PR

兼重宏行の自宅は元ソニー創業者・盛田昭夫の跡地!年収は億超え?!

ニュース
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

中古車販売大手のビッグモーターの社長である兼重宏行(かねしげ ひろゆき)さん。

ビッグモーターといえば、かなりの大手企業なので年収などが気になりますよね!

さらには、兼重宏行(かねしげ ひろゆき)さんのご自宅はかなりの豪邸だとも噂されているんだとか。

なんで今回は、そんな兼重宏行(かねしげ ひろゆき)さんの年収やご自宅について詳しくまとめ、ご紹介していきたいと思います。

2023年7月25日追記:兼重宏行さんが社長を辞任され和泉伸二さんが新社長に就任されました。

兼重宏行さんの息子・兼重宏一さんと新社長の和泉伸二さんについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

兼重宏一(兼重宏行の息子)のwiki風プロフィールと経歴・学歴まとめ!

和泉伸二(ビッグモーター新社長)のwiki風プロフィールと経歴まとめ!

スポンサーリンク

兼重宏行(ビッグモーター元社長)の自宅は元ソニー創業者・盛田昭夫の跡地で大豪邸

兼重宏行さんのご自宅について見ていきたいと思います。

自宅は元ソニーの創業者・盛田照夫さんの跡地なのかという噂もあるようです。

では、詳しく見ていきたいと思います。

兼重宏行の自宅の場所はどこ

(画像引用:デーリー新潮

こちらが、兼重宏行さんの自宅と言われている画像です。

東京都目黒区青葉台にあるという自宅は、上空から見てもかなりの豪邸です。

玄関も重厚なつくりで、ガレージにはおそらく高級自動車が停まっていると思われます。

 

兼重宏行の自宅は元ソニー創業者・盛田昭夫の跡地で大豪邸

実は、兼重宏行さんの自宅は、元ソニー創業者の盛田照夫さんの自宅跡地という情報があります。

盛田さん夫妻が亡くなり、2015年に盛田照夫さんの長女・直子さんがこちらの邸宅を処分されたんだとか。

その後、兼重宏行さんが自宅を構えたという流れだったようですね。

なので、盛田照夫さんのご自宅の跡地だということは事実のようです。

スマートFLASHではではこのように報じられています。

この土地にはかつて、ソニーの創業者である故・盛田昭夫氏の4階建ての自宅があった。

盛田家から、兼重社長の資産管理会社に所有権が移ったのは2016年。

周囲を威圧するかのような兼重邸が竣工したのは、その4年後だ。

引用:スマートFLASH

兼重宏行さんが現在の場所に豪邸を建てたのは2020年のようですね。

兼重宏行の自宅の資産は60億?

兼重宏行さんの自宅資産価値は22億以上と言われています。

2018年に自宅を購入しており、2018年の平均単価で資産価値を計算してみると

2018年、青葉台の地価平均・141万8000円/㎡

2018年、青葉台坪単価平均・468万7603円/坪

兼重宏行さんの自宅の面積は471.9坪なので、先ほどの坪単価平均をかけてみます。

471.9坪×468万7603円=22億1207万7603円となります。

土地代だけで、22億円を超えることがわかりました。

しかしスマートFLASHでは60億円以上の資産価値だと報じられています。

そして2020年、兼重社長は、都内の超高級住宅地に自宅を建てた。地上2階、地下1階建てで、噴水や茶室もある。

「この地区は路線価で坪600万円前後ですが、実際の取引価格は約1000万円です。

兼重邸は470坪あり、土地だけで約47億円です。

一方、建物の床面積は約410坪で、坪300万円として外構外壁を含めると、約13億円になります。

土地と建物で、最低でも約60億円になるでしょう」(不動産業者)

引用:スマートFLASH

本当に大豪邸ですね。

ヤバ過ぎます。

兼重宏行の熱海と軽井沢の別荘も凄い

兼重宏行さんは自宅だけでなく、熱海と軽井沢の別荘も凄すぎます。

こちらの画像は熱海の別荘です。

(画像引用:デーリー新潮

本当に凄いですよね。

こちらの画像は軽井沢の別荘です。

(画像引用:デーリー新潮

自宅だけでなく別荘も豪華すぎますね。

スポンサーリンク

兼重宏行(ビッグモーター元社長)の年収は億超え?

こちらが兼重宏行さんです。

では早速、兼重宏行さんの年収についてご紹介していきたいと思います。

 

兼重宏行の年収(報酬)は億超え?

株式会社ビッグモーターは年収がかなり高いと言われています。

つまり、社長である兼重宏行さんの年収もかなり高いことが予想されます。

一体どのくらいの報酬があるのでしょうか。

兼重宏行さんの年収について調べてみましたが、現在のビッグモーターの役員報酬は公表されていませんでした。

しかし、2015年9月期の役員報酬は公開されていて、その当時の役員報酬の総額は8800万円となっていました。

こちらの画像をご覧下さい。

兼重宏行さんが9870ハナテンの会長をされていた時の役員報酬です。

(画像引用:IRBANK

最低でも、2933万円となるようです。

兼重宏行さんは取締役会長という役職であることから、3000万円以上の役員報酬はあるでしょうね。

これらを合算すると、兼重宏行さんの年収は1億以上と考えられます。

ですが、年収が1億以上というのは2015年当時のものなので、現在はさらなる事業拡大に伴い、売り上げも増加しているので、役員報酬もかなり上がっている可能性が高いと思います。

そのため、現在の兼重宏行さんの年収は2億~3億以上はあるのではないでしょうか?!

ビッグモーター社員の年収は

 

 

(画像引用:ビッグモーター

ビッグモーターは、いくつかの業務内容があります。

その業務内容によって年収は異なるようです。

自動車・建機・自動車部品営業の入社時の想定年収は462万円~5040万円。

ビッグモーター社員の年収例はこちらです。

営業:1758万円(27歳)

営業主任:2005万円(32歳)

店長:3448万円(32歳)

営業本部:4090万円(38歳)

一般事務:300~500万円

※参考:doda

 

スポンサーリンク

兼重宏行(ビッグモーター元社長)のwiki風プロフィールと学歴・経歴

兼重宏行さんのプロフィールと学歴・経歴についてまとめていきたいと思います。

兼重宏行のプロフィール

兼重宏行さんのプロフィールがこちらです。

名前:兼重宏行(かねしげ ひろゆき)

生年月日:1951年9月13日

年齢:71歳(2023年7月現在)

国籍:日本

出身地:山口県岩国市

職業:株式会社ビッグモーターCEO(最高経営責任者)

兼重宏行の学歴

兼重宏行さんの高校や大学などの学歴は公表されていません。

しかし兼重宏行さんは山口県岩国市の出身ですから地元の岩国市の小学校・中学校・高校を卒業されている可能性が高そうです。

・1964年3月→小学校卒業

・1967年3月→中学校卒業

・1970年3月→工業高校卒業(地元岩国の工業高校であれば山口県立岩国工業高等学校の可能性が高そうです。)

兼重宏行さんは大学には進学されていないようです。

兼重宏行の経歴

兼重宏行さんは工業高校卒業後、一時自衛隊に入隊。

同じ頃に友人が働く自動車修理工場にも顔を出すようになり、自動車修理工場を立ち上げます。

兼重宏行さんの主な経歴はこちらです。

・1976年(25歳):「兼重オートセンター」を個人創業

・1978年(27歳):「兼重オートセンター」を法人化、同社の代表取締役社長に就任

・1980年(29歳):「株式会社ビッグモーター」に社名変更

・1995年(34歳):株式会社エム・エー・シーを買収、同社の代表取締役社長に就任

・1996年(35歳):株式会社山口ヤクルト工場を買収、同社の代表取締役社長に就任

・2008年(47歳):株式会社ビッグモーターグループ傘下の株式会社ハナテンの取締役に就任

・2008年(47歳):株式会社ハナテンの取締役会長に就任

・2009年(49歳):有限会社ビッグ九州(100%出資子会社)の取締役に就任

・2010年(50歳):株式会社ビッグアセットの代表取締役社長に就任

・2023年現在(71歳):ビッグモーター代表取締役

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、兼重宏行さんの年収や豪邸の自宅、経歴についてご紹介させていただきました。

噂通り、ご自宅は豪邸でしたね。

これからも兼重宏行さんのご活躍を応援していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
writer3をフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント