杉咲花の父は木暮武彦で母は歌手のチエ・カジウラ!家族構成が複雑すぎる!

エンタメ
スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説「おちょやん」で主人公の竹井千代役を演じる杉咲花さん。

かわいいですね。

杉咲花さんは子役時代『梶浦花』の芸名で芸能活動をしていましたが、研音に所属してから名前を『杉咲花』に変更し、メキメキと演技力に磨きがかかり、2020年11月30日から始まったNHK連続テレビ小説「おちょやん」でヒロイン役を射止めます。

そんな杉咲花さんの両親や兄弟はどんな方なのでしょうか?

そこで杉咲花さんのご家族について調べてみると複雑な事がわかりました。

そこで杉咲花さんの家族構成についてわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

杉咲花の家族構成が複雑!

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

杉咲花さん本当にかわいいですよね。

杉咲花さんの家族構成は少し複雑なので、わかりやすくまとめます。

ご両親

父親:木暮武彦(シャケ・レベッカのボーカルNOKKOの元夫)

母親:チエ・カジウラ

杉咲花:1997年生まれ

異母兄弟:小暮青葉(2003年生まれ)

杉咲花さんのお父さん木暮武彦さんとお母さんのチエ・カジウラさんは1996年に結婚し、2000年に離婚。

杉咲花さんのお父さん木暮武彦さんは2004年に一般女性と再々婚。

その方との子供さんが小暮青葉さんとなります。

何となくわかりましたでしょうか?

それでは杉咲花さんの家族について1人ずつご紹介いたします。

スポンサーリンク

杉咲花の家族|父は元レベッカの“shake”(シャケ)木暮 武彦

 

この投稿をInstagramで見る

 

木暮”shake”武彦 Info.(@shake_info)がシェアした投稿

こちらが杉咲花さんのお父さん“shake”(シャケ)木暮 武彦さんで、現在『木暮”shake”武彦』としてギターリスト・作曲家で音楽活動をされています。

“shake”(シャケ)木暮 武彦さんは、1984年に『レベッカ』としてメジャーデビュー。

1年後の1995年に脱退し、翌年の1986年にRED WARRIORS(レッドウォリアーズ)で再デビューし、現在はソロでも音楽活動をされています。

多くの方は『レベッカ』のフレンズが有名ですが、”shake”(シャケ)木暮 武彦さんが脱退後の曲で直接この曲には関わっていません。

このレベッカのボーカルが『NOKKO』さんで、”shake”(シャケ)木暮 武彦さんの初婚相手です。

こちらの動画は『レベッカ』のフレンズです。懐かしいですよね。

こちらは伝説のバンド「RED WARRIORS(レッドウォリアーズ)」の動画です。

35秒辺りから”shake”(シャケ)木暮 武彦さんが登場しますがメチャクチャカッコいいです。

父・木暮武彦は3度結婚

杉咲花さんの父親”shake”(シャケ)木暮 武彦さんは、3度結婚しています。

杉咲花さんは2度目の結婚相手チエ・カジウラとの子供さんになります。

初めのうちはレベッカのNOKKOさんの子供?と噂されたことがありましたが、”shake”(シャケ)木暮 武彦さんとNOKKOさんとの間には子供さんがいないそうです。

“shake”(シャケ)木暮 武彦さんの3度の結婚の時系列にまとめるとこのようになります。

初婚:レベッカのNOKKOさん:1990年~1993年

再婚:杉咲花さんのお母さん(チエ・カジウラさん):1996年~2000年

再々婚:15歳下の一般の方(裕子さん):2004年~

(2003年に息子さんの木暮青葉さんが生まれています。もしかしたら子供さんが出来たので結婚されたのかも知れませんね。)

父・木暮武彦のプロフィール

杉咲花さんの父親”shake”(シャケ)木暮 武彦さんカッコいいですよね~♪

“shake”(シャケ)木暮 武彦さんのプロフィールをご紹介します。

名前:木暮武彦(こぐれ たかひこ)

生年月日:1960年3月8日

年齢:61歳(2021年9月現在)

血液型:B型

出身地:東京都杉並区

学歴:武南高等学校卒業・国士舘大学中退

こちらの動画は”shake”(シャケ)木暮 武彦さんのインタビューです。

そしてこちらの動画はアメリカ時代の事も語られています。

音楽に関しては本当に純粋なような気がします。

現在、杉咲花さんと”shake”(シャケ)木暮 武彦さんが連絡を取り合っているのかは不明ですが、本当に素敵なお父さんです。

こちらは”shake”(シャケ)木暮 武彦さんのCDです。

昔とは違った良い曲です。


【国内盤CD】木暮”shake”武彦 / 惑星にて

スポンサーリンク

杉咲花の家族|母は歌手&キャンドルアーティスト『チエ・カジウラ』

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiekajiura(@chie.kajiura)がシェアした投稿

こちらが杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんです。

綺麗なお母さんですね。やはり杉咲花さんに似ています。

母は『マクロス7』のロックバンド「Fire Bomber」のボーカル担当

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんは歌手で、テレビアニメ『マクロス7』劇中に登場するロックバンド「Fire Bomber」のボーカル(ミレーヌ・フレア・ジーナス)を担当していました。

こちらの動画をご覧下さい。

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんが歌われています。

綺麗な歌声です。

こちらの動画は杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさん自身が歌われています。

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんは現在、洗足学園音楽大学でボーカルの講師もされているようです。

母は離婚して1人で杉咲花を育てる

1996年頃:杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんは”shake”(シャケ)木暮 武彦さんと知り合い結婚。

1997年10月2日:杉咲花さんが生まれます。

2000年:離婚されます。

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんはその後再婚はされず、1人で杉咲花さんを育てられました。

こちらのインスタ画像は、杉咲花さんが小さい頃の写真です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiekajiura(@chie.kajiura)がシェアした投稿

やっぱり小さい時からかわいいですね。杉咲花さん。

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんは杉咲花さんの22才の誕生日にこのようなコメントをされています。

我が子22歳‼︎
もうすっかり大人です。
そのまま真っ直ぐに
充実した人生を送って欲しいと
願います。貴方が幸せなら
こんな私の人生も
意味があったと言うものです。

自転車もスケボーも
あっという間に乗れるように
なり、なんでもかんでも
のみ込みの早い子でした。

今日はスケ変更でバタバタして
しまったけど、お昼間から
今年もおめでとう💕

 引用:Instagram

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんは離婚してからずっと1人で杉咲花さんを育ててきたから、本当に大変だったと思います。

母はキャンドルアーティストとしても活躍

(画像引用:https://meltcandle.com/)
綺麗なキャンドル(ロウソク)ですよね。
杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんは歌手としてだけで無く、キャンドルアーティストとしても活躍中で、本当に素敵なキャンドルの制作をされています。
このような美的感覚は杉咲花さんにも受け継がれているような気がします。

こちらは白黒画像ですが素敵すぎますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiekajiura(@chie.kajiura)がシェアした投稿


杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんのキャンドルは直ぐ売り切れてしまいます。

これほど綺麗だと使いにくいですね。飾りとしておいておきたいです。

こちらのキャンドルなら気軽に使えそうです。


【YUKTA/ユクタ】一点物アートキャドル ハンドメイド

母のプロフィールと略歴

杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんのプロフィールをご紹介いたします。

チエ・カジウラというお名前だからハーフ?外人と思いましたが国籍は日本で梶浦チエ?さんでは無いかと思われます。

というのも、杉咲花さんの子役時代の芸名が「梶浦花」でしたから、こちらが本名のようです。

名前:チエ・カジウラ(梶浦チエ?)

生年月日:?年7月25日

年齢:不明ですがおそらく45歳前後ではないでしょうか?

