【動画】服部樹咲のバレエの演技が凄い!コンクール受賞歴まとめ!

エンタメ
スポンサーリンク

服部樹咲(はっとりみさき)さんは、草彅剛さん主演の映画『ミッドナイトスワン』(2020年9月25日公開)で草彅剛さん演じるトランスジェンダーの主人公と同居するヒロインに抜擢されました。

というのも、服部樹咲(はっとりみさき)さんはバレエの演技が凄く、これまで多くのバレエコンクールで受賞されてきた実績があるからです。

服部樹咲(はっとりみさき)さんは14歳の新人で、

数百人のオーディションの中から映画『ミッドナイトスワン』のヒロイン役に選ばれました。

そんな服部樹咲(はっとりみさき)さんのバレエの演技を動画でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【動画】服部樹咲のバレエの演技が凄い!

草なぎ剛主演映画に新人・服部樹咲、抜擢の理由 「全裸監督」森田望智以来の衝撃 - シネマトゥデイ

こちらの写真は映画『ミッドナイトスワン』のワンシーンです。

素敵な姿勢で綺麗ですよね。

というのも当たり前で、服部樹咲(はっとりみさき)さんは4歳からバレエを習っており、バレエ経験者です。

【動画】バレエの演技が凄い!

こちらの写真は服部樹咲(はっとりみさき)さんが10歳の時(正確には9歳かな?)

服部 樹咲

(画像引用:http://www.namue.jp/concours/namue_76/)

<眠れる森の美女>第1幕よりローズ・アダジオのVa

を演じた時の写真です。凄いですよね!

こちらの動画はその時の様子です。

【NAMUE速報】第76回名古屋大会

衣装で判断するとおそらく、19秒辺りからが服部樹咲(はっとりみさき)さんの演技だと思われます。

9歳でこの演技ですから凄すぎます。

こちらの動画は多くの方が演技されているので誰が服部樹咲(はっとりみさき)さんなのか分からないのですが、字幕に名前がありました。

【NAMUE速報】第69回京都大会

27秒辺りから低学年部門第2位と字幕が入っています。

こちらの動画は第102回 NAMUE クラシックバレエコンクール神奈川小学校高学年の部 3位の時の映像です。

【NAMUE速報】第102回神奈川大会

1分19秒辺りに少しだけお名前と演技が写っています。

このように本当に素敵なバレエの演技をされる服部樹咲(はっとりみさき)さんはこれまでに多くの賞を受賞されています。

スポンサーリンク

服部樹咲バレエのコンクール受賞歴が凄い

服部樹咲(はっとりみさき)プロフィールwiki!バレエの経歴は?|ゆるぴっく

こちらはおそらく11歳の時の服部樹咲(はっとりみさき)さんです。

かわいらしいですね。

まだ14歳になったばかりですがこれまでの受賞歴が凄いんです!

2015年(9歳) 第69回NAMUEクラシックバレエコンクール京都・第2位

2016年(10歳) 第76回NAMUEバレエコンクール名古屋 第1位(小学生低学年部門)

2017年(11歳)ニュージェネレーションバレエコンクール芸術性賞・葛飾区教育長賞

2017年(11歳) NBAジュニアコンクール東京小学5年生部門 4位

2017年(11歳)第102回 NAMUE クラシックバレエコンクール神奈川小学校高学年の部 3位

2018年(12歳) NBAジュニアバレエコンクール小学校高学年の部3位

2017・18年 年ユースアメリカグランプリ日本ファイナル進出

NBAジュニアバレエコンクール東京2018 第1位(小学6年部門) など

本当に素晴らしいですね。

今後はバレエもしながら女優を目指すのでしょうか?

それともバレエ一筋で頑張るのでしょうか?

そんな服部樹咲(はっとりみさき)さんのこれまでのバレエ歴についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

服部樹咲の通うバレエ教室はどこ

服部樹咲|wikiプロフやバレエ動画が判明。草彅剛の親戚娘役!ミッドナイトスワン | ほのぼの芸能速報

キリリとした顔立ちで首も長く、バレエやってます!

って感じですよね。

服部樹咲(はっとりみさき)さんは4歳からバレエを始めましたが、地元名古屋のバレエ教室に通い始めました。

エリカバレエスタジオ

名古屋市熱田区にあるバレエ教室へ通われていたようです。

名称 :エリカバレエスタジオ
代表者: 中島 エリカ
住所 :愛知県名古屋市熱田区切戸町3-79
電話番号: 052-683-0015
【受付時間】
火曜~金曜 16:00~21:30/土曜日 13:30~19:30

こちらの代表中島エリカさんは現在も現役ダンサーとして活躍中で凄く素敵な方のようです。

(画像引用:http://www.erika-ballet-studio.net/archives/menu_list/%e8%ac%9b%e5%b8%ab%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%ab)

1988年8月7日生まれ
2歳より北川淑子バレエスタジオにてバレエを始める。
北川淑子バレエスタジオではキトリ・こんぺい糖の精・ジゼルなど様々な役を演じその他にも多くの創作バレエの作品に出演し活躍。

近年ではクラシックバレエ・創作バレエで数々の舞台に出演。

(引用:http://www.erika-ballet-studio.net/archives/menu_list/%e8%ac%9b%e5%b8%ab%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%ab)

こんな素敵な方に服部樹咲(はっとりみさき)さんは小さい時から習われたおかげで今が在るのでしょうね。

それから東京に移ります。

ご両親の仕事の影響か?バレエのためかは不明ですが、おそらくバレエのためと、もしかしたら将来女優も考えての東京への移動ではないでしょうか?

デパルクバレエスクール

デパルク バレエスクールは、プロのバレリーナを育成すると共に、バレエの文化向上を目標に2001年に開校致したそうで、バレエを通して心と身体を磨き、厳しいお稽古の中で、

人としても成長できる場所を目指しているそうです。

服部樹咲(はっとりみさき)さんはプロを目指してこちらのバレエ教室に行かれたようですね。

デパルク バレエスクール 旗の台スタジオ

東急大井町線・池上線『旗の台駅』東口より徒歩3分

東京都品川区旗の台2-1-14 1F

E-Mail deparcballet@gmail.com
TEL.03-5755-5791 /FAX. 03-5755-5792

こちらの動画は第16回デパルクバレエスクール発表会の様子です。

de-parc Ballet School 2018 Cinderella

この動画の中には服部樹咲(はっとりみさき)さんはいらっしゃらないと思います。

そして今度はこちらへ。

NAMUE バレエ学校

こちらのバレエ教室のチーフインストラクター鎌田真帆さんの経歴が凄いです。

3歳より島田輝記バレエ研究所にてバレエを始める。
5歳より岩田バレエスクールにて岩田高一に師事。
8歳より自己解放訓練のため俳優養成所に入り、演技や歌、ダンス、日本舞踊を学ぶ。ミュージカルの舞台にも出演。

現在、日本を拠点に各地で舞台出演、講師、振付、バレエ写真モデル、バレエ絵画モデル(一部監修) 、NAMUEバレエコンクール検定審査員として活躍する。

引用:https://namueballetschool.amebaownd.com/pages/3000652/static

本当に素晴らしい先生ですね。

NAMUE バレエ学校
神奈川県横浜市中区松影町1-3-7ロックヒルズⅧ3F
石川町駅
・北口(中華街口)から徒歩1分

こちらの動画は「ドンキホーテ第3幕よりGPDD」 鎌田真帆 茂木恵一郎さんのリハーサルの様子です。

「ドンキホーテ第3幕よりGPDD」リハーサル

舞台の様子よりリハーサルの方が面白いですね。

それからまたこちらへ変わられます。

Ballet Studio forte(バレエスタジオフォルテ)

こちらの講師 佐久間由佳さんも素晴らしい先生です。

東京高等バレエ学校常勤講師
・バレエスタジオKKインターナショナル講師

5歳よりバレエを始める。

08年
カナダ、バレエビクトリアに入団。
「ライモンダ」「シンデレラ」「It was a lover and his lass」等でソロを踊る。

帰国後はフリーで舞台活動。また後進の指導にあたる。
13年 高円宮殿下記念ローザンヌ・ガラ2013にて「ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番」に出演。
現在、東京高等バレエ学校常勤講師。他、多数のバレエ教室で指導にあたる。

引用:https://ballet-forte.com/lecturer/

凄いです。

こちらのスタジオで踊る服部樹咲(はっとりみさき)さんの姿がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

バレエスタジオフォルテ(Yuka Sakuma)(@yukasakuma25)がシェアした投稿

みさきちゃん❤️ 草彅剛さん主演の映画『ミッドナイトスワン』に出演します。
と書かれています。

「Ballet Studio forte」

所在地:〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通2丁目682 シルクガーデン103
電話番号:090-2659-4031
MAIL:yuka_s_1025@yahoo.co.jp

東急東横線新丸子駅西口 徒歩3分
JR武蔵小杉駅南部線北口 徒歩10分
こども文化センター、丸子温泉よりすぐ

現在、服部樹咲(はっとりみさき)さんはこちらのBallet Studio forte(バレエスタジオフォルテ)経通われていると思われます。

こちらのインスタ写真にも服部樹咲(はっとりみさき)さんが写っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

バレエスタジオフォルテ(Yuka Sakuma)(@yukasakuma25)がシェアした投稿

左側が服部樹咲(はっとりみさき)さんですね。

笑顔がかわいい。

そんな服部樹咲(はっとりみさき)さんは映画『ミッドナイトスワン』のヒロイン役に選ばれます。

スポンサーリンク

服部樹咲はバレエの演技が評価されヒロイン抜擢?

『ミッドナイトスワン』より。ヒロインの一果役に抜擢された服部樹咲

今まで全くバレエ以外の演技をした事が無い服部樹咲(はっとりみさき)さんが何故映画『ミッドナイトスワン』のヒロインに選ばれたのでしょうか?

不思議ですよね。

ヒロイン『一果』に選ばれた理由

映画『ミッドナイトスワン』のヒロイン役は一果なのですが、一果の役柄は、

『育児放棄されたバレリーナの少女』

です。

映画『ミッドナイトスワン』の内田監督がヒロイン役一果を服部樹咲(はっとりみさき)さんにした理由をこのように語っています。

内田監督いわく、「バレエ経験がある」というのは譲れない条件だった。

「よくある、手足だけ吹替えというのは絶対にやりたくなかったんです。

樹咲ちゃんはオーディションの最初の組に入っていて、『全裸監督』の森田望智の時と全く同じで、入ってきた瞬間に『この子だ』と思いました

と、服部を自身が監督を務めたNetflixドラマ「全裸監督」のヒロイン役でブレイクした森田望智と重ねる。

オーディションでは芝居というよりも、出番を待っているときの表情なんかを見ていました。

すごくたたずまいがいいんですよね。

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0118694

このように内田監督のこの映画に対する熱い気持ちと、直感で決めたようですね!

いわゆる閃き。

バレエの演技だけで無くやはり、何気ない表情も良かったようです。

映画の中では、

バレエ「白鳥の湖」「アルレキナーダ」

を踊るようです。

スポンサーリンク

草彅剛が服部樹咲の演技を語る

映画『ミッドナイトスワン』で主演は草彅剛さんですが、草彅剛さんがYouTubeチャンネルで服部樹咲(はっとりみさき)さんの事をこのように語っています。

ピュアで本当に一果として存在してくれた事が、僕の一番の役作りになって、美咲ちゃんのおかげで僕自身も役をつかめた!

と絶讃されています。

これが新しい草彅剛の代表作です!映画「ミッドナイトスワン」を広げよう!

(4分55秒辺りから服部樹咲(はっとりみさき)さんについて語っています。)

服部樹咲(はっとりみさき)さんは、バレエの演技だけで無く、他の演技に関しても抜群だったようですね。

スポンサーリンク

服部樹咲は『育児放棄されたバレリーナの少女』役

映画『ミッドナイトスワン』925秒(15分25秒)予告映像

こちらの動画は公開日9月25日に語呂を合わせて925秒(15分25秒)の予告編です。

長すぎますが、服部樹咲(はっとりみさき)さんの演技がたくさん見る事が出来て嬉しい動画です。

これを見ると本当に服部樹咲(はっとりみさき)さんの表情が素敵ですね。

桜田一果(さくらだ いちか)役

桜田一果の役柄は『育児放棄されたバレリーナの少女』です。

具体的にはどのような物語なのか?

レイコ on Twitter: "服部樹咲(桜田一果) 草なぎさんは、待ち時間から驚くほど凪沙という役に入られていて、大変刺激を受けました。「強くならんといけん」という草なぎさんの台詞から、一果 が変わっていくのですが、とても大切なシーンとなりました。"

トランスジェンダーの「凪沙(なぎさ)」(草彅強)と少女・一果(いちか)(服部樹咲)の物語です。

少女・一果(いちか)は、育児放棄にあっていました。

「凪沙」と少女・「一果」親戚同士

親から愛を注がれることなく生きてた一果に出会い、凪沙は一果を引き取ることにします。

凪沙の仕事といえば、メイクをほどこし、衣装をまとい、ステージに立つこと。

凪沙自身、今にも崩れ落ち壊れてしまいそうな自己を支えられるのは自分しかいません。

凪沙と同じように一人で生きていくしかない仲間たちも登場します。

理解し合えるはずもない二人が生活していくうちに、凪沙は今まで感じたことのない思いを抱くようになります。

そこで凪沙はある決断をするのですが、その決断とは?

凪沙自らの“性”の問題も描かれます。

凪沙が命がけで一果を守る「ラブストーリー」です。

このようにバレエの演技だけで無く非常に難しい役柄です。

ですからリハーサルでは『感情を爆発させる』練習などをたくさんの行ったそうです。

映画を見に行く時間が無くてこの物語を知りたい方は是非こちらの本を読んでみて下さい。

ミッドナイトスワン

服部樹咲の出演のコメント

服部樹咲(はっとりみさき)さんは今回の映画『ミッドナイトスワン』で主演についてこのように言われています。

お芝居をするのは初めてで、撮影の前は、緊張して眠れませんでした。

台本を見るのも初めての経験で、最初は戸惑いましたが、昔からバレエの舞台で人前に出ることには慣れていたので、実際の撮影の現場はそこまで緊張せず、すっと一果の役に入ることができました。

草なぎさんは、待ち時間から驚くほど凪沙という役に入られていて、大変刺激を受けました。「強くならんといけん」という草なぎさんのせりふから、一果が変わっていくのですが、とても大切なシーンとなりました。

生きてきた中で、ネグレクトや、トランスジェンダーなど、自分にとって身近なものではなかったのですが、この映画の一果という役柄を通じて学べました。

何かしら印象に残って、考えさせられる映画だと思うので一人でも多くの方に見ていただけたらと思います。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/f7357b2a7f60c021ee49e81a1bb29c90f9d1240d

このようにお芝居をするのは初めてで、緊張はしたそうですが、

今までバレエで多くの演技をしてきている経験で実際の撮影では一果役に自然と入る事が出来たとは流石ですね。

本当に楽しみです。

最後に服部樹咲(はっとりみさき)さんのプロフィールをお伝えします。

スポンサーリンク

服部樹咲のプロフィール

実は服部樹咲(はっとりみさき)さんのプロフィールや経歴はまだ不明な部分が多く、これから明らかになってくると思いますので、現在わかっている事のみお伝えします。

画像

こちらの右側が服部樹咲(はっとりみさき)さんです。

かわいらしいですね。

名前:服部樹咲(はっとりみさき)
読み方:はっとり みさき
出身地:愛知県
現住地:神奈川県・東京都?
生年月日:2006年7月4日
中学2年生
年齢:14歳
特技・趣味:バレエ
バレエ教室:バレエスタジオフォルテ、NAMUEバレエ学校
芸能所属事務所:なし

おそらく今後多くの事が明らかになると思われますので、わかり次第追記したいと思います。

小学校や中学校は

おそらくこれらの通われていたバレエ教室の事を考えると、

小学校は愛知県の小学校

中学校は神奈川県の中学校ではないでしょうか?(東京の可能性もありますが)

事務所は

現時点ではどこの事務所にも所属されていないようですが、映画『ミッドナイトスワン』の出演で他の映画やテレビ出演する事があるようでしたら、どこかの事務所に所属する可能性が高そうです。

このようなプロフィールの服部樹咲(はっとりみさき)さんは、草彅剛さん主演の映画『ミッドナイトスワン』(2020年9月25日公開)のヒロインへ選ばれました。

スポンサーリンク

まとめ

【動画】服部樹咲のバレエの演技が凄い!コンクール受賞歴まとめ!について記事にしました。

服部樹咲(はっとりみさき)さんこれから大爆発しそうです。

 

コメント