クレベルコイケが強い3つの理由!ボンサイ柔術とはどんな柔術?

エンタメ
スポンサーリンク

2021年6月13日に行われたRIZIN.28でクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手が朝倉未来選手を三角締めで失神させ一本勝ち。

圧倒的な強さでした。

そんなクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の強さの秘密をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレベルコイケが強い3つの理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手かっこいいですね。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の総合格闘技での戦績は2021年6月14日現在、28勝5敗でKO負けが一度もないのが驚きです。

先ずは2021年6月13日に行われたRIZIN.28での朝倉未来選手との試合をご覧下さい。

9分37秒辺りからご覧下さい。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の三角締めはヤバイですよね!

こちらの動画はクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の試合後のインタビューです。

朝倉未来選手の事をリスペクトしていましたね。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手本当に素晴らしい選手です。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の強さの秘密ですが、テクニック的な事で言うと、下からの攻めです。

こちらの動画では詳しくクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の強さの秘密を分析しています。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の強さの秘密を簡単にまとめますとこちらになります。

・構えとリズムが独特でわかりづらい打撃(タイミングが読みにくい)

・手足が長い打撃

・引き倒すテイクダウンが上手い

・ボンサイ柔術

テクニックとしてはこのような部分がクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の強さの秘密だと思いますが、個人的にはこちらの3つの理由がクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の強さの秘訣だと考えています。

・ハングリー精神

・家族(妻と子供)の存在

・仲間の存在(ホベルト・サトシ・ソウザ:マルコス・ヨシオ・ソウザ

ハングリー精神

(画像引用:https://gonkaku.jp/articles/7249?page=3)

こちらの画像は左からサトシ、マルキーニョス、クレベル、エヴェルトンさんで、昔ブラジルの仲間達と共同生活をしていた時の写真です。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は14歳の時に出稼ぎでブラジルから両親と共に日本に来日しました。(2003年)

静岡県磐田市の工場で鉄の加工の仕事をしていたそうです。

2008年の秋リーマンショックで派遣切りにあい、両親はブラジルに帰りますが、クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は丁度2008年にMMA(総合格闘技)でデビューした時だったから、辛くても日本に残ったそうです。

工場の仕事が無い時は養鶏場やゴミ回収のアルバイトもしたそうです。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は自分の柔術がMMA(総合格闘技)でどれほど通じるのか?試してみたかったそうです。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手はその当時のことをこのように語っています。

 もともと柔術は日本がルーツだ。

それを僕は、日本で出稼ぎにきて、このボンサイ柔術で習ってプロファイターになった。

あのときブラジルに帰っていれば……それはいまに至るまでの道のりより簡単なルートだけど“ニゲミチ”だった。

そしていまの僕は無かった。

ここにはボンサイ柔術と、サカモトさんのように、僕ら“ニッケイ”を繋ぐ日本人がいたし、日本の“セイト”たちがいたからね」(クレベル)

引用:https://gonkaku.jp/articles/7249?page=3

このようにクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は、このようにハングリー精神が旺盛だったというのは間違いないと思います。

しかし武井荘さんはハングリー精神についてこのように言われています。

武井壮さんが言われるにはハングリー精神よりも負けず嫌いで努力するかしないか?だけだと言われています。

そう考えるとクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は辛い仕事もずっとしてきていて、その分フィジカルとメンタルが強く、努力家だと言えますね。

妻と子供の存在

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

こちらのインスタ画像はクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手と娘さんと奥さんです。

娘さんは2016年に小学校1年生になったようなので、2021年現在小学校6年生ですかね。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の奥さん本当に綺麗な方ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

格闘家にも色々なタイプがいると思いますが、妻や子供がいる方といない方を比べると、妻と子供がいる方が責任感が変わってきます。

そうすると妻や子供のために頑張る気持ちが強まります。

ただ夫婦関係が良好でなければ、そうではないと思いますが。

ブラジル人の特徴として、日本人よりも家族や友人を大切にするようです。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手も奥さんや子供さんがいることで、それがエネルギーの源になっているのではないでしょうか?!

こちらの動画ではクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手のお母さんが登場します。

15分10秒辺りからご覧下さい。

クレベル・コイケ選手のお母さん、シウヴァーナ・コイケさんも綺麗な方です。

妻や子供だけでなく、両親そしてお兄さんの存在も強さのエネルギーになっていたようです。

仲間の存在

RIZIN】マルコス・ヨシオ・ソウザ、RIZIN初勝利へ「死ぬまで諦めない」 - ゴング格闘技
(画像引用:https://gonkaku.jp/articles/3194)

こちらの画像は左からクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手、サトシ、マルキーニョス、そしてソウザ兄弟の末弟で紫帯のムリーロ・タケシさんです。

皆さん兄弟のように仲が良いですね。

後ほど詳しく紹介いたしますが、ボンサイ柔術の創始者アジウソン・ソウザの次男がマルコス・ヨシオ・ソウザで三男がホベルト・サトシ・ソウザです。

こちらの動画はクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手とマルコス・ヨシオ・ソウザとホベルト・サトシ・ソウザのドキュメンタリーです。

3人とも本当に仲が良いですよね。

ボンサイ柔術の創始者のアジウソン・ソウザの息子達と一緒に日本で苦労してきた中ですから兄弟と言っても良いですよね。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手はこの2人からボンサイ柔術を習い、常に切磋琢磨してきましたから強くなりますよね。

朝倉未来戦を終えた後のインタビューでも練習が試合と同じと言っていた意味が良くわかります。

このように、クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手が強い3つの理由はこのような理由からだと思われます。

スポンサーリンク

クレベルコイケの所属するボンサイ柔術とは

(画像引用:http://www.bullterrier.co.jp/bonsai/agencia.html)

ボンサイ柔術とは1993年にアジウソン・ソウザがブラジル・サンパウロにて立ち上げたアカデミーです。

(画像引用:http://www.bullterrier.co.jp/shizuoka/whatbonsai.html)

こちらがボンサイ柔術の創始者アジウソン・ソウザさんです。

アジウソン・ソウザさんについてはこちらの動画で詳しく語られています。

アジウソン・ソウザさんは、ヒクソン・グレイシーの父エリオ・グレイシーも認めた柔術家だったそうです。

アジウソン・ソウザさんは自分たちより貧しい人たちに無償で柔術を教えるなど地域に貢献し、周囲から敬意を得ていたそうで、息子たち(マルコス・ヨシオ・ソウザとホベルト・サトシ・ソウザ)は出稼ぎとして来日し、資金を蓄えることでボンサイ柔術を世界に広めようとしていたそうです。

「ボンサイ柔術」の名前の由来は、盆栽(ボンサイ)は手入れが大変だが、手をかければ美しく、強くなることから名付けられたそうです。

こちらの動画はクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手が小さな子供さんにボンサイ柔術を教えています。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は本当に身体が柔らかいです。

こちらの動画ではブラジリアン柔術についての解説をわかりやすく説明されています。

グレイシー柔術の武道的な側面を簡略化し競技として発展させたモノがブラジリアン柔術で、その中に「ボンサイ柔術」が含まれるようです。

三角締めがヤバイ

ボンサイ柔術の中でも2021年6月13日に行われたクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の三角締めはヤバかったですね。

こちらは三角締めのメカニズムを解説されています。

わかりやすいです。

こちらの動画は朝倉未来選手にかけた三角締めについて解説されています。

そしてこちらはクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手と摩嶋選手の試合での三角締めについて解説されています。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手の上手さが良くわかります。

こちらがその試合です。

9分15秒辺りからご覧下さい。

本当に一瞬の隙を突いていますね。

グラップリング練習が凄い

こちらの動画はクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手のトレーニングの様子ですが、RIZINに出場するからには柔術だけでなく、打撃などのトレーニングも必要です。

こちらの動画を見るとグラップリング以外の練習も凄いです。

グラップリングの練習は2分8秒辺りからご覧下さい。

この技が「ボンサイ柔術」をドンドン進化させていくのでしょうね。

スポンサーリンク

クレベルコイケのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は笑顔も素敵です。

奥さんも綺麗です。

クレベル・コイケ(Kleber Koike )選手は14歳の時に日本に来日しますが、当初はヤンチャだったそうです。

これまでもケンカで道場を辞めさせられそうになったそうですが、全てクレベル・コイケ(Kleber Koike )選手が怒りを露わにするときは、自分の事ではなく周辺の人達に何かトラブルがあった時だそうで根は本当に優しい選手のようです。

名前:クレベル・コイケ・エルブスト(Kleber Koike Erbst)
生年月日:1989年10月16日
年齢:31歳(2021年6月現在)
出身地:ブラジルサンパウロ
通称:柔術界の鬼神
身長:178㎝
体重:66㎏
階級:フェザー級
現住地:静岡県浜松市

スポンサーリンク

まとめ

クレベルコイケが強い3つの理由!ボンサイ柔術とはどんな柔術?について記事にしました。

クレベルコイケ選手のこれからが楽しみですね。

スポンサーリンク
エンタメスポーツ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント