青木理の評判・発言がヤバ過ぎる!経歴とプロフ・出演番組!世間の反応は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。最近韓国との様々な問題が話題となっていますが、先日の旅行中の日本人女性が、ソウルで韓国人の男に襲われる事件が発生に対し青木理氏の発言が話題になっています。もともと青木氏の発言は今までも物議を醸してきましたが、今回は酷いですね!そこで色々調べてみました。

スポンサーリンク

青木理(あおき おさむ)

「青木理」の画像検索結果

名前:青木理(あおきおさむ)

生年月日:1966年10月26日

年齢:52歳

出身地:長野県

職業:ジャーナリスト、ノンフィクション作家

出身中学:不明

出身高校:長野県立野沢北高校

学歴:慶應義塾大学文学部

長野県小諸市に生まれる。長野県野沢北高等学校、慶應義塾大学文学部を経て共同通信社に入社 。大阪社会部、成田支局を経て東京社会部で警視庁の警備と公安などを担当し、オウム真理教事件、阪神大震災、種々の公安事件や経済事件を取材。

1997年から1998年まで韓国の延世大学校韓国語学堂に留学し、外信部勤務を経て2002年から2006年までソウル特派員を務める。社会部在籍中の1999年『日本の公安警察』を講談社現代新書から著しす。

2006年6月に共同通信社を退社して8月から日本版『オーマイニュース』の創刊に参加し、副編集長に就任した

死刑存廃問題を取材した「死刑執行 絞首台の現実」を『月刊現代』で連載したものを2009年『絞首刑』として出版し、第32回講談社ノンフィクション賞の候補作に挙がる。死刑賛成、反対のどちらか一方の立場ではなく被害者、加害者、執行刑務官などを取材してありのままを伝える目的で著した。

2011年4月からテレビ朝日『モーニングバード』のコメンテーターとしてレギュラー出演 している。

筋萎縮性側索硬化症を患った徳田虎雄を取材して2011年4月から『週刊ポスト』で8回連載し、単行本『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』が、再び講談社ノンフィクション賞の候補作となる

2012年4月から1年間、『ニュース探究ラジオ Dig』で木曜担当のラジオパーソナリティを務めた。

第19回新聞労連ジャーナリズム大賞、第9回疋田桂一郎賞選考委員

主張

夫婦別姓

選択的夫婦別姓制度に賛同する。「選択的夫婦別姓を認めないことは、多様な考えや価値観を否定するようなもので成熟した民主主義国家の姿とは言えない」と述べる

朝日慰安婦誤報

元朝日新聞記者の植村隆による、従軍慰安婦に関連する報道への批判について、「メディアに誤報はつきものだ」などとした上で、「朝日新聞は日本を代表する新聞であることに異論はなく、それゆえ世論からの批判は仕方がないにしても、問題はやりかただ。『売国奴』や『反日』などという批判をすべきではない」「ヘイトスピーチが堂々と街頭に出ている現状を考えると、歴史は大きな転換点にきている。今回の問題は朝日だけのものではない、歴史的事件であり、すごく危機感を持っている」と疑問視している

象徴天皇

象徴天皇・皇室制度について「あるべきではない」という立場を取っている。2016年9月、2017年1月放送の朝まで生テレビ(テレ朝系)において「象徴天皇はあるべきではないと思っている」と発言している。

日本会議

保守系団体、日本会議に対し、自身の著書やテレビで厳しく批判している。

安倍政権

安倍政権に対し、安全保障や特定秘密保護法、対韓国・北朝鮮の外交姿勢、原発政策、憲法観などで、一貫して厳しい批判の姿勢を貫いている。

暴力団排除条例

2012年1月24日、作家の宮崎学らが暴力団排除条例の廃止を求める記者会見を都内の参議院議員会館で催し、司会を務めた青木は「暴排条例には“暴力団と個人的に交際するな”と書いてあります。個人的な交際をお上が規制するというのはおかしくないのか、という憤慨を抱いております」と挨拶した。

頭が良いのかも知れませんが、どうなんでしょう?

