上田彩瑛の両親はどんな人?教員のお母さんの教育方法が凄かった!

エンタメ
スポンサーリンク

2019年にミス東大に選ばれた上田彩瑛(うえだ さえ)さん。

綺麗なだけでなく、頭も良いし、いわゆる「才色兼備」の上田彩瑛さん

どのように育てるとこのような子が育つのか?

気になります。

ご両親の育て方が良かったのか?

上田彩瑛さんの両親はどんな人なのか?

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

上田彩瑛の両親はどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

上田彩瑛(@misstodai_19_02)がシェアした投稿 –

上田彩瑛さん本当にかわいいですよね~♪

上田彩瑛さんは大阪の四天王寺中学・高校の出身(女子校)で、成績は常に学年トップだったそうで、東大理Ⅲ・医学部コースは、日本最難関と言われる東大の6つある科類のなかでもダントツの最難関です。

理科Ⅰ類は工学部・理学部コース、理科Ⅱ類は農学部・薬学部コースです。

東大入試の合格最低点で比較するとよくわかります。

理科Ⅰ類 315・7点
理科Ⅱ類 302・7点
理科Ⅲ類 370・4点

全く点差が違いますよね。

東大合格者約3000人のうち、理Ⅲはたった100人程度。

日本の1世代あたりの人口を100万人強として単純計算すれば、同世代の上位0・01%の頭脳を持つ英才たちが理Ⅲに集結する

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/35409

このように上田彩瑛さんの頭の良さは東大生の中でも別格なのがわかるでしょうか?

そんな上田彩瑛さんのご両親について紹介いたします。

お父さん

上田彩瑛さんのお父さんについては実はほとんどわかっておりません。

分かっている事としては、

・お笑いが好きで、大阪では難波花月の近くに住んでいたこと

・上田彩瑛さんが幼稚園時代は広島に住んでいたので、広島から大阪に転勤するようなお仕事だった

・自民党の松川るい議員さんとお知り合い?の可能性がある事(もしかしたらお母さんと知り合いなのかも知れませんが。)

こちらのTweetを見てください。

 

松川るい議員が、「私の友人のお嬢さんで~」と紹介しています。

東大と四天王寺の後輩って、松川るい議員も凄い!

お父さんについて詳しい情報がわかり次第、追記したいと思います。

お母さん

お母さんは学校の先生で英語を教えているようです。

しかも学校の先生をしながらも、上田彩瑛さんが小学校4年生の時に、お昼は教員の仕事をして夕方から大学院に通われていたそうで、お母さんも相当頭が良いようです。

頭が良いというか、勉強が好きなのだと思います。

お母さんもお笑い好きで、東方神起が大好きなようで、上田彩瑛さんと一緒に東方神起のライブにも一緒に行かれるようです。

お母さんも上田彩瑛さんと同じダンススクールへ通っていたとのことなので、お母さんは、大阪出身の可能性が高そうです。

上田彩瑛さんが幼稚園の頃、ママ友さんとおしゃべりし過ぎて、上田彩瑛さんを幼稚園に置き忘れたり、中学入試の時に、入試会場の地図を忘れたり、と長嶋茂雄タイプの天然系(少しアスペルガータイプ?)のようです。

お母さんについての情報はこれ以上は見つかりませんでいた。

お母さんについても詳しい事がわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

上田彩瑛さんのお母さんの教育方法が凄かった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

上田彩瑛(@misstodai_19_02)がシェアした投稿 –

上田彩瑛さんは教員のお母さんにどのような教育を受けてきたのでしょうか?

その教育方法が凄いんです!

まさに天才を作る教育方法はこれだ!

という感じです。

生まれてからずっと英語で話しかける

 お母さんは英語の先生ですから、英語は得意です。
お母さんの興味は、
「日本で生まれたけど、母親がずっと英語で話しかけていたら、初めての言葉はどっちを喋るのか知りたくて。」
という事で、ずっと自分の娘(上田彩瑛さん)に英語で話しかけていたそうです。
お母さん、やっぱり教育者というよりも研究者のようです。
結果は?
上田彩瑛さんの初めての言葉は英語だったそうです。
そこでお母さんは、
母親がしゃべる言葉を習得するんだなぁとわかってびっくりしたそうで、
母国語のことをmother tongue(=母親の舌)というのですが、語源に偽りなし、と感心したそうで、本当に変わった母親のようです。
ただ幼稚園に入ってからは広島弁を喋っていたそうです。(幼少期は広島に住んでいたため)

生後6ヶ月からパズル

上田彩瑛さんのお母さんは、小さい頃からこんな事を教えたらどういう子に育つのか?
知りたくて知りたくて色々な実験をしたようです。
それがパズル。
生後6ヶ月から4ピースの木製パズルをあと一つだけはめれば完成という状態で渡して実験したそうです。
すると、
初めは舐めるだけだったのが、お手本を示すと、出来るようになり、結局8ヶ月で4ピースのパズルを1人で完成させる事が出来るようになったそうです。
凄いですよね。
この話を聞くと将棋の藤井聡太さんも小さい頃にお父さんからパズルではないのですが、【キュボロ】というスイスの木製玩具を幼少期から使っていたそうです。
藤井聡太さんについてはこちらの関連記事をお読みください。

やはり小さい頃からのパズル等は天才を育てるようですね。

数の悪魔を読ませる

上田彩瑛さんのお母さんは、女の子はどうしても数学が苦手な人が多いから、積極的に数学が得意になるように色々と仕組んだそうです。

1歳9カ月から6歳まで七田チャイルドアカデミーに通わせたり、100円玉そろばんを買ったり、家中に算数グッズを置いていたそうです。

100円玉そろばんとはこんな感じのそろばんです。


100玉そろばん

なかでもヤバそうなモノが

数の悪魔

という本です。

上田彩瑛さんが算数に興味を持ったのはこの本のおかげだと言われています。

分厚い本だけど、読んだら面白くて何度も読み返したそうです。
数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜 (日本語) 単行本(ソフトカバー)

お母さんもきっと読んだのでしょうね。

背中で勉強を教える

上田彩瑛さんのお母さんは仕事や大学院での勉強等で忙しく、直接上田彩瑛さんに手をかけられなかったと言われていますが、参考書なども「これが欲しいと」言えば直ぐに買ってあげたそうです。
上田彩瑛さんが言うには、
「お母さんがいつも勉強をしていたので、勉強する事に抵抗がなかった」
との事。
中学受験の時は、
コタツの隅と隅で2人が勉強していたそうで、お母さんは「勉強しなさい!」とは一切言わず、
背中で勉強を教えていたようです。
本当に勉強が出来るには最高の環境だったようです。

クラッシクバレーやダンスも

上田彩瑛さんのお母さんは直接勉強を教えなかったのですが、色々な習い事をさせていたそうです。

ピアノは小学1年生から3年生まで。

クラッシクうバレーは小学1年生から高校生まで。

部活ではダンス部(これは自主的に)

凄いのはどれも休まず練習していたそうで、本当に熱心です。

このようなお母さんに対して、上田彩瑛さんは母親と言うよりもお姉ちゃんみたいな存在に感じていたそうで、それでも世界で1番お母さんの事を尊敬されているようです。

本当に上田彩瑛さんのお母さんの教育方法は凄すぎます!

そんな教育を受けてきた上田彩瑛さんはどんな人なのか?プロフィールやこれまでのエピソードをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

上田彩瑛はどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

上田彩瑛(@misstodai_19_02)がシェアした投稿 –

上田彩瑛さんのチャームポイントは左えくぼだそうです。憧れの人はお母さんだそうで、やはりご両親の愛の中で育ってきたから自然とそのような言葉が出るのでしょうね。

先ずはプロフィールからご紹介します。

プロフィール

初めにもご紹介したように上田彩瑛さんは東大理Ⅲ・医学部コースに通学中の学生さんです。

勉強が忙しい中でも芸能活動もされていて、本当に素晴らしい才能です。

こちらの写真は小学校時代の上田彩瑛さんで、大阪教育大学付属天王寺小学校の制服のようです。

上田彩瑛 小学校

そんな上田彩瑛さんのプロフィールはこちらです。

そしてこちらの写真は中学の入学時かな?

上田彩瑛 小学校

本名:上田彩瑛(うえださえ)
生年月日:2000年8月14日
年齢:20歳(2020年10月現在)
出身地:大阪府
出身小学校:大阪教育大学付属天王寺小学校
出身中学校:四天王寺中学校
出身高校:四天王寺高校
身長:158㎝
血液型:O型
趣味:ダンス・漫才・野球観戦
所属サークル:FreeD(ジャズダンス)・帝虎会(阪神タイガース応援サークル)・鉄門水泳部

医学部を目指した理由は、高1のときに

インフルエンザの予防接種を受けた後に倒れたのがきっかっけで、

自分の体の中で起こったことなのに原因がわからないのは不安だし、気持ち悪い。医学部に入れば、体の仕組みを学べる。

そんな思いで、医学部を目指したそうです。

お母さん曰く、

上田彩瑛さんが倒れた時に発した言葉が、「しんどい」では無く「悔しい」

だったそうで、負けず嫌いの性格のようです。

今まではご両親(特にお母さん)の教育方法をお伝えしましたが、上田彩瑛さん自身の勉強方法についてもお伝えします。

上田彩瑛の勉強方法

上田彩瑛さんは数学が得意になったのはお母さんのおかげなのですが、数学に関しては暗記ではあるのですが、公式を覚えるのではなく、問題に対する解法を暗記するように、

毎週150分の演習問題をやっていたそうです。

暗記するのも、

一つのまとまり、ストーリーで覚えていたそうで、

一つを思い出せば芋づる式に関連事項を思い出せるような暗記方法をしていたそうです。

これはもしかしたら、お母さんが七田チャイルドアカデミーに通わせたおかげかも知れませんね。

上田彩瑛は東進の林修先生に習っていた

上田彩瑛さんは中学・高校と常に学年トップの成績だったのですが、流石に東大理Ⅲ・医学部コースは難関中の難関。

そこで「鉄緑会」という東大・京大・国公立大医学部受験指導専門塾に入り勉強したそうです。

そして東進ハイスクールの林修先生にも期間限定(おそらく冬期講習か夏期講習)の講習で教えてもらっていたそうです。

それは2020年2月16日と3月22日の「林先生の初耳学」に出演した際、言われていました。

東大では「相対性理論」についても勉強したいそうで本当に研究心が旺盛なのはお母さんの影響のようです。

数学甲子園に出場

上田彩瑛さんは2017年(高校2年生)の時に、数学甲子園に出場しています。

その時の映像がこちらです。

(2分50秒辺りで少しだけ写っているのが上田彩瑛さんです)

数学甲子園2017 ダイジェスト

残念ながら入賞は出来なかったのですが、出場しただけでも凄いですよね!

本当に数学が得意のようですね。

ミス東大2019でグランプリ獲得

上田彩瑛さんは東大に入学して直ぐにミス東大コンテストにエントリーします。

ここでもお母さんが、「やりたいことは、やってみたら!」と後押し。

本当に素敵なお母さんですね。

しかし、高校3年生から東大受験の為にSNSを止めていたので、PR戦略が上手く出来なかったそうです。

(エントリーしてから4ヶ月SNSに投稿誌続けないといけなかったそうです。)

そこで、ステージ上でパフォーマンス勝負にかけたそうで、

TWICEの「YES or YES

を踊ったそうです。

その時の写真がこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上田彩瑛(@misstodai_19_02)がシェアした投稿 –

かわいいですよね。

その時の映像は現在見る事ができません。

中学時代のダンスの様子を見つけることが出来ましたので、こちらをご覧下さい。

そしてミス東大コンテストの紹介インタビューはこちらです。

【ミス東大】 上田彩瑛が語る!「水泳部や阪神タイガースを応援するサークルに入ってます!」ミス東大コンテスト2019 エントリーNo.2<WWS x MISS COLLE ミスコレ>

上田彩瑛さんはどんな人なのかがよくわかる紹介動画です。

ダンスだけでなく水泳もされるようで、頭が良いだけでなく、運動神経も抜群のようです。

ミスコン東大2019年グランプリを獲得した映像はこちらです。

(2分11秒辺りから写っています)

綺麗です~

上田彩瑛さんがミス東大グランプリ2019、木瀬哲弥さんがミスター東大グランプリ2019に!<第70回駒場祭>

これまでの出演番組

上田彩瑛さんは現在ワタナベエンターテインメント内部オフコースに所属しているようなので今後もテレビ出演が増えそうです。

これまでの出演は下記の通りです。

【出演番組】

NTV「踊る!さんま御殿!!」

NTV「ヒルナンデス!」

MBS「林先生の初耳学」

CX「99人の壁」

CX「ホンマでっか!?TV」

CX「ボクらの時代」

TX「サンドウィッチマンの脱落テスト!」

EX「今田耕司★ヒットの世界 東大生が通販してみた!!」

最終的にはお医者さんになるのでしょうからテレビ出演は大学4年生くらいまでですかね?

しかし芸能界入りしてもおかしくないくらいの美貌とキャラクターですよね。

スポンサーリンク

まとめ

上田彩瑛の両親はどんな人?教員のお母さんの教育方法が凄かった!について記事にしました。

現在の上田彩瑛さんがあるのは全てご両親のおかげですね。

 

コメント