河野太郎が英語がペラペラな3つの理由!父・河野洋平は留学に反対だった?

政治関連
スポンサーリンク

河野太郎議員と言えば英語がペラペラで上手ですよね。

河野太郎議員はなぜ英語が上手いのでしょうか?

河野太郎議員は学生時代にアメリカに留学していたから英語が上手いと言われていますが、実はお父さんの河野洋平さんはアメリカ留学に反対されていたそうです。

そんなお父さんの河野洋平さんが急にアメリカ留学に賛成し、河野太郎議員はアメリカ留学する事が出来ました。

つまり河野太郎議員が英語がペラペラで上手い理由はお父さんの河野洋平さんのおかげですね。

河野太郎の奥さんや息子さんそして父・母・弟さんについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

河野太郎の妻・河野香は聖心女子学院大学出身で息子は慶応?家族構成まとめ!

スポンサーリンク

河野太郎が英語がペラペラな3つの理由は

こちらの動画は河野太郎議員の英語でのインタビューです。

政治家ですから当たり前ですが専門的な事にも的確に答えていますよね。

河野太郎議員の英語力は間違いなく素晴らしいです。

河野太郎議員が英語がペラペラな理由はこちらの3つが考えられます。

・学生時代の留学経験

・富士ゼロックス時代のシンガポール勤務

・本人の努力

では一つ一つを詳しくご紹介いたします。

学生時代の留学経験

こちらの画像はジョージタウン大学国際学部比較政治学科へ入学した頃の河野太郎議員です。

河野太郎の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|英語がすごかった! | 芸能人の学歴や有名人の高校・大学情報は芸能人有名人学歴偏差値.com

河野太郎議員結構イケメンですよね。

河野太郎議員はYWCA幼稚園、平塚市立花水小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を卒業後、慶應義塾大学経済学部に入学しますが、2ヶ月で退学。

その後アメリカに渡りマサチューセッツ州アンドーバーでサマースクールに通います。

それからコネチカット州のボーディングスクール、サフィールドアカデミー(Suffield Academy)で1年間過ごし1982年9月(19歳)にワシントンD.C.のジョージタウン大学に入学しました。

河野太郎議員は高校まで英語の成績が悪いわけではありませんでしたが、大学の授業についていけるほど英語が上手いわけではなかったため、コネチカット州のプレップスクール(全寮制の私立高校)に編入したそうです。

その後1984年(21歳)にジョージタウン大学を休学し、ポーランド中央計画統計大学(現在のワルシャワ経済大学)に交換留学

1985年1月(22歳)にジョージタウン大学に復学し1985年12月にジョージタウン大学を卒業します。

このように河野太郎議員が英語が上手いのは間違いなく学生時代の留学経験があるのは間違いありません。



富士ゼロックス時代のシンガポール勤務

こちらの画像は富士ゼロックス時代の1986年(23歳)入社営業研修の同期会の時の画像です。

14人、笑っている人の画像のようです

河野太郎議員はアメリカから帰国後富士ゼロックスに入社。

1991年(28歳)に富士ゼロックスアジアパシフィック設立と同時に2年間のシンガポール勤務をします。

おそらくこのシンガポールでの2年間が英語力向上の為に一番役立ったのではないでしょうか?!

と言うのも学生時代と違ってビジネスにおいては様々な交渉をしなければいけません。

中途半端な英語では交渉がまとまりませんからシンガポールでの2年間の勤務が河野太郎議員の英語力にかなり役立ったのではないでしょうか!



河野太郎自身の努力

こちらの画像は慶應義塾高等学校時代の河野太郎議員です。

河野太郎 di Twitter: "高校2年生の時の同級生と三十数年ぶりにクラス会で会った。卒業アルバムをスライドにして持ってきてくれた。アルバムの私の写真。お前はいつも寝癖で学校来てたよねと言われたが、本人にその記憶はない!… "

河野太郎議員高校時代は思ったよりもイケメンですね。

河野太郎議員は中学と高校では英語の成績はAだったそうですがアメリカでは全く英語が通じなかったそうです。

アメリカ留学中に大学の教授にこのように言われたそうです。

大学では、後に国務長官になった(マデレーン・)オルブライトさんという、女性教授のセミナーに入りました。

十数人のアメリカ人が座っていきなり議論をする。

そんな内容でしたので、私は聞いているだけで精一杯。

いろんな人がいろんなことを言っているのを、じっと聞いていた。

それが最初の授業でした。

そうしましたら、授業が終わった時にオルブライト先生に「ちょっとお前、残れ」と言われまして。

「お前はやる気がないな。やる気がないんだったら、次からくるな」と言われました。

「いやいや。私は日本から来た留学生で、英語もそんなに得意じゃなくて……」と一生懸命に弁解を始めたら、彼女は一言「That’s your problem」つまり「それはお前の問題だろ」と言いました。

このままだと授業に参加できなくなると思って、とにかく次の時間からまずしゃべる。

アメリカ人同士が議論している中に割って入るなんて到底できませんから、とりあえず授業が始まるか否かの時にしゃべりだす。

引用:Climbers2020

このように河野太郎議員はアメリカ留学中にジョージタウン大学の教授に厳しいひと言を言われ、英語に対して必死に取り組んだようです。

そして国会議員に初当選した時から外務大臣になってその後、総理大臣となり外交をやりたいと言う思いがあり武者修行をしたそうです。

海外に出ると「1時間の講演をやってください」と言われた場合「10分〜15分だけしゃべって、残りの45~50分で質疑応答をやってください」というのが、当たり前なんです。

日本みたいに「50分しゃべって10分質疑応答」ではないんですね。

なので、それに慣れるために武者修行だと思って、海外から講演オファーがあったら行きました。

たぶん、相当に頓珍漢だった時もあったと思います。

引用:Climbers2020

このように河野太郎議員は将来のことを見据えて常に英語に対しての勉強を怠らなかったようです。

英語力がある前提で仕事をしろ!

河野太郎議員は外務省の入省式で新人達にこのような言葉を贈ります。

「英語力がある前提で今日から仕事をしてもらう。泣き言を言わないように」と厳しい言葉を交えながら、約140人の新入省者を激励した。

 「英語ができるからといって外交ができるという時代ではない。

一人一人が人間としての魅力も身につけてほしい」と語った。

引用:産経新聞

このように河野太郎議員は英語が堪能なだけに、厳しいですよね。

そして英語だけでなく人間力を身に付けることを重視しています。

河野太郎議員が積極的にTwitterを使って情報発信するのも今の若者達に積極的に飛び込み人間力を磨く為なのかも知れませんね。

スポンサーリンク

河野太郎が英語力の実力は

こちらの動画はご存じ「KY先輩: アメリカ英語のぐるぐる」チャンネルです。

5分23秒からご覧下さい。

KY先輩は河野太郎議員の英語に対して大絶賛されています。

こちらはYahoo!知恵袋での回答です。

日本人にありがちな発想。

上手い=ネイティブの発音 会話は意志疎通のツールです。

母国語でない英語をどこまで自分の言葉で表現でき、相手に伝えることができるか?

そこが重要でありそれをクリアしている時点で使いこなしている=上手いではないでしょうか?

・河野さんの英語はとても綺麗だと思いますよ。

第二言語として上手いというのはネイティブっぽいということよりもクリアな発音で万人に聞き取りやすいことが重要ですからね。

とても分かりやすい、落ち着いた話し方で感心しました。

もちろん、プライベートインストラクターをつけて練習をつんだのだと思います。

「バリバリ日本語英語」ではないですね。

イントネーションも的確で聞く人は分かりやすい。

やたらぺらぺら文法間違いの軽薄な英語(芸能人が多い)より知性があります。

政治家が政治的スピーチをする場合は、このくらいの速度が適切です。

引用:Yahoo!知恵袋

このように河野太郎議員の英語力は間違いなくピカイチのようです。

高市早苗議員と岸田文雄議員の英語力についてはこちらの関連記事をお読み下さい。

高市早苗は英語がペラペラ?学歴や経歴から英語力を検証!

岸田文雄の英語力は残念?帰国子女で早稲田大学出身なのになぜ?

スポンサーリンク

河野太郎の英語の勉強方法は?

こちらの動画では河野太郎議員の英語学習方法です。

留学せずに英語の学習をするにどうしたら良いのかについて語られています。

河野太郎議員のオススメの英語学習方法は「ファミリータイズ」というアメリカのドラマをDVDを見ながら行なったそうです。

1、最初に字幕無しでわからなくても観る。

2、次に字幕付きで観る

3、3回目をもう一度観る

こちらが河野太郎議員がオススメする「ファミリータイズ」のDVDです。

Family Ties: the Complete Series/ [DVD]

 

英語の学習には本当に良いようですね。

スポンサーリンク

河野太郎の英語学習|アメリカ留学に父・河野洋平は反対だった?

息子から父へ--。生体肝移植を経験した河野父子が語る『孤高のメス』|映画情報のぴあ映画生活インタビュー

こちらの画像の右側が河野太郎議員の父・河野洋平さんです。

河野太郎議員のお父さん・河野洋平さんは当初河野太郎議員の海外留学に反対だったそうです。

河野太郎議員は中学と高校時代は陸上の長距離選手で箱根駅伝を目指していたそうです。

しかし、箱根駅伝の夢を諦め、その当時世界的には英語が主流になっていた事を考えてこれからの時代、外国に行くなら英語が出来ないと話しにならないと思ったそうです。

それで英語を身に付けるなら早いうちにアメリカに行って英語の勉強をする事だと思い、お父さんの河野洋平さんに一所懸命留学させてくれ!と説得したそうですがずっと反対されていたそうです。

その当時の事を河野太郎議員はこのように言われています。

「なんでこんな時期にアメリカに行かなきゃいけないんだ。大学を卒業して、自分で稼いで自分で大学院に行けばいいだろう」、親父はそう言いましたが「いやいや、学部で行くから英語がうまくなるんだ。だから学部で行かしてくれ」と言ったんですけど、親父はぜんぜん聞いてくれませんでした。

ある時に「東京のアメリカ大使館でパーティーがある。お前の英語がどれぐらい通じないものか、連れて行ってやるから体験してみろ。そうしたらアメリカに行きたいなんて言わなくなるだろう」と親父に言われまして、アメリカ大使館のパーティーに行ったことがありました。

そこにいるアメリカの人に「俺はアメリカで勉強したいんだ。だけど親父がダメだと言っているから、ぜひ親父を説得してくれ」と言いました。

いろんな人と話をしたら「お前、慶應大学なんだろう。いい大学だから、そこを卒業してからアメリカへ来い」とみんなに言われました。

すると帰りの車の中で親父が、ぼそっとこんなことを言いました。

「みんなお前のアメリカ行きには反対だな。でもみんな反対って言うなら、おもしろいから行ってみろ」っと言われまして。

親父の中のなにかが逆転して、アメリカへ行けることになりました。

引用:Climbers2020

このように河野太郎議員のお父さん・河野洋平さんも少し変わり者だったようですね。

河野太郎議員が英語がペラペラで上手い理由は本当に本人の努力が一番で、その熱い思いがあったらお父さんの河野洋平さんの心を動かしたのでしょうね。

河野太郎の父・河野洋平さんについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

河野太郎の妻・河野香は聖心女子学院大学出身で息子は慶応?家族構成まとめ!

スポンサーリンク

まとめ

河野太郎が英語がペラペラな3つの理由!父・河野洋平は留学に反対だった?について記事にしました。

河野太郎議員の英語力を活かしてこれからも外交面で活躍して欲しいですね。

スポンサーリンク
政治関連
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント