪だるまで作ったお父さんだそうです。

幾田リラ(ikura)さんのお父さんはメガネを掛けていて、この雪だるまよりはもっとイケメンって当たり前ですよね。

お父さんはリビングでよくギターを弾いて、歌を歌っていたようで、それが現在の幾田リラ(ikura)さんを育てたのだと思います。

幾田リラ(ikura)さんがシンガーソングライターになりたいと思った切っ掛けは、小学校5年生の時に、お父さんがお母さんにホワイトデーで曲をプレゼントした事だそうです。

父がバレンタインのお返しで母に曲を作ってあげたいということで、歌詞を考えてほしいと母にお願いしたんです。

それで母が歌詞を書き、それを父が作曲しました。

そのやりとりを見て、自分で作る歌詞やメロディで作られた音楽は、すごく魅力的で温かいものだなと思ったので、その時初めてシンガーソングライターになりたいと思いました。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a008a37f70e5af20f7b2de1de6aa4b1c48afe752?page=2

お母さんが歌詞を書き、お父さんが作曲して、ギターを弾いて歌うって凄いですよね。

お父さんの職業については不明ですが、幾田リラ(ikura)さんは3歳までシカゴにいたそうなので、お父さんの仕事は海外とのやり取りをされるような仕事なのでしょうね。

幾田リラ(ikura)さんがシンガーソングライターになった時、お父さんは「幾田家から音楽家が出たぞ~」と凄く喜ばれていたそうなので、音楽関係の仕事では無さそうです。

手作りケーキが上手なお母さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿


こちらのInstagramの画像は幾田リラ(ikura)さんが20歳の誕生日の時に作った幾田リラ(ikura)さんのお母さん手作りのケーキです。

本当にプロが作るようなケーキですよね。

こちらの画像を見てください。

幾田リラ(ikura)さんのお母さんが「アルフォート」を使ってハロウィーンのお菓子を作ったそうです。

画像

(画像引用:Twitter)

メチャクチャ美味しそうです。

お母さんは本当にお菓子作りの名人ですね。

ちなみにアルフォートでブルボンのお菓子です。


ブルボン アルフォートミニチョコレート 12個入×10箱

アルフォート美味しいです。

お菓子だけでなく、深夜の1時過ぎに帰ってきた幾田リラ(ikura)さんに、たらこパスタまで作ってくれる優しいお母さんのようです。

お菓子作りや料理だけでなく、幾田リラ(ikura)さんのお母さんは、先ほどお父さんのところでも紹介しましたが、ホワイトデーのお父さんのプレゼントの曲の歌詞を書いています。

お母さんも音楽が大好きなようで、歌詞を書けるくらいですから、感性が豊かののでしょうね。

お母さんの感性の良さを幾田リラ(ikura)さんは授かったのでしょうね。

それが幾田リラ(ikura)さんの歌詞作りにも影響していそうです。

こちらの動画は「ぷらそにか」の動画ですが、「ぷらそにか」の2周年記念ライブで幾田リラ(ikura)さんのお母さんがライブ撮影を行ったそうです。

(7分48秒辺りからお母さんの話しが出ます。)

 

兄弟も含め「ぷらそにかメンバー」が名前を話せるほどには馴染んでいるそうです。

幾田リラ(ikura)さんのお母さんだけでなく、家族みんなで応援しているようです。

お兄さんもギターが上手い!

現在は削除されていますが、過去の幾田リラ(ikura)さんのTwitterにこのようなTweetが投稿されていました。

🌻 ひまわりの約束 – 秦基博🌻
久しぶりに実家に帰ってきたお兄ちゃんにギター弾いてもらいました。
お兄ちゃんは私と誕⽣⽇⼀緒で、12歳差なので⼲⽀も⼀緒です

幾田リラ(ikura)さんのお兄さんは12歳年上ですから、1988年生まれの辰年のようです。

お父さんもギターが上手いようですからお兄さんもギターの腕前は一般人でも凄いのでしょうね。

秦基博さんのひまわりの約束を弾くって素敵です。

本当に幾田リラ(ikura)さんの家族は音楽一家のようです。

幾田リラ(ikura)さんも秦基博さんのRainをギターで弾き語りしています。

こちらは『ぷらそにか』としてですが。

桐朋学園音楽部門出身のお姉さん

幾田リラ(ikura)さんには長女の姉と次女の姉の2人がいますが、長女の姉については全く情報がありませんでしたので次女の姉についてご紹介いたします。

RIKAKO'sROOM

(画像引用:https://ameblo.jp/riccaco/entry-10373214190.html)

こちらの写真の左側が、幾田リラ(ikura)さんのお姉さん(次女)です。

メチャクチャかわいいですよね。

幾田リラ(ikura)さんのお姉さん(次女)は後ほど幾田リラ(ikura)さんの経歴でご紹介いたしますが、『劇団Y.P.A東京』という青少年の劇団に所属しており、ニューヨーク公演にも参加したそうです。

名前:幾田さくら

生年月日:1996年?

年齢:24歳(2020年12月現在)

こちらのTweetはアメリカ時代の幾田リラ(ikura)さんのお姉さん(次女)のようです。


羊になりきろうとする幾田リラ(ikura)さんかわいいな~

幾田リラ(ikura)さんのお姉さん(次女)幾田さくらさんは、桐朋学園大学音楽部門を卒業したようです。

管楽アンサンブルの夕べ

<5月10日>
5. Tp.幾田さくら・森本直通 Hr.渡部太貴 Tb.松元 彩 Tu.山﨑勇太

金管五重奏
Tp.幾田さくら・森本直通 Hr.渡部太貴 Tb.松元 彩 Tu.山﨑勇太
カルヴェール:組曲「モンテルジャンの丘」

引用:https://www.tohomusic.ac.jp/concert/20180510.html

幾田リラ(ikura)さんのお姉さん(次女)幾田さくらさんは、トランペット担当だったようです。

桐朋学園大学音楽部門は木村拓哉さんの長女Cocomiさんと同じ大学です。

Cocomiの事務所(kokiと工藤静香)はパープル?Purple Inc.?

 

幾田リラ(ikura)さんの一番上のお姉さんがどのような方なのか現時点ではわかっておりませんが、ご両親やお兄ちゃん、お姉ちゃん(次女)そして幾田リラ(ikura)さんの家庭環境をみると、何らかの音楽関係に携わっていたのではないでしょうか?

では幾田リラ(ikura)さんのプロフィールと経歴についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

幾田りらのプロフィールと経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿

こちらのインスタ画像は幾田リラ(ikura)さんの幼少時の写真ですが、もうこの頃から歌を歌って楽しんでいますね。

本当に幾田リラ(ikura)さんの家庭環境は音楽のある家だったのでしょうね。

プロフィール

幾田リラ(ikura)さんは、アコースティックセッションユニット『ぷらそにか』のメンバーで『小説を音楽にする』ユニット『YOASOBI』のメンバーでもあります。

名前:幾田リラ(いくた りら)

活動名:ikura(いくら)

生年月日:2000年9月25日

年齢:20歳(2020年12月現在)

出身地:東京都

職業:シンガーソングライター

担当楽器:ボーカル・ギター・トランペット・キーボード

好きなキャラクター:カワウソのぬんちゃん

好きな動物:カワウソ

好きな偉人:モーツァルト

好きな小説:クジラの彼(有川浩)

好きなスポーツ:走る事・小1~高3までリレーの選手だった

50m走:7.3秒

事務所:After School

幾田リラ(ikura)さんはカワウソに似ていると言われるそうで、カワウソのぬんちゃんが大好きだそうです。


可愛い嘘のカワウソ [ Lommy ]

3歳までアメリカのシカゴに、おそらくお父さんの仕事の関係で住んでいました。

幼少時の幾田リラ(ikura)さんかわいすぎますよね。

アコースティックセッションユニット『ぷらそにか』とは?

こちらの動画はプラソニカで歌う幾田リラ(ikura)さんです。

“ぷらそにか”とは、それぞれが個々で活動しているシンガーソングライターによるアコースティック・セッションユニット。

2016年8月から活動を始め、毎週金曜日にカバー曲を中心とした動画をYouTubeの公式チャンネルで公開。

これまでにSNS世代のラブソング・アーティスト“Kamin”やドラマ『女子グルメバーガー部』や『あの子が生まれる・・・』の主題歌を担当している“eill”なども過去に参加。

現在は“YOASOBI”でボーカルを務めるikuraとして一躍注目を集めることとなったシンガーソングライターの幾田りらや、この夏にメジャーデビューを果たした男女混成の4人組ポップバンド“Hi Cheers!”のメンバーを含め、東京メンバー17名、名古屋メンバー8名、大阪メンバー6名の計31名が在籍している。

引用:https://music.fanplus.co.jp/liveReport/20200915889bfba8a

全然知りませんでした。

『小説を音楽にする』ユニット『YOASOBI』とは?

こちらが2020年のNHK紅白歌合戦で歌うYOASOBIの「夜に駆ける」です。

本当に素敵な曲ですよね。

しかし、『小説を音楽にする』ユニット『YOASOBI』がわかりません。

YOASOBIは、「monogatary.com」で2019年7月?9月にかけて実施されていたコンテスト「モノコン2019」内の「ソニーミュージック賞」で大賞に輝いた物語を楽曲化するために結成された新生音楽ユニット。

第1弾楽曲「夜に駆ける」は、11月16日(土)に公開するや否や瞬く間に注目を集め、公開2週間で50万再生を突破。

公開1か月足らずでYouTube、ニコニコ動画併せて動画投稿サイトにて100万回再生を突破。

その後も勢いは衰えることなく伸び続けている。

引用:https://www.barks.jp/news/?id=1000176013

実は『YOASOBI』も全く知りませんでした。

経歴・学歴

音楽一家で育った幾田リラ(ikura)さんは出身小学校・中学校は不明ですが、高校は明星学園高校だと言われています。

・2007年(小学校1年生):ピアノを始める

・2009年~12年(小学校3年生から6年生):『劇団Y.P.A東京』という青少年のミュージカル劇団に所属

・2012年(小学校6年生):ギターを始める(独学)

・2012年(小学校6年生):初めて作詞作曲

・2015年(中学3年生):本格的に歌手活動

・2015年(中学3年生):東京ガールズオーディションのアーティスト部門に参加し3次審査まで進出。Sony Music主催『SINGIN’JAPAN』でファイナリストに選出されます。

・2016年(高校1年生):Sony Musicが主催する新人アーティスト養成講座「the LESSON」へ四期生として参加。

・2016年(高校1年生):1stデモ・アルバム『15の想い』をリリースします。

・2017年(高校2年生):アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入。

・2019年(大学1年生):ボカロPのAyaseと共に「小説を音楽にする」ユニット「YOASOBI」を結成。

 

中学時代

中学生の時から井の頭公園で路上ライブを行っていたそうです。
こちらの画像はその時の様子です。

(画像引用:https://yumeijinhensachi.com/archives/633591)

ちなみに中学生の時はテニス部に所属していたそうです。

明星学園高校時代

こちらはの動画は明星学園高校時代の学園祭ですかね?

ご両親もしっかりと見に来ていたようですね。

明星学園高校時代はあの『音楽チャンプ』にも出演していますが、残念ながら1回戦で敗退します。

2018年2月4日放送の時の成績はこちらです。

164.219点
(正確性審査(ロボ)92.219点+表現力審査(プロ)72点)
幾田りら(高2)
「4人兄弟・末っ子の夢を一家でサポート
 東京の24時間音楽漬け女子高生」

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/ongakuchamp/backnumber/0007/

この時は圧倒的に琴音さんが凄すぎました。

大学はどこの大学?

幾田リラ(ikura)さんは2018年の10月に大学合格が決まっています。

という事はおそらく推薦入学です。

明星学園高校の推薦枠は「立教大学」「法政大学」「学習院大学」「成蹊大学」「明治学院大学」「成城大学」「日本大学」だそうです。

そして、幾田リラ(ikura)さんが入学式を行ったのは、2019年4月19日で場所は日本武道館だったとの事で、日本武道館で入学式を行った大学は「日本大学」と「法政大学」です。
2020年12月現在幾田リラ(ikura)さんの通っている大学がどこなのか?

正確にはわかっておりませんが、現在のところ「日本大学」と「法政大学」が最有力のようです。

こちらについては詳細がわかり次第追記したいと思います。

しかし、幾田リラ(ikura)さんは小さい時からずっと音楽のある生活をされていますよね。

それも音楽一家に育ったからですね。

スポンサーリンク

まとめ

幾田りらの家族構成は6人!父はギターを弾いて作曲し母はお菓子作りの名人だった!について記事にしました。

今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント