DJ社長の経歴徹底まとめ!出身大学や高校も紹介!英語の実力は本物なの?

YouTuber
スポンサーリンク

Repezen Foxx(レペゼン フォックス)のメンバーの1人であり、アーティストとYouTuube活動をしているDJ社長(木元 駿之介)。

自身のTwitterのフォロワーは150万人を超えており、YouTubeの登録者数は1000万人を目標にしているインフルエンサーです。

2022年9月2日にはチャンネル登録者数300万人を突破。

その瞬間が生配信されており、Twitterでトレンド入りするなど反響を呼びました。

そんな人気の高いDJ社長(木元 駿之介)ですが、彼はいったい何者なのでしょうか?

DJ社長(木元 駿之介)の動画を見ると英語の動画もありました。

DJ社長(木元 駿之介)の英語の実力は本物なのでしょうか?

今回はDJ社長(木元 駿之介)の学歴(出身高校や大学)や経歴、彼の身に起きたことから活動内容まで徹底的に紹介していきたいと思います!

レペゼンフォックスのメンバーについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

レペゼンフォックス(レペゼン地球)メンバー徹底まとめ!昔の炎上理由は?

スポンサーリンク

DJ社長(木元駿之介)は何者なの?経歴・学歴まとめ

DJ社長(木元 駿之介)の年齢は2022年9月現在30歳です。

Repezen Foxxを結成したリーダーであり、インドネシアやタイなど世界各地を飛び回っている大忙しのDJです。

そんなDJ社長(木元 駿之介)のプロフィールをまとめてみました。

DJ社長(木元駿之介)のプロフィール

DJ社長(木元 駿之介)のプロフィールはこちら。

 

名前:木元 駿之介(きもと しゅんのすけ)

活動名:DJ社長

出身地:福岡県

生年月日:1992年8月29日

年齢:30歳(2022年9月現在)

身長:173㎝

体重:67㎏

血液型:AB型

職業:DJ,YouTuber,企業社長,オーナー,イベンター

所属グループ:Repezen Foxx(レぺゼンフォックス)

DJ社長(木元 駿之介)はYouTubeで人気があるイメージですよね。
動画の再生回数は100万回を超えるものも多く、広告収入で稼いでるのでは?と思う人も多くいると思います。
だけどYouTubeには広告収入を一切つけていません。
理由は、あくまで本業がDJであり音楽だけで食べていきたいからです。
見た目はとてもチャラそうなのですが、とても意思の固い根性のある性格なようです。

DJ社長(木元駿之介)の出身高校や大学は

DJやYouTuberだけでなく、色々な職業に属しているDJ社長(木元 駿之介)。

社長ということもあり、プロデュース力は人一倍優れていると思います。

DJ社長(木元 駿之介)の推定される平均年収は1352万5684円と、とてつもない金額です。

YouTubeに広告収入をつけていないにもかかわらずものすごい稼ぎですよね。

そこでDJ社長(木元 駿之介)の学歴はどういったものなのか気になる人も多いと思います。

次にDJ社長(木元 駿之介)の出身小学校から大学までをご紹介いたします。

出身小学校

DJ社長(木元 駿之介)の出身小学校は福岡市立警固小学校です。

警固小学校のホームページ

また、DJ社長の応援ページもありました。

警固小学校のDJ社長(木元 駿之介)応援ページ

※このページは福岡市立警固中学校の卒業生がDJ社長(木元 駿之介)を応援するページであり、関係者以外の書き込みは禁止です。

DJ社長(木元 駿之介)は警固小学校を2005年3月に卒業しました。

出身中学校

DJ社長(木元 駿之介)の出身中学校は福岡市立警固中学校です。

警固中学校のホームページ

こちらも、DJ社長の応援ページがありました。

警固中学校のDJ社長(木元 駿之介)応援ページ

※さっきと同様に関係者以外の書き込み禁止です。

DJ社長(木元 駿之介)は警固中学校を2012年3月に卒業しました。

出身高校

DJ社長(木元 駿之介)の出身高校は福岡西陵高校です。

西稜高校のホームページ

DJ社長(木元 駿之介)は3年生のときに1年留年しています。

留年してもDJ社長(木元 駿之介)は

俺が気を使うのではなく、みんなが気を使うべきだ。

という気持ちで学校に通っていたそうです。

しかも、約1000人通う高校で1人だけ年上。

普通は気まずい思いをする人が多いのではないでしょうか。

みんなと違っていても気にしないのがDJ社長(木元 駿之介)の強みですね。

DJ社長(木元 駿之介)は西陵高校を2012年3月に卒業しました。

出身大学

DJ社長(木元 駿之介)の出身大学は東京にある駒澤大学の経営学部です。

駒澤大学のホームページ

駒澤大学経営学部のホームページ

DJ社長(木元 駿之介)は2012年4月に駒澤大学に入学するも、2018年2月中退しています。

DJ社長(木元 駿之介)は大学生の頃からイベント団体の結成やバーの運営、レぺゼン地球の活動などで大忙し。

そのため、大学は中退したようです。

イベント会社「株式会社PARIST」を設立:2013年(21歳)