出演番組

  • 羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日、2015年9月 – )- 火曜日コメンテーター
  • サンデーモーニング(TBSテレビ)
  • Mr.サンデー(フジテレビ)
  • キャスト(朝日放送、2017年10月 – )- 金曜日コメンテーター

日本人女性暴行事件今日のヤバイ発言!

「女の子がナンパを無視して暴行されたなんてニュースは普通だったら報道しない」

「5年間ソウルにいたが… この程度の事件なら普通報道しない 」

「韓国人気質とか言いますが気質とかそういうのではなく日本人も韓国人も同じ」

「同じ事が日本で起っても周りの人は助けに来なかっただろう、朝6時で人通りも数無い時間だし、日本人だって無関心」

「韓国が治安が悪いことは一切ない。本来ならニュースにならないニュース。

「チョッパリ」は今の時期でなくても使う差別用語」

玉川「ようは韓国自体がそういうものなんでしょ?」

青木氏が「いや、治安はいいんですよ。女性だけで歩いても大丈夫です」

過去の問題発言

1月29日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、韓国軍による火器管制レーダー照射問題が特集されたが、番組内のジャーナリスト・青木理氏の発言がネット上で大炎上を招いている。

番組では、なぜ韓国軍が自衛隊機を近づけないようにしたかについて検証が行われたが、コメンテーターの玉川徹氏が「僕は瀬取り(洋上において船から船へ船荷を積み替えること)とまでは言わないけど、何らかのことを北朝鮮との間で軍がやっていたんじゃないか」と発言。すると、青木氏が「瀬取りとかの可能性はほぼないと思んです。そんなことを韓国軍、韓国政府当局がやっていれば国際的な非難はものすごいことになる。北朝鮮に対して制裁してるわけですから、そんなことはあり得ない」ときっぱりとこれを否定した。

しかし、青木氏の発言はただの思い込みで、何も根拠も示していないことから、ネット上では青木氏を批判する声が広がった。

「青木氏は過去に韓国の延世大学校韓国語学堂に留学していたことや、共同通信社のソウル特派員を務めていたこともあり、以前から韓国よりの発言をすることで有名です。レーダー照射問題に関しても、終始、日本政府のやり方に苦言を呈していましたね。しかし、その発言のほとんどが、単なる日本政府批判や根拠の曖昧な思い込みと思われる発言も多く、以前からネット民の目の敵となっていました」(政治ジャーナリスト)

今回炎上を招いた背景には、国連安全保障理事会の専門家によって、韓国政府が昨年、北朝鮮に343トン規模の石油製品を北朝鮮に送っていたことが判明したことがある。

「国連の決議案では、加盟国は北朝鮮に供給される石油製品を30日毎に制裁委員会に報告しなければなりません。すべての国連加盟国が年間50万バレル(7万3087トン)までの石油製品を北朝鮮に送ることができるように定めているのですが、韓国政府は一切の報告をしていなかったことが判明したのです。レーダー照射時に瀬取りが行われていたかは不明ですが、青木氏の『そんなこと(瀬取り)あり得ない』という発言がウソだったことが証明されてしまったのです」(同・ジャーナリスト)

ネット上では《韓国を擁護するのはいいけど、さすがにこれはないな》《いつもの青木じゃんw》《ジャーナリストと名乗る以上、きちんとした説明をしてほしい》《オレは瀬取りはしない。多分しないと思う。しないんじゃないかな。ま、ちょと覚悟はしておけ》など散々な言われようだ。

青木氏はかつて、レギュラー出演しているTBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』で、「自分に対する悪口が散々書かれているので、ネットは見ないようにしている」と発言したことがあるが、まずは自分がどう見られているか客観視した方がいいのではないだろうか。

世間の反応は?

まとめ

青木理の評判・発言がヤバ過ぎる!経歴とプロフ・出演番組!世間の反応は?について記事にしました。まだまだ騒動は続きそうですね。。。

コメント