吉田祐也(箱根駅伝2020青学4区)就職先はなぜブルボン?競技引退は本当?

スポーツ情報
スポンサーリンク

こんにちは。第96回東京箱根間往復大学駅伝競走往路で、湘南の4区で、青学大がトップに再浮上しましたが、首位の東京国際大と1分21秒差の2位でスタートした青学大の吉田祐也(4年)が13・7キロでトップに立つと、終盤、さらに加速し1時間30秒(記録はいずれも速報値)の区間新記録をマーク。今回、2区で区間新記録を打ち立てた東洋大の相沢晃(4年)が前回にマークした1時間54秒の区間新記録を24秒も更新して素晴らしい走りを見せたのですが、卒業後はブルボンに就職し、競技を止める?!との事でそれは本当なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

吉田祐也(箱根駅伝2020青学4区)

吉田 祐也(よしだ・ゆうや) 教育人間科学部・4年

生年月日:1997年4月23日
身長・体重:164センチ、47キロ
出身地:埼玉・東松山市
出身高:東農大三
過去の箱根駅伝成績:不出場
抱負:区間賞と総合優勝
1万メートル自己ベスト記録:28分42秒58

今回初の箱根で最高の走りを見せてくれた苦労人です!

本当に引退するのでしょうか?今回の走りで気が変わらないのかな?周りの人達が許さないと思うのですが、、、

就職先はブルボンで競技引退は本当?

 

原監督の応援が素晴らしいですよね!

実は青学とブルボンは密接な関係が!ブルボンってお菓子だけじゃなかったんです。

ブルボンはスポーツ選手向けの新ブランド「ウィングラム」を立ち上げ、飲料とゼリーの通信販売を始めた。青山学院大学陸上競技部や筑波大学と連携、マラソンなど持久力を必要とする選手の栄養補給を助ける商品を開発した。

 

【公式】ブルボン WINGRAM(ウィングラム)「原監督コメント」

吉田祐也選手はこの関係でブルボンに就職が決まったのだと思います。しかし陸上部はありませんね。もし今回の走りで「これからも走りたい!」っと思ったら実業団の陸上部に属さずに走るのではないでしょうか?

ただもう引退!っと自分自身の中で決めていたのでしょうからおそらく引退は本当なのだと思います。

 

追記1月5日

今日の日本テレビ系の生番組「シューイチ」に出演した際このような発言が・・・

吉田は「ホントに、4年目にしてこの箱根駅伝で全てを出し切ろうと思っていたので、タイムリミットがあったからここまで全力を出し切れたというのもあるので」と現役続行を否定したが原監督は「就職内定もらってるんですけど、走らせてもらえるようにね私の方から(就職先の)社長さんにお願いしようかね」と、吉田の現役続行に出馬する構えを見せていた。

もしかしたら現役続行もあるかもしれません。ブルボンに陸上部を作るとか・・・

まとめ

吉田祐也(箱根駅伝2020青学4区)就職先はなぜブルボン?競技引退は本当?について記事にしました。今後の吉田祐也選手の動向が気になります。

 

コメント