DJ社長(木元 駿之介)は21歳の若さで株式会社PARISTを設立し、社長になりました。

会社を設立する前は、上京後に会社を経営する人たちのパーティーなどに参加し、会社設立にあたって情報を集めていたそうです。

DJ社長(木元 駿之介)は、若者主催の「学イベ」と呼ばれるDJフェスを知ったことがきっかけで会社を設立することを決意します。

自分と同じくらいの若者が集まり、企画・運営を自分たちで行っていることに感動して、「俺はこの道で一番になる」と思ったようです。

DJ社長(木元 駿之介)はイベントを開催するために会社を建てようとしましたが、資本金が500万円必要であるということを知りました。

資本金を集めるために、DJ社長(木元 駿之介)は毎週300人規模のパーティを開催することを決心。

しかし、50人ほどしか集まらないという結果になり結果は赤字になってしまいます。

その後何度もパーティを開催するも、集客数と会場の規模が合わずまたまた大赤字を食らってしまいました。

しかし、試行錯誤した結果、最終的にはZeep東京で3500人を動員するイベントを成功させて、日本一のイベンターと呼ばれるまでに上り詰めます。

その後、DJ社長(木元 駿之介)は2013年に株式会社PARISTを設立。

株式会社PARISTは現在経営を終了しています。

大学生のときに多額の借金を抱えてまで会社を設立し、5年も経営していたなんてとても凄いことですよね。

レペゼン地球を結成:2015年(22歳)

ソース画像を表示

出典:Twitter

DJ社長(木元 駿之介)は2015年8月25日にレぺゼン地球を結成しました。

メンバーは、DJ社長DJふぉいDJBANBAN

初めはこの3人でレペゼン地球を始動しました。

しかし2015年10月にDJBANBANは脱退。

そのあとDJ銀太が加入し、2016年に新メンバーと共にレペゼン地球でYouTubeを開始しました。

動画の内容と楽曲が過激で誹謗中傷を受けるも、それに心を掴まれる人も多く、レペゼン地球の人気は上昇し続けました。

それに伴い、ライブの集客数はどんどん増えていきます。

2018年のライブツアーのファナルがZeppダイバーシティ東京で開催されたのですが、そのチケットはなんと2分で完売したようです。

Zeppダイバーシティー東京のキャパシティは約2000人なのですが、その規模のチケットを2分で売り切るのは人気があった証拠ですね。

そんなレペゼン地球の楽曲は全部で80曲で、Repezen FoxxのYouTubeチャンネルで全曲聴けるようになっています。

借金・詐欺被害とは

DJ社長(木元 駿之介)はレペゼン地球結成前、BARやイベント業などで失敗し6000万円程借金がありました。

そこで、知人の紹介で出会ったH氏から100万円の資本金で株式会社Life Groupを設立してもらいます。

しかし、H氏にお金を騙し取られてしまい、なんと1000万円以上奪われてしまいます。

従業員の給料、バーやイベントのためのお金など、会社を回すためのお金全てをH氏にもっていかれてしまいました。

このままではお金がない…。

そこで、DJ社長(木元 駿之介) は10000人入る国際センターでイベントを実施してお金を稼ごうとします。

しかし、来場人数は4000人。

10000人のキャパシティの会場を借りたのに、これでは大赤字です。

借金はさらに増え続けていきます。

数千万の借金を抱え、「人生終わった」と1週間近くDJ社長(木元 駿之介)は悩んでしまいます。

しかし、このような多額の借金を返すには「有名になるしかない」と考えたDJ社長(木元 駿之介)。

趣味であったDJで有名になって稼ごうと決意しました。

そうして結成されたのがレペゼン地球ということになります。

何があってもくすぐに行動できるのがDJ社長(木元 駿之介)のすごいところですよね。

レペゼン地球解散:2020年(28歳)

レペゼン地球は2020年12月26日に解散しました。

地元の福岡PayPayドームで解散ライブが行おうとして、その開催費をクラウドファンディングで集めます。

集めた結果、目標金額にしていた2億円を突破。

チケットも完売し、レペゼン地球の最後のライブは成功に終わりました。

しかし、レペゼン地球の解散発表が急であったためファンの間では嘆く声が多かったようです。

一方で、レペゼン地球は炎上が多かったために「レペゼン地球の解散は嘘だろ」という声も多くありました。

解散についての疑いが多かったですが、結局レペゼン地球は本当に福岡PayPayドームでのライブの後、解散をしてしまいます。

解散した理由

レペゼン地球は2020年12月26日に解散しました。

解散の理由はこちらです。

・H氏の退職金が4800万円

・レペゼン地球の楽曲の権利を全て渡す

・未来永劫的にカラオケの印税がH氏にいくようにする

・H氏が担当した経理に不備があっても訴えてはならない

・レペゼン地球の商標権がDJ社長のものではない

 

つまり、H氏に会社を乗っ取られたということになります。

この結果、レペゼン地球という名前でCDを出すこともライブに出ることもできなくなるという状態になってしまいました。

そのため、レペゼン地球は急な解散をしなければならない状態になり、ドームライブを行ったということです。

レペゼン地球の解散の裏側はその当時ファンには告げられていませんでしたが、壮絶な物語が繰り広げられていました。

DJ社長とH氏の関係

レペゼン地球を解散へと追い込んだH氏。

H氏とDJ社長の関係はこちらです。

『LifeGroup株式会社』経理権利関係担当していた

『LifeGroup株式会社』筆頭位株主

ここから、DJ社長(木元 駿之介)はH氏に会社のあらゆる権利を握られていたということが分かります。

DJ社長(木元 駿之介)が多額の借金を背負う中「何かあったら協力するよ」と言ってくれたH氏。

しかし、H氏に数千万ものお金を騙し取られてしまいました。

2人は結局、騙し騙されの関係だったということですね。

Repezen Foxxに改名:2021年(28歳)

2021年6月2日、DJ社長(木元 駿之介)はRepezen Foxxを結成します。

また、同じ日にYouTubeに1st Single「GOSHI GOSI」がアップされTwitterのトレンド入を果たしました。

そんなRepezen Foxxのメンバーは、DJ社長DJふぉいDJ銀太DJまるDJ脇 です。

レペゼン地球はドームを目標に活動していましたが、Repezen Foxxはなんと世界一を目指して活動するということを発表。

そのため、まずはインドネシア進出を狙い活動しますが、失敗に終わってしまいます。

海外進出を諦めた理由としては、2022年3月に公開された、fuji(フジ)とRaffi(ラフィ)とのコラボ動画の再生回数が伸びなかったからだそう。

fujiはインスタグラムのフォロワーは1000万人近くおり、RaffiのYouTubeチャンネルは登録者2300万人以上という、とんでもない数字です。

しかし、この2人とのコラボ動画の合計再生数は100万回未満という大打撃。

そのため、DJ社長(木元 駿之介)はインドネシア進出を諦めると共に、海外進出を諦めました。

その後、Repezen Foxxは日本人向けのコンテンツにシフトチェンジ。

2022年9月現在のRepezen Foxxのチャンネル登録者数は313万人であり、動画の視聴回数は100万回を超えるものも多いです。

今後の日本での活躍が楽しみですね。

DJ社長が整形:2021年(28歳)

DJ社長(木元 駿之介)は2021年3月16日に韓国で整形しました。

理由は「ジャスティンビーバーを超えて世界一になる」ためです。

DJ社長(木元 駿之介)は有名になるには顔も変えなければならないと考えたのですね。

整形箇所は以下の通りです。

 ・目頭切開
・目尻切開
・埋没法
・頬骨縮小
・オトガイ形成
・エラ削り
・Vライン
・ハンプ削り
・小鼻縮小
・鼻先整形
・鼻骨幅寄せ
・3mプロテーゼ

費用は総額240万円程で、韓国で整形するとこんなに安いんですね。

しかも、整形後のDJ社長(木元 駿之介)の顔はとても整形したように見えないほどナチュラルな仕上がりになっています。

DJ社長(木元 駿之介)は整形の感想として、「痛すぎ…」とコメント。

かっこよくなった、別人レベルですごいという感想が寄せられる中、「親からもらった大事な顔を手術するなんて」という批判の声もあったそうです。

それに対してのDJ社長(木元 駿之介)は「親からもらった1度きりの人生を、幸せに過ごさなければ、親に失礼だと思う」と答えました。

また、「整形手術をしてから、整形手術は顔を整えるものという認識に変わり、歯を矯正するのと変わりない」と語りました。

親からもらった人生を大切に生きるために整形をするという持論は確かに納得がいきますよね。

こちらがDJ社長の整形前と整形後の違いがわかる動画です。

ブレイキングダウン5.5で10人ニキと対戦:2022年8月

速報】10ニキvsDJ社長 朝倉未来ブレイキングダウン5.5(Breaking Down) 試合結果と試合映像の無料視聴方法は? | MMAの大ファン

ブレイキングダウンとは、「1分間最強を決める。」がキャッチコピーのYouTube上の格闘技です。

ブレイキングダウンの総再生回数は1億回で、とても人気のある企画になっています。

DJ社長(木元 駿之介)は2022年8月11日にブレイキングダウン5.5の6試合目に出場しました。

対戦相手は10人ニキで、結果はDJ社長(木元 駿之介)が4RKOで勝利。

第4Rまではどちらもいい勝負で、結局10人ニキの体力が持たなかかったため、決着がつきました。

試合終わりにDJ社長(木元 駿之介)は「1ラウンドの勝負であったらやばかった」と言っています。

さて、この2人は負けたときにペナルティを用意してありました。

10人ニキの負けた時のペナルティは「DJ社長に負けました」というタトゥーを腕に入れるというものです。

しかし、10人ニキはDJ社長(木元 駿之介)の「○しっこ」を飲むことを約束し、タトゥーを入れることを回避しました。

ですが、後にRepezen Foxxのチャンネルに10人ニキが登場し、タトゥーでも〇しっこではなく、髪に青いエクステを付けることで許してもらうということになりました。

DJ社長(木元 駿之介)の心の広さが伺えますね。

この2人の戦いは朝倉未来チャンネルで観ることができます。

令和の虎に出演:2022年8月

後編】「思い描く未来の姿は…世界一!」あのDJ社長が志願者で登場!【『Tiger Funding』×『成功者虎の壁』コラボ】 - YouTube

DJ社長(木元 駿之介)は、虎(社長)たちに「稼ぐお金は負けているが、唯一勝てるのはSNSのフォロワー数」だと主張し、近年SNSの利用率が高まる中、そのアピール内容で虎たちを惹きつけました。

また、DJ社長(木元 駿之介)は知識量がすごく、突っ込まれたことに対してすぐに説明をするなどして虎たちを圧巻させました。

最終的に圧倒的ビジネスセンスで年間何十億も稼ぐ虎たちを魅了し、希望金額の1500万円を獲得します。

また、DJ社長(木元 駿之介)には賞金を獲得する以外にも狙いがありました。

それは、虎たちとSNSのフォロワー数を増やすという企画を行うこと。

フォロワーの増やし方として、TwitterなどのSNSで集客をして、YouTubeの生配信でAmazonギフトカードを配布するというものです。

また、プレゼント企画の応募方法はTwitterのフォロー、YouTubeのチャンネル登録などで、ここから互いのSNSのフォロワーを増やすことができるという仕組みになってます。

令和の虎の中でもDJ社長(木元 駿之介)の回は視聴回数が断トツに多くなっており、現段階(2022年9月)では前編と後編合わせて480万回以上の再生となっています。

そんなDJ社長(木元 駿之介)の出演回はこちらからご覧いただけます。

こちらが後半です。

スポンサーリンク

DJ社長(木元駿之介)の英語の実力は本物なの?

海外進出などで、英語を学んでいるDJ社長(木元 駿之介)。

「日本一わかりやすい英会話授業」というタイトルの動画を上げていましたが、英語の勉強にとても力を入れているように見えました。

この動画は発声方法や発音の仕方、オンライン英会話についてなど、英語を勉強し始めようとしている人に有益なものになっています。

動画内での社長の発声や発音の説明には、相当勉強したんだなと思うほどの知識量が蓄えられていました。

また、DJ社長(木元 駿之介)が勉強するにあたってどの動画を参考にしたか、なぜこの動画を参考にしたのかがよく分かりやすくまとめられています。

また、DJ社長(木元 駿之介)が本田圭佑と英語で対談している動画で、DJ社長(木元 駿之介)の英語力を素晴らしいと褒めていました。

これらのことから、DJ社長(木元 駿之介)の英語の実力は本物といえるでしょう。

しかし、動画の途中で「英語コーチ-イングリッシュおさる」(以下おさる)というチャンネルが紹介されています。

おさるさんの動画は好評なのですが、有料の情報商材には賛否両論があるみたいです。

ですが、YouTubeの動画を見るだけなら無料なので、観てみる価値はあると思います。

こちらがその動画です。

しかし、みねしま社長は「イングリッシュおさる」さんについてこのように語られています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はDJ社長(木元 駿之介)の学歴や経歴、彼の身に起きたことから活動内容までを徹底的に解明していきました。

20代で億を超える借金を背負ったり誹謗中傷を浴びるも、自分の道を進んでいくのはすごいことですよね。

世界進出に向けて活動するDJ社長(木元 駿之介)の活躍に今後も目が離せません。

スポンサーリンク
YouTuberエンタメ
スポンサーリンク
writer3をフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント