【画像】藤井聡太の家族構成|両親と兄弟のプロフィールまとめ!

スポンサーリンク

若き天才棋士の藤井聡太さん。

最年少二冠を達成し、その勢いはとどまるところを知りませんが、そんな藤井聡太さんの家族構成や両親と兄弟のプロフィールをまとめてみました。

どのような育て方をするとこんな天才が育つのでしょうかね?

スポンサーリンク

【画像】藤井聡太の家族構成

 

藤井聡太の家族構成 4人家族

藤井正史(父)

藤井裕子(母)

藤井皓介(兄)

藤井聡太

藤井聡太さんの実家は二世帯住宅だそうで、同じ世帯に両親と4歳年上の兄、もう一つの世帯の方には祖父母と、伯母が住んでいるそうです。

つまり藤井聡太さんの家族構成は4人ですが、もう一つの世帯の方には祖父母と、伯母が住んでいます。

藤井聡太さんのプロフィールと経歴

名前: 藤井聡太(ふじい そうた)
生年月日: 2002年7月19日(17歳)
プロ入り年月日 :2016年10月1日(14歳)
棋士番号: 307
出身地 :愛知県瀬戸市                               師匠: 杉本昌隆八段
2009年3月 雪の聖母幼稚園卒 
2015年3月 瀬戸市立效範小学校卒 
2018年3月 名古屋大学教育学部附属中学校卒 
2021年3月卒業予定 名古屋大学教育学部附属高等学校在学中
5歳のとき隣に住む祖父母(母方の祖母がルールを教え、祖父が実際に対戦していたそうですが、直ぐに聡太さんに負けるようになり将棋教室に通わせるようになったそうです。)から将棋を教わり将棋の虜に!

2012年 小学4年で奨励会入会

2012年に奨励会に入会し、最年少の会員だった小学4年当時の藤井聡太さん(同年12月)

2016年9月 14歳2カ月で史上最年少のプロ棋士に

2016年12月 プロデビュー戦は現役最年長(加藤一二三・九段)と対戦

2017年6月 歴代最多タイの公式戦28連勝

2017年6月 公式戦29連勝の新記録達成

2018年2月 中学生で初めて六段に

2018年3月 師匠(杉本昌隆七段)と初対戦で勝利

2020年7月16日 最年少タイトルを獲得

2020年8月20日 木村一基王位を破り、4連勝で王位を獲得。これにより史上最年少(18歳1か月)の        タイトル二冠と八段への昇段

このように本当に輝かしい経歴です!

これからもドンドン新しい伝説を作ってくれそうですね。

 

スポンサーリンク

【画像】藤井聡太の両親と兄弟のプロフィールまとめ!

藤井聡太二冠一夜明け会見(8月21日)

藤井聡太のお父さんのプロフィール

藤井聡太の父親の大学は?職業はlixil・住宅関係?母親・兄は? | 気に ...

名前:藤井正史(ふじい まさふみ?まさし?)

職業:住宅総合メーカーの会社員(株式会社LIXILでは無いかと噂されていますが実際には分かっておりません。)

年齢:51歳前後

どちらの大学か分かっておりませんが国立大学卒業されたとのことです。金沢大学や東大、慶応はどの噂がありますが、はっきり分かっておりません。

藤井聡太さんのお父さんは将棋は初心者レベルとのことで趣味はジャズ!

現在はどうなのかわかっておりませんが、お父さんの正史さんは2016年から単身赴任中で東京に勤めていました。そのお陰で、藤井聡太さんが東京で対戦がある時はお父さんのマンションに泊まって試合に臨むことが出来ていました。

将棋界のルールとして格下の棋士が格上の棋士のホームに出向いて試合を行う!という事が通例でした。

格上と格下の判断基準は「タイトル」「順位戦」などで決まります。

・現在タイトルを保持している者

・現在、順位戦のA級に所属している者

・タイトルの「永世称号」を保持している者

藤井聡太さんは今まではタイトルも保持していませんでしたから東京などへ出向くことが多く、そういった意味ではお父さんが東京へ単身赴任してくれて助かっていました。

当たり前ですが家族みんなで支え合っていたようです!

藤井聡太のお母さんのプロフィール

藤井四段記録更新】母が語る14歳の素顔 「好き」究め集中力育む ...

名前:藤井 裕子(ふじい ゆうこ)

職業:専業主婦

年齢:49歳前後?

お母さんも何処かは分かりませんが国立大学出身とのこと。音大ではとの噂もありますが、こちらもはっきり分かっておりません。

バイオリンが趣味だそうで、アマチュアのオーケストラにも参加することもあるとの事でお父さんはジャズ、お母さんはバイオリンと音楽によって聡太さんは育てられたのかも知れませんね。

今でもお母さんは藤井聡太さんが愛知県から大阪の関西将棋連盟に通う日には朝の4時に起きて朝食などの準備をしているそうで、本当に家族みんなで支えていますね。

しかしお母さん曰く、家族は藤井聡太さんに対して特別なサポートをしているわけではなく、特にアドバイスもしていないとの事で、そういった影ながらの支え方が1番良いのかも知れませんね。

藤井聡太のお兄さんのプロフィール

親ありて:将棋四段・藤井聡太さんの母 裕子さん/上 没頭している時は ...

名前:藤井 皓介 (ふじい こうすけ)

生年月日:1998年? (21歳か22歳)聡太とと4歳違い

ネット上では兄の藤井皓介さんが東大へは行ったとの噂がありますがどうやらデマのようです。

そして藤井聡太の兄は名古屋市立向陽高等学校に通っていたのではないかと言われていますが、弟と同じく名古屋大学教育学部附属高校に通っていたのでは?との情報もありはっきり分かっておりません。

性格は兄弟で真反対のようで、お兄ちゃんは大らかな性格で、藤井聡太さんは逆に、時間に拘り細かい事や数字が好きなタイプのようです。

お兄ちゃんはあまり将棋には興味が無かったようです!

スポンサーリンク

藤井聡太の両親の教育方法とは?

 

密着!藤井聡太の育て方 杉本昌隆七段 180312

こちらはご両親の教育方法では無く、師匠の杉本七段の将棋での育て方の動画ですがご両親の教育方法にも似た部分があります。

 モンテッソーリ教育?

★ 好きな事は徹底的にやらせてあげる!

5歳で将棋教室に通い始めた藤井聡太さんは毎日のように詰め将棋を解いていたのですが、「考えすぎて頭が割れそう!」という聡太さんにお母さんは詰め将棋の解答ををもっぱらノートに書いてあげていたそうです。

幼稚園児が考えすぎて頭が割れそう~ってどんな子供?!って思いますよね。(笑)

そして漢字が読めない聡太さんに将棋本をずっと読んであげていたそうです。

なかなかそこまで付き合いきれないですよね!お母さん凄いです~♪

★ とにかく見守る!

お母さんはどんな時でも聡太さんを叱らず、大泣きした時も叱るでも無く、たしなめるでも無く、静かに見守っていたそうです。

これは愛情が無ければ出来ないですよね!そしてもう一つ、両親の教育方法に幼稚園時代の影響があったようです。

藤井聡太さんは【雪の聖母幼稚園】へ通われたのですが、こちらの幼稚園ではモンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園だったのです。

モンテッソーリ教育とは、

イタリア初の女性医師で、教育家でもあったマリア・モンテッソーリ(1870-1952)が提唱した教育法で、

「子供には自分を育てる力が備わっている。」という「自己教育力」が、前提となっているそうです。

そして、「自立し、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことを目的としているそうです。

「教具」と呼ばれる様々な木製玩具が特徴的で、視覚・聴覚・触覚など様々な感覚を刺激し、「ものを考える方法」や「ものを観察する能力」を身につけるそうで、ご両親はこの教育方法を徹底的に聡太さんに行っていたのでは無いでしょうか?

ものを考える方法やものを観察する能力は将棋には一番大事な要素だと思います。

そして【「やりたい」尊重、大人は援助に徹する】という事が大事だそうでまさにお母さんのやってきたことですよね!

お母さん曰く、

「いつも本人のためにどうしたら良いのかは考えますが、なるべく本人に押し付けるようなことにはならないようにしたいと考えています。私のイメージではなく本人が思うことを尊重して応援したいと思っています」

素晴らしいです!

天才藤井聡太を育てた教育法とは?

お父さんからの知育玩具

藤井聡太棋士 3歳の時のキュボロの作品を検証

聡太さんが幼少気にお父さんから与えられたオモチャが【キュボロ】でした。

【キュボロ】はスイスの木製玩具で創造力や空間認識力がつくことと頭を使うので脳の刺激になるそうです。

キュボロ (cuboro) キュボロ スタンダード [並行輸入品]

これも聡太さんにとっては本当に素晴らしいオモチャだったようで、このお陰で想像力が豊かになって今の聡太さんがあるのではないでしょうか!

両親の教育方法は天才を育てる方法だった?

お母さんは小さい頃の聡太さんをこのように語られています。

遊びや普段の生活を通して小さい頃から培った集中力

聡太さんは、小さい頃から外遊びが大好きな活発な少年だったそうで、

「家の庭に生えているクロガネモチの木によく登っていました。友達と鬼ごっこをするのも好きで、足が速いのが自慢でした」との事。

その一方で、幼稚園のときにはすでに九九を習得。

小さい頃から世界各国の首都名をあてるクイズ、4つの数字に四則演算を組み合わせて「10」を作るゲーム「メイクテン」などに熱中していた。

「問題を解いたり、何かを覚えたりすることが単純に好き、という感じです」そして「好きなことには本当に夢中になる。他のことに注意がいかなくなるぐらい」と裕子さん。

小学生の頃は学校にランドセルを忘れたこともあった。学校の授業も、その場で理解し覚えていった。

愛知県内有数の進学校である名古屋大学教育学部付属中学を受験する際は、塾に通わず競争率8倍の難関を突破した。

聡太さんは元々の素質と両親の育て方、そしてモンテッソーリ教育のおかげで今の聡太さんがありそうですね!

その素質とはやはりアスペルガー的要素があるようですね!

藤井聡太の祖母・清水育子さんも小さい頃の事をこのように言われています。

「最初は、聡太が幼稚園のときに『スタディ将棋』を買ってやらせてみたんです。

そしたら、ほかの子たちと明らかにものが違ったから、ふつうの将棋に切り替えて子ども将棋教室に通わせたの。

好きなことにのめりこむタイプみたいで、電車のプラレールなんかは家の中を部屋から部屋でつないでものすごく長い線路を作っていました。

私に線路の切り替え係をさせるものだから、大変でしたよ(笑)」

ご両親や祖父母そしてみんなのおかげで天才が伸び伸びと育っていったのでしょうね!

悔しがる力 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/1/23

スポンサーリンク

藤井聡太の両親は大学進学についてどのように考えているの?

大学進学についてご両親はどのように考えられているのか?

実は高校進学の時も初めは高校進学をせずに、将棋を極めたい!という気持ちが強かったのですが、最終的には高校へ進学しました。

この時はお母さんの猛反対を受け仕方なく高校へ進学したそうです。

そして今回高校卒業するにあたって、やはりお母さんは大学に行ってもらいたいようでした。

しかし今回タイトルを取ってお母さんはこのように言われたようです。

「改めて藤井君がその意向(大学進学はしない)をお母さんに伝えたところ、“仕方ない”と折れたとか。

対局に忙しくて、学校での成績も優秀とは言えず、学力のことも母の諦めの理由のひとつかもしれません」

このようにお母さんも今回タイトルを取ったことで収入的にも何とかなりそうな目途も付き、大学へ行くメリットは無いかも?っと思ったのかも知れません。

聡太さんは卒業後、東京へ上京して将棋を極めたいようで、

「上京して東京で暮らしたいそうです。実家にいる今は、東京に行くにも新幹線などを乗り継ぐため、時間がかかってもったいない。

さらに、今は永瀬拓矢二冠と月に2回、両国の将棋・囲碁センターで研究会を行っています。

その回数も増やすことができると言うのです」

お母さんも聡太さんの性格を熟知していますから諦めたのかも知れませんね。。。

ちなみに昨年の藤井聡太さんの獲得賞金は2108万円だったそうで、今年はそれ以上になるのは間違いないでしょうから、大学に行く必要は無いのではないでしょうか?

しかしこんな意見も!

「私が東大学長なら、すぐに合格させます」

脳科学者の茂木健一郎氏(57)は、高3で受験生でもある藤井棋聖の「脳力」を高く評価している。「米国なら、ハーバードでもスタンフォードでもどこでもAO入試で入れます」とも付け加えた。

藤井の頭脳の大きな特徴として、「詰め将棋の作者であること」を真っ先に挙げた。解くだけではない。作るために考える。これが脳を鍛えるのに役立つ。

このようにご両親だけで無く他の多くの方も藤井聡太さんの大学進学については興味ありありのようですね!

まだ大学進学の可能性もあるようです!

スポンサーリンク

まとめ

【画像】藤井聡太の家族構成|両親と兄弟のプロフィールまとめ!について記事にしました。

これからの活躍が楽しみですね!

コメント