吉本どうなる?松本人志VS加藤浩次分裂はあるのか?他の吉本芸人の声まとめ

吉本興業
‰ª–{º•F@‚悵‚à‚ƃNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒG[ƒWƒFƒ“ƒV[‘ã•Žæ’÷–ðŽÐ’· ‘åú± —m@‹g–{‹»‹ÆŠ”Ž®‰ïŽÐŽÐ’· ‚悵‚à‚ƃCƒIƒ“ƒ‚[ƒ‹–‹’£Œ€êƒI[ƒvƒjƒ“ƒOƒZƒŒƒ‚ƒj[
スポンサーリンク

こんにちは。宮迫&亮の会見から吉本興業岡本社長の会見後、揺れに揺れてる吉本。今後どうなるのでしょうか?加藤浩次大崎会長と会談し、結局退社は保留になりましたが、松本人志明石家さんままで巻き込み、今になって多くの他の吉本芸人が色々な事を叫んでいます!

本当に吉本興業はこれからどうなるのでしょうか?

今現在の状況を調べてみました。

 

スポンサーリンク

闇営業から宮迫&亮の単独会見そして松本社長の会見までの流れ

「松本社長の会見」の画像検索結果

5/30 宮迫氏にフライデー直撃、会社に第一報

6/3 フライデーから質問状を受領。タレント一斉ヒアリング
・ギャラはお車代として入江氏が受領、40~50万くらいとの記憶
・宮迫氏、亮氏は記憶なし、HG、福島はパーティの記憶はあったがギャラはなかったと説明

6/4 入江氏、契約解消

6/7 22時頃 宮迫氏ツイート

6/8 16時頃 亮氏ツイート

亮氏がツイート後、宮迫氏に電話、宮迫氏がギャラを貰っていた旨を連絡
・宮迫氏、亮氏、HG、福島4名で会社を訪問、再度のヒアリング
参加者全員が入江氏からギャラを受領していた旨述べるが、金額に明確な記憶はない
突如重大な新事情が判明したため、事実が不明確な状況のもと、各自の判断でSNS、マスメディア等で勝手な情報発信をしないよう要請
⇒以降、金銭の流れ、金額確定に向けて弁護土を同席させてヒアリング実施。事実が明らかになり、虚偽報告の詳細が固まれば重い処分とならざるを得ないことを説明

6/10 HG、福島と面談。

6/14 フライデー第2弾記事発売

6/15 宮迫氏、亮氏、HG、福島 再ヒアリング
・やはり宮迫氏らに受領金額の記憶はなく事実は確定せず

6/18~19 各タレント一斉ヒアリング
・事実整理をもう一度行うが、宮迫氏らに事実経緯、受領金額の明確な記憶はない
・入江氏はこの日もギャラは40~50万だったと説明
亮氏は、ギャラ受領の事実を早く言いたいと述べたが、会社としては、金額も明確でないため調査を待って欲しい旨を伝える

6/21 宮迫氏と面談。他のタレントに先行して謹慎処分の方針を説明

6/24 各タレント集合。
・謹慎処分の通告(藤原・顧問弁護士・小林にて面談
・各自、リリース内容への異議、亮氏は会社を辞めて一人で会見したいと主張する等の状況、これを受けて岡本社長がタレントと面談
・入江氏に再度ヒアリング、金額は220~230万円くらいだったと述べるが、タレント受額は整合せず

6/24~6/30 担当マネージャーと宮迫氏が2回程度電話

宮迫氏「会見どうおもう?」、担当マネージャー「会見はタイミングが大事。今は達うのではないか、今さら、という評価になってしまうのではないか」、宮迫氏「そやな~」と納得した様子。

6/27 決意表明リリース
スリムクラプ・2700の反社会的勢カとの接触が判明。同日中に無期限謹憶処分をリリース。

7/6
宮迫氏、亮氏が来社。岡本、藤原にて面談
記者会見をしたい、その際、宮迫氏が引退を発表すると述べる
⇒引退を慰留。会見は行うが、時期や方法は会社に任せてほしい

7/7 宮迫氏と藤原が面談。
早期会見を要望。寄付・納税等を行ったうえ会見すべき、と述べる。

7/8 宮迫氏・亮氏、藤原・小林・顧問弁護士にて面談
宮迫氏が自身の引退について述べ、早期の会見実施を再要望
・その後、入江氏、HG、福島も含めてタレントのみで打合せ
・結果、宮迫氏は引退しない、来週中を目途に会社が謝罪会見を実施する方針となる

7/10
亮氏から、QA整理の段階で宮迫氏・亮氏が委任した弁護士を参加させたいとの要望
その後、先方弁護士から早期の会見打ち合わせ要望を受ける、以降、弁護士を窓口として連絡することになる

7/11 先方弁護士、宮迫氏、亮氏、当社顧問弁護土、小林にて面談

・会見が遅い、やらせてくれない、寄付もまだ、との不満が述べられる。
・会社はタレント復帰に向けて最善策を考え、寄付、納税の在り方など多角的に検討してきたと説明
・顧問弁護士より、損害も生じているがファミリーだから請求しない、タレント復帰に向けて現場は奔走している旨を話す
宮迫氏・亮氏側の弁護士から会見の生中継の要望あり。生中継する場合、当社の株主には放送局もおり、公平を期して時間帯などに配慮が必要となる、と説明
・会見のテーマを明確にするため、官迫氏・亮氏側弁護士が持ち帰って検討し、会見テーマの書面提案を受けることに

7/12

・先方弁護士から会見テーマ書面受領
・当該書面には、19日までの会見実施の可否を16日までに回答せよ、19日までの会見ができなければ自身らで会見する可能性がある、との内容
・会社からの寄付完了(スマイル基金、消費者機構日本)、修正申告も完了

7/16
・会社が宮迫氏・亮氏への回答を準備していたところにFRIDAY質問状が届く
・これを先方弁護士に送付、再度の電話打ち合わせ。
・会社の考えは、会見を認めないということはないが、その時期・方法は会社に任せてもらいたい、少なくとも19日までの会見はできない、とのもの。その際、二人の引退意向を確認、よしもと仕切りでの引退会見を合意

7/17
・先方弁護士より、宮迫氏は引退するが亮氏は引退のつもりがない、との説明
・話が違うので再度本人の意思確認を求めたところ、数時間後、先方弁護士より「二人とも引退意向はない」、吉本仕切りでの「謝罪」会見を要望、との書面受領

7/18
・二転三転しこのまま会見できる状態にない、新たな記事も予定されている状況のため、どうしても会見したいならばもともと希望していたはずの引退か契約解消かを選んでからにしてください、と連絡
・宮迫氏、亮氏が来社、顧問弁護士・小林で面談
・弁護士解任と混乱に関する謝罪あり。二人は引退を選択する意向
・宮迫氏は引退を了解したが、亮氏の引退は避けて欲しいとの要望を述べる
20時目途に再集合し、リハーサルすることとして解散
19時30分頃、会見リハーサルのため宮迫氏に連絡したところ「会社には行きません。引退は撤回し、契約解消を希望する」旨を言われる
・宮迫氏らの要望を受け入れ、宮迫氏は引退、亮氏は無期限活動停止とする旨を相方を通じて連絡するも、連絡なし
・その後、一切連絡取れず

7/19
・引き続き連絡なし、予約していた会見会場をキャンセル
宮迫氏へ契約解消通知

7月20日

宮迫×ロンブー亮会見1 全責任は僕にあります(19/07/20)

そして松本人志動きます!

7月21日

ワイドナショー 2019年07月21日 190721【緊急生放送で宮迫博之と田村亮の契約解消問題を松本人志が語る】

この番組で20日大崎会長とじっくりと話し合い、松本社長の会見を実現させました。

7月22日

加藤浩次スッキリ番組内で吉本興業引退宣言!?

加藤浩次がこのままでは退社すると宣言!

若手芸人とか、僕もペーペーです。皆怖がってる。今の吉本の状況。大崎洋さんと岡本社長、皆怖がってる。こんなとこで楽しい笑いできんのかな。今の体制で。何か意見いったら潰されるんじゃないか。

現場のマネージャーなんかもそう。吉本興業ってのは優秀な人間も多くて、(大崎岡本体制に納得ができず)辞めてった人も多い。でもずっと続いてきた。皆が怖がってる状況が。

俺これからもそれが続くと思ったら。僕は辞めます。今の岡本社長、大崎洋会長の体制が続くなら僕は吉本興業を辞める。

なぜなら皆ここまでずっと我慢してがんばってやってきてて、こんな浮かばれないことがこの会社でおこっている。で実際にそれは取締で決まってる。大崎さんは何も知らないっていうかもしれないけど絶対知っている。僕の意見として言いたい。僕は辞める!取締役が変わらないならやめる!

昨日松本さんが、大崎洋さんが辞めるなら僕も辞めるって言った。大先輩に対して口をきくのはおこがましいかもしれないが、松本さんにとってはずっとやってきた同士だと思う。松本さんの気持ちは分かる。

でも松本さん、本当に僕は後輩ながら言わせていただきますけど、会社のトップなんです。皆辛い思いしてて会社のトップが責任取れない会社って機能してんのかな。松本さんのやさしさから、今まで世話になってきた、東京に出てきて、いったら吉本興業がここまで大きくなったのはダウンタウンさんのおかげです。さんまさんも勿論いたりもします。

そういったがんばりがあって一緒にやってきたって気持ちは分かります。松本さんは本当にやさしい。山本圭一が問題を起こした時も本当に尽力してくれた。松本さんに意見するのは辛くて、しんどいんですけど、松本さんのマネージャーではなく、会社のトップで社員も家族もいる。

若手芸人の家族、生活がある。そしたら今吉本興業は取締役、経営が変わらないと駄目。それが変わらないなら退社します。

ここまで言い切りましたが7月24日の時点では大崎会長との面談は平行線でまだ考え中とのこと。

そして岡本社長の会見です!

【ノーカット版】吉本興業・岡本昭彦社長が会見 宮迫博之&田村亮に謝罪し処分撤回を明言

ココで今までの流れが全て変わり、宮迫&亮達のいわゆる闇芸人達が悪だったのが、吉本興業=悪に変わってしまいました!

吉本興業は分裂するのか?

松本人志VS加藤浩次

そして今日の加藤浩次の「平行線」の話しで、松本人志の勝ち!(勝ち負けではありませんが。。。)

島田紳助語る!

「島田紳助」の画像検索結果

松本とは全然やり取りしてない。そんな言わんでもわかってくれてるやろし。あいつはやっぱり素晴らしいヤツやから。あいつは男気あるからね。ほんまは大先輩がいるんやけど、現状としてさんまと松本が大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ

「『大崎辞めるんだったら俺も辞める』っていう松本の話と、このままでは他の奴が辞めるっていうのとはまた全然別問題やからね。大崎さんが辞めたら吉本辞める、いうのは松本は当然やと思うよね。うん。もう兄貴みたいなもんやから。『僕があんのは大崎さんのおかげや』っていうのはあいつの思いやから。そういう思いは正しいし、みんなそんな思いでやってんのと違う?

大崎クビにしたら会社潰れんで。ほんまに。イメージはどうだか知らんけど実質問題、大崎という人間はカリスマ的な人間だったし、今吉本の中で唯一カリスマがある人間やし、クリエイティブな能力があって出世した男やし。タレントの気持ちもよくわかるし。だから松本の“兄貴”っていう言葉がぴったりだと思うよ。何で兄貴って言うんだと言ったら本当に兄貴みたいな存在なんですよ。だから今吉本の大崎が辞めたら、松本も辞めるって言うけども、大崎辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで。真面目な話、大崎が辞めたらみんな辞めますわ。

このようにもし吉本が分裂する可能性があるならば、大崎会長が辞めた場合だと思います!

岡本社長の首は切っても問題は起きないと思われます!

もしかしたら、この色々な問題を解決するための方法として、岡本社長を辞めさせるのではないか?と考えています。(最終手段として)

他の吉本芸人の声

追記

ついに大御所が発言しました!オール巨人さん。流石です!

さてもう昔の事のようにも思えますが…
まず事の発端は反社の闇営業に知らずに行ったこと、
ギャラを受けとっていたのに、
皆さんもご存知の通り、受領してないって言ったことが、
問題を大きくしてしまったんですが、
之に関しては、このブログで、嘘はいかん!と少しだけ書いてます、
闇営業と直営業とは別ですが、確かに反社と分からないときも
有りますね~僕は普通の吉本の仕事でも、前のお客さんが『チップや』
って言われても、絶対受け取らないようにしています、
その受領問題だったのが、今、論点が吉本の体制批判に移っていて、
それを、宮迫君と亮君と同じ時代を生きた芸人さん達のツイートはともかく、
若手が批判に近いツイ-トするのは…良いとは思いませんね、
君らは今、難しい現状ですが、お笑いの事だけを考えて居て欲しいです…
それが僕の希望です!
他所に行くのもよしでしょ、
問題発覚直ぐに、今回の問題の相談では無かったんですが
岡本社長と僕等と話す機会が有った時、宮迫君と亮君は
一寸まだ難しいかも知れませんが、他の若手は、
ちゃんとしたって下さい、と御願いしたり、
東京で動いてくれてるさんまさんに、メールで僕になんか
出来ること有ったら手伝うしって連絡をしたら、
『有り難う、その時は連絡するわ』って返信が来ました!
僕等は殆どが大阪にいまして、
東京には月に1回も行きませんので、
頻繁に本社に行くってなかなか出来ませんが、
同期のさんまさんは、若手からすると大先輩ですが
若手とも太く繋がってますので、力に成ってやって欲しいです!
その外、僕発信で、きよし師匠にも、サブロー君にも
何かしてやることは無いかなあって連絡して、
きよし師匠は、会社のトップに、若手の事を何とかしたってくれ、
等の話しもして下さってます!
宮迫君と亮君の会見を見ていて、本当に辛くて
胸が痛みました、二人の気持が分かるって言うと、
お前なんかに分かるかえ!
って言われそうですが、会見までの数週間
メチャメチャ辛くて不安で心身共にぼろぼろ
だったでしょう…
実は昔の事ですが、ある問題で、
僕等も吉本を辞めるって言った事が有りまして、
その時は、不安と辛さの毎日でした、
社長の会見は…ん~ん時間の無駄でしたね、
1時間で出来たかな、
岡本社長は喋りが下手で、
少しパニック状態だったかも、
大きな会社の社長がそんな事でどうするって
言われても仕方ないかな、
僕等が社長と話しするとき、
『盗聴器付いて無いでしょうね』
とか、冗談で言ったりしますが…
あの会見は…残念でした、
昔の事ですが、サブロー・シロー君が吉本に後ろ脚で砂を掛ける形で
辞めた事が有りまして、数年後戻ってくるんですが、
その時に、紳助が中心になって僕等、さんま、ぼんち兄さん達の
嘆願で戻って来るし事になるんですが、同じ時代を過ごした
戦友達が救ったと言うことです、(その時は先輩はノータッチでした・笑)
あ、紳ちゃんとも電話で喋りました!
今回も同じ時代を一緒に戦った
戦友達が先頭に成って救うと言うのが形としては良いと思います、
その兄貴分が松本君でしょう、松本君の発言力って僕等の何倍も
有りますから、勿論僕等がほっておくって事では絶対無いです、
サポートすることは精一杯協力をしますよ、
ただ今、しゃしゃり出るのはおかしいでしょ、
ワイドナショーを見ていて、
後輩のことをしっかり心底
考えてやる先輩、松本君を見ていて
言葉は、適切では無いかも知れませんが、
頼もしく、嬉しく成りました!
実は、近々吉本ベテラン組と吉本の上層部が
コンプライアンスの件で話をします、
その時に今回の話も出ますので、ベテラン組でしっかり、若手のことも今後のことも話し会おうと思っています。

まとめ

吉本どうなる?松本人志VS加藤浩次分裂はあるのか?他の吉本芸人の声まとめについて記事にしましたが、まだまだ色々と問題が吹き出そうですね!

 

コメント