出身地:東京都

略歴

1995年 Victor SPEED STAR よりデビュー。


アニメ「マクロス7」ではM-MEG名義にて作詞を担当する。


一定期間の休止を経て、2004年よりLIVEを中心に活動再開。


自身のレーベルよりMini Album「睡眠HEAVEN」をリリース。


ソロシンガーとして活動中。


森若香織(GO-BANG’S)・SUGIZO・間重美(間寛平)のrecordingやライブに参加。(敬称略)

シンガーとしての活動の他に、キャンドルアーティストとしても精力的に活動中。meltcandle.com

引用:https://www.senzoku.ac.jp/music/teacher/chie-kajiura

1995年にデビューされて1997年に杉咲花さんを出産されています。

デビューが20歳前後だと考えると杉咲花さを出産されたのが23歳前後ですよね。

そうすると、2020年現在、杉咲花さんのお母さんチエ・カジウラさんの年齢は46歳前後になります。

スポンサーリンク

杉咲花の家族|腹違いの弟・小暮青葉

(画像引用:http://www.psychodelicious.com/blog.php?no=1269)

この写真の右側が“shake”(シャケ)木暮 武彦さんの息子さん木暮青葉さんです。

杉咲花さんの異母弟です。

“shake”(シャケ)木暮 武彦さんで2004年に15歳下の一般の方(裕子さん)と結婚され、現在に至ります。

木暮青葉さんは2003年生まれですから17歳(2020年12月現在)。

高校2年生ですかね?

こちらの写真は木暮青葉さんが小学生くらいの時ですかね?

木暮武彦 子供

(画像引用:https://future-free.com/musician/2242/)

かわいいですよね。イケメンです!

お母さんの木暮裕子さんも綺麗な方です。

2020年12月現在”shake”(シャケ)木暮 武彦さん家族は山梨県富士河口町(旧・上九一色村)に住まわれているそうです。

こちらは”shake”(シャケ)木暮 武彦さん家族のお住まいのようです。

 

(画像引用:http://www.psychodelicious.com/blog.php?no=1269)

自然が豊かで本当に素敵な場所のようです。

“shake”(シャケ)木暮 武彦さんの奥さん木暮裕子さんは、地元でカラーメッセージ工房 happybeans主宰・カラーメッセージアドバイザー創案者として活躍されているそうです。

木暮青葉さんはサッカーが大好きだったそうですが、現在はやはりお父さんの影響で音楽活動もされているようです。

将来は音楽関係でメジャーデビューするかも知れません。

気になるのは杉咲花さんと交流があるのでしょうか?

杉咲花さんと木暮青葉さんは確かに異母兄弟ではありますが、現在”shake”(シャケ)木暮 武彦さん家族は素敵な雰囲気で生活されているようです。

それを考えると交流は無いのではないでしょうか?

杉咲花さんと”shake”(シャケ)木暮 武彦さんはもしかしたら連絡を取り合っているのかも知れませんが、木暮青葉さんとは合った事も無いかもしれませんね。

スポンサーリンク

杉咲花の両親とのエピソード

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

こちらのインスタ画像は杉咲花さんの幼少期ですが、何歳くらいでしょうか?

本当にかわいいですよね!

父・木暮 武彦とのエピソード

杉咲花さんのご両親は杉咲花さんが3歳の時には離婚されています。

離婚の原因は明らかになっておりませんが、レベッカのNOKKOさんとの離婚の原因が、音楽性の違い等云われているので、チエ・カジウラさんとの離婚もお互いに音楽関係の仕事をしていましたから、音楽性の違いなのかも知れませんね。

しかし、杉咲花さんとお父さんの”shake”(シャケ)木暮 武彦さんとは3歳までは一緒に住んでいたはずですから何か思い出やエピソードがあると思いますが、公にはされていません。

杉咲花さんがA-studioに出演した時、「うちはずっと母子家庭です。」と発言されていました。

お父さんの事は印象に残っていないのか?お母さんのチエ・カジウラさんがお父さんの事をあまり言わなかったのかも知れません。

ですから、お父さんとのエピソードはありませんでした。

母・チエカジウラとのエピソード

お母さんとのエピソードはたくさんあります。

こちらのインスタ画像は杉咲花さんとチエ・カジウラさんとのツーショット写真です。

20歳の誕生日に撮った一枚のようですが、やはり似ていますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiekajiura(@chie.kajiura)がシェアした投稿

お母さんのチエ・カジウラさんは杉咲花さんが小さい時に沢山の習い事をさせてあげたそうです。

乗馬やテニス、水泳、習字、造形、英語など本当に沢山の習い事をしたそうですが、飽き性なので直ぐ辞めたモノもあったようです。

乗馬は小学校1年生から6年生まで習っていたそうで、馬とコミュニケーションが取れるほど楽しかったようで、凄いですよね。

これは今の演技に役立っている可能性がありますね。

お母さんのチエ・カジウラさんは、いつも杉咲花さんがやりたいことを応援してくれて、叶える方法を一緒になって探してくれたそうです。

芸能プロダクションに入ったのも、お母さんのチエ・カジウラさんが応援してくれたおかげのようですね。

お母さんのチエ・カジウラさんは洗足学園音楽大学でボーカルの講師をされていますが、そちらでの指導方針はこのようなモノです。

それぞれが生きて来た環境の中で形成された人間性=個性です。

そこから生まれる声・言葉・メロディーが
個性溢れる「うた」になるのだと思います。


繊細な表現を聞き取れる耳や、感じる心を大切に
ジャンルにとらわれず、豊かな表現者へと導ける様
レッスンをして行きたいと思います。

引用:https://www.senzoku.ac.jp/music/teacher/chie-kajiura

このように豊かな表現者へ導かれるようにレッスンしたい。とあります。

杉咲花さんに対する教育方針も同じなのでは無いでしょうか?

多くの習い事を習わし、様々なモノに触れ色々な経験を積ませる。

そしてそれを表現する。

歌も演技も同じだと思います。

それ故、ぶつかることもあるようです。

番組の中で、くりぃむしちゅー・上田晋也から「お母さん結構ダメ出しとかされるの?ドラマとかもそうだけど」と質問されると、

杉咲は「最初の方はちょっとされてたんですけど、あんまりされなくて。最近」

「そしたらすごいあの、ラジオがこなれてきたって言われて」とラジオについてダメ出しを受けたと語った。

また、杉咲は、母親から怒られて泣いたことがあるとして、

「『部屋を片付けなさい』って怒られて」

「そこから発展していって、『最近のあなたは、こうでこうで…』って言われて、

“ああもう、ごめんなさい、ごめんなさい”ってなりました」と説明。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17204893/

このようにお母さんのチエ・カジウラさんは歌を通して表現してきたので、杉咲花さんの演技や振る舞いに対しては、気になってしょうがないのでしょうね。

本当に素敵な親子ですね。

最後に杉咲花さんのプロフィールをご紹介いたします。

スポンサーリンク

杉咲花のプロフィールと略歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

こちらのインスタ画像は19歳の誕生日の時の写真です。

本当にかわいいです。

杉咲花さんはハーフと云われることがありますが、今までご紹介したようにハーフではありません。

名前:杉咲花(すぎさき はな)

本名?:梶浦花(かじうら はな)旧芸名

生年月日:1997年10月2日

年齢:23歳(2021年9月現在)

出身地:東京都

身長:153㎝

血液型:B型

学歴:渋谷区立上原中学校・堀越学園

職業:女優

事務所:スターダストプロモーション→研音

2006年:9歳:梶浦花(本名)の芸名で子役として芸能活動開始。

2007年:10歳:連続ドラマ「まるまるちびまる子ちゃん」でデビュー。

2011年:14歳:研音に所属し芸名を現在の杉咲花へ 「味の素Cook Do」のCM出演。

『ドン★キホーテ』で改名後のドラマ初出演。

2013年:16歳:『夜行観覧車』で演技が注目され話題となる。

2014年:17歳:日経トレンディ主催の「2015年の顔」に選出される。

2016年:19歳:NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインの妹美子を演じ知名度上昇。

2018年:21歳:『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で、連続ドラマ初主演。

2019年:22歳:『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で、NHK大河ドラマ初出演。

2020年:23歳:NHK連続テレビ小説『おちょやん』で、浪花千栄子をモデルにしたヒロイン・竹井千代役を演じる

スポンサーリンク

まとめ

について記事にしました。

NHK連続テレビ小説『おちょやん』でまたまた人気が出そうですね。

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント