榊原信行の経歴徹底まとめ!若い頃(昔)から反社との交流はあったの?

エンタメ
スポンサーリンク

2022年6月19日に行われる『THE MATCH 2022』の生中継を予定していたフジテレビが5月31日、公式サイトで中継中止を発表しました。

フジテレビが『THE MATCH 2022』の生中継を中止した理由は明らかになっておりません。

しかし17年前にもフジテレビはドリームファクトリーワールドワイドの代表取締役社長・RIZIN実行委員長の榊原信行(さかきばら のぶゆき)さんが反社との交流があったとの理由でPRIDEの放送を中止しています。

榊原信行(さかきばら のぶゆき)さんは若い頃(昔)から反社との交流があったのでしょうか?

そんな榊原信行(さかきばら のぶゆき)さんの若い頃からの経歴について徹底的にまとめました。

榊原信行さんの嫁や子供についてはこちらの関連記事をお読み下さい。

【画像】榊原信行に嫁や子供はいるの?年収が億超えって本当?

『THE MATCH 2022』で注目の武尊選手と那須川天心選手のご家族についてはこちらの関連記事をお読み下さい。

【画像】武尊の実家の家族構成は5人!兄弟は姉と妹のみで弟分は富村晃貴!

【画像】那須川天心の家族構成は6人!母・由美子が美人でかわいすぎる!

『THE MATCH 2022』はABEMAのPPVで見る事が出来ます。

すべての作品が見放題【Abemプレミアム】
スポンサーリンク

榊原信行の経歴徹底まとめ!若い頃(昔)から現在まで

格闘技/天心vs武尊】榊原信行氏、"急転直下"フジ地上波撤退は「あまりにもひどい」 実現のために自身の退任も示唆 | SPREAD

こちらの画像は榊原信行さんと左が那須川天心選手そして右が武尊選手です。

榊原信行さんは2022年6月に行われる『THE MATCH 2022』の大会委員を務め那須川天心選手と武尊選手の世紀の一戦を実現させました。

榊原信行さんの若い頃(昔)から現在までの主な経歴はこちらです。

・1987年(24歳):愛知大学卒業

・1987年(24歳):東海テレビ事業(株)に入社

・1999年(36歳):「DSE(ドリーム・ステージ・エンターテインメント)」の常務取締役に就任

・2003年(40歳):「DSE(ドリーム・ステージ・エンターテインメント)」の代表取締役に就任

・2004年(41歳):ドリームステージピクチャーズを設立し社長へ・プロレスイベント「ハッスル」立ち上げ

・2007年(44歳):PRIDEの経営権を譲渡(暴力団幹部との交際疑惑でフジテレビがPRIDEから撤退)

・2007年(44歳):「株式会社沖縄ドリームファクトリー」を設立しプロサッカーチーム「FC琉球」の運営に

・2009年(46歳):「FC琉球」の球団代表に就任

・2009年(46歳)~2016年(53歳):JFL(日本フットボールリーグ)の理事

・2015年(52歳):総合格闘技イベント「RIZIN」を立ち上げ

・2022年(59歳):『THE MATCH 2022』で那須川天心選手と武尊選手の対戦を実現

1987年(24歳):東海テレビ事業(株)に入社

o0394060012853725812

榊原信行さんは愛知大学を卒業後、東海テレビのイベント企画や運営、広告代理店業務などを担当する子会社「東海テレビ事業株式会社」に入社されます。

その時にイベントやコンサートなどのプロデュースを行い、それが現在も良い経験になっているようです。

榊原信行さんは東海テレビ事業株式会社時代の1993年(30歳)の時にKー1の第1回大会を見て衝撃を受けたそうです。

「屈強な男たちが殴り合っている迫力がとてつもなくて、これはすごいと思ったんです。

僕が子どもだった頃、名古屋巡業に来ていたアントニオ猪木さんの練習を直近で見たことがあるのですが、そのときに似たインパクトがありました。

しかも当時のK-1は、イベントの協賛スポンサーとチケット代のみで興行していて、どこもテレビ放送はしていなかった。

そこで僕は知り合いづてに主催者である石井和義館長を紹介していただき、名古屋でK-1を開催できないか直談判させていただいたんです

引用:https://okanechips.mei-kyu.com/the-pioneer/2025/

これが切っ掛けで榊原信行さんは1994年(31歳)に行われたKー1名古屋大会の興行権と放映権を得ることに成功し、Kー1の日本初めてのテレビ放送を実現されました。

榊原信行さんは本当に凄いですね。

その後1997年(34歳)にはプロレスラーの高田延彦と柔術家のヒクソン・グレイシーの異種格闘技戦を実現「PRIDE.1」します。

1999年(36歳):DSEの常務取締役に就任

榊原信行さんは1999年(36歳)の時に「DSE(ドリーム・ステージ・エンターテインメント)」の常務取締役に就任。

その後2003年(40歳)の時にはDSEの代表を務めていた森下直人さんが亡くなった事で榊原信行さんが代表取締役となります。

DSE(ドリーム・ステージ・エンターテインメント)」はこれまでPRIDEを主催してきたKRS(格闘技レボリューション・スピリッツ)が解散したためPRIDEの運営を引き継ぐために、森下直人さんらが設立しました。

こちらの画像は40歳の頃の榊原信行さんです。

PRIDE] 森下社長の社葬に国内外のPRIDE戦士が多数参列

榊原信行さん若い頃はイケメンですね。

榊原信行さんはホイス・グレイシーと桜庭和志の戦いの舞台となった「PRIDE GRANDPRIX 2000」も開催させました。

榊原信行さんは若い頃からプロモーターとして素晴らしい実績を残されています。

こちらの画像は2005年42歳頃の榊原信行さんです。

GBR>ニュース>【PRIDE】12・31 高田統括本部長「イベントとして勝ちにいく」

2007年(44歳):PRIDEの経営権を譲渡

PRIDE】榊原代表が『PRIDE.34』を持って辞任、全権はUFCのオーナーに移行 - eFight【イーファイト】格闘技情報を毎日配信!

(画像引用:イーファイト

榊原信行さんは2006年に後ほど詳しくご紹介いたしますが、反社との交流が週刊誌に報道され、フジテレビがPRIDEの地上波放送から撤退。

その為榊原信行さんはPRIDEをアメリカのUFCを主催するズッファ社に興行権を譲渡しました。

上記の写真はその時の様子です。

その時の事を榊原信行さんはこのように語られています。

「実はそれ以前から買収の話は何度か持ち上がっていて、その度に僕は首を縦に振らなかった。

しかも2006年の10月にロサンゼルスでPRIDEを開催したところ、チケットはソールドアウト。

コンテンツ力の高さが証明されたことで、ズッファ社のオーナーであるロレンゾ・フェティータもなんとかPRIDEを手に入れたいと本気になったのでしょうね。

僕自身はかなり消耗していたし、僕の手を離れてでもPRIDEが継続していくほうが選手やスタッフを守るためにも最善だろうと考え、営業権譲渡契約書にサインすることに躊躇はありませんでした

引用:https://okanechips.mei-kyu.com/the-pioneer/2025/

このように榊原信行さんは選手の事を一番に考えてPRIDEの経営権をズッファ社に譲渡したようですね。

しかし、譲渡後UFC側から契約違反の申し立てがあり訴訟に発展。

結局PRIDEはその後開催される事はありませんでした。

榊原信行さんは契約事項に7年間競技禁止という条項があったため総合格闘技の世界に戻ることが出来ませんでした。

榊原信行さんも無念だったと思います。

2007年(44歳):沖縄ドリームファクトリーを設立し「FC琉球」の運営に

その後榊原信行さんは沖縄初のJリーグクラブチームの創設に関わります。

2007年12月に「株式会社沖縄ドリームファクトリー」を設立し、JFLに所属するプロサッカーチーム「FC琉球」の運営に関わり元日本代表監督のフィリップ・トルシエさんを招聘します。

こちらの画像はフィリップ・トルシエさんとのツーショットです。

NOBUYUKI SAKAKIBARA on Twitter: "今日何年か振りにトルシエ さんに会いました!FC琉球をJリーグに押し上げ、沖縄にJリーグ基準を満たすサッカースタジアムを建設する為に共に奔走した日々を懐かしく思い出しました。相変わらず情熱的に生きる トルシエさんからパワーを ...

榊原信行さんは本当に凄いですよね。

その後2009年(46歳)~2016年(53歳)までJFL(日本フットボールリーグ)の理事を務め、サッカーの普及も精力的に尽くしています。

2015年(52歳):総合格闘技イベント「RIZIN」を立ち上げ

榊原信行さんはやはり格闘技への思いはずっとあったようで、2015年総合格闘技イベント「RIZIN」を立ち上げ2015年の大晦日にフジテレビでの放送を実現させました。

こちらの動画をご覧下さい。

RIZINへの熱い想いを語っています。

榊原信行さんは本当に熱い男ですね。

RIZINの発足のおかげで朝倉兄弟やクレベルコイケ、矢地裕介選手などの素晴らしい選手を表に引き上げてくれました。

【画像】朝倉未来の生い立ちから現在まで!幼少期からの喧嘩伝説がヤバ過ぎる!

【画像】朝倉未来の家族構成は5人!妹が最強と言われる理由は?

【2021】朝倉未来の結婚相手は小倉ゆうか?!馴れ初めから現在までを時系列に紹介

朝倉未来 の年収が10億円近くって本当?YouTubeメンバーの給料も紹介!

【2021】朝倉海と中川翔子は結婚する?馴れ初めから現在までを時系列に紹介!

クレベルコイケが強い3つの理由!ボンサイ柔術とはどんな柔術?

矢地祐介の結婚相手は川口春奈?馴れ初めから現在までを時系列に紹介!

萩原京平の兄弟2人は高校野球児!昔半グレだったはデマ!家族構成まとめ

【画像】RIZINガール2022メンバーのプロフィール徹底まとめ!

2022年(58歳):『THE MATCH 2022』で那須川天心選手と武尊選手の対戦を実現するもフジテレビが放送中止

こちらのTwitterにも書いてあるように2022年5月31日フジテレビが『THE MATCH 2022』の放送中止が発表されました。

本当に突然の発表で17年前のPRIDEの悪夢が甦ります。

榊原信行さんはこちらの動画でフジテレビの放送中止について語られています。

スポンサーリンク

榊原信行の経歴徹底まとめ!若い頃(昔)から反社との交流はあった?

RIZIN】榊原信之代表の反社スキャンダルで黒い噂のあるY氏とX氏は誰? – トレンドログ

こちらの画像は2022年5月20日の週刊ポストの記事です。

こちらには〈天心vs武尊の仕掛け人RIZIN代表・榊原信行氏「反社交際音声」流出トラブル〉という見出しで榊原信行さんが反社と交流したのでは?と報道されました。

こちらの記事に関して榊原信行さんは反社との交際は一切ないと反論されています。

そして若い頃(昔)のPRIDEと暴力団との関わりについても一切付き合いはないと言われています。

つまり榊原信行さんは若い時(昔)から現在に渡って一切反社(暴力団)との交際はないとないようです。

こちらの動画は丸山ゴンザレスさんの裏社会タイムスです。

こちらの動画を見ると格闘技と反社は昔から何かしらの付き合いはあったようで、なかなか難しい問題のようです。

2006年:週刊現代『格闘技とテレビ局と暴力団』特集記事

gendai2006.3.25_001.jpg

PRIDEと暴力団との関わりは2006年に週刊現代から「格闘技とテレビ局と暴力団」という記事が報道されたことから表沙汰となりました。

この時の事を簡単に要約するとこちらになります。

先ず2003年大晦日に日本テレビが中継した『イノキボンバイエ2003』(通称・猪木祭)プロデューサーだった川又誠矢さんの告発から始まります。

・DSEが“派遣”した暴力団X組幹部らに川又氏が執拗に脅されたこと。

・榊原社長がその恫喝の場に同席していたこと

DSEの事実上のオーナーI氏は暴力団X組の企業舎弟で、DSEは暴力団と一心同体であること

・川又さんは、身の危険を感じて2004年1月3日以来、海外逃亡中であること

フジテレビは、PRIDEに暴力団が介在していることを認知しながら、独占中継を続けていること

・日テレも、猪木祭の背後で暴力団が暗躍していることを知りながら、同イベントの主催・中継を強行したこと

参考:https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1842/

このように榊原信行さんというよりはPRIDEを主催するDSE自体が反社で、それを黙認していたフジテレビの関係を週刊現代は報道しました。

しかし榊原信行さんはこの事についてこのように言われています。

「記事の内容がデタラメであることは、僕自身がいちばんよくわかっていましたが、白いものを白いと証明する機会も時間も与えられませんでした。

この事実無根の記事などに惑わされない人も少数はいましたが、一度失った社会的信用を取り戻すことはなかなか簡単なことではありません。

銀行の融資が止まって資金繰りが一気に悪化したことと、本当のことに目を向けず噂だけで離れていく日本人たちの多さに、僕の気力も段々と失われていきました」

引用:https://okanechips.mei-kyu.com/the-pioneer/2025/

このように榊原信行さんは記事自体がデタラメだと言われています。

2022年:反社交際音声流出『週刊ポスト』

こちらの動画をご覧下さい。

こちらが流出したRIZIN 榊原信行 代表「反社交際音声」です。

週刊ポストが報道した記事はこちらです。

「榊原氏はその場で、音声の出所や(私にデータを提供した)情報源をさかんに聞いてきました。

その後、音声データを送ると、榊原氏は記事を止めるなら、500万円を支払うと言ってきたのです。

私ではなく、私の情報源が拡散させることを恐れていた様子でした。

私は500万円を現金で受け取り、情報源にそのまま渡しました」

引用:週刊ポスト

このように榊原信行さんは反社との交流が明らかになる可能性がある音声の流出を防ぐためにX氏に500万円を払い口止めをしたのです。

普通に考えると口止めをしたと言うことは反社と付き合いがある事を認めたことになりますよね?!

榊原信行さんは反社と交際があるから口止め料として500万円を払ったわけではなく、この音声が表に出ると色々な事がややこしくなると考えて500万を支払い、現在は恐喝されたと告訴されています。

週刊ポストの「反社交際音声流出」に登場する人物はこちらです。

・X氏:ジャーナリストで榊原信行さんと知人の音声を入手し500万円を受け取った人物

・Y氏:反社との関わりが疑われているRIZINスタッフ(本人は反社とは繋がりがないと反論)

・榊原信行さんの知人女性:大学時代の同級生でX氏と榊原信行さんを繋げた

そして週刊ポストの記事内容を要約するとこちらになります。

・榊原信行さんに知人とY氏の反社との関わりを認める音声が流出したと知らされる

・その頃は、あるRIZINの選手をめぐってその知人やYさんがトラブルになっていた時期だった。その頃に録音されたものかもしれない。

・Y氏と榊原信行さんは2018年に知り合い、RIZINのスポンサーや権利関係に興味がある人たちを紹介してもらっていた。ただし、お金を払ったことは一度もない。

・Y氏は自分の風評が悪いことを自覚していて、自ら肩書きを持って動く立場ではないというスタンス。

・榊原信行さんは大学の同級生女性の繋がりでジャーナリストX氏を紹介してもらい音声の報道を止めるため500万円支払った。

・しかし、音声は流出し報道される。

・榊原信行さんはX氏に対して刑事告訴を起こした。

・X氏も榊原さんに対して告訴する準備

今回は榊原信行さん自身が反社との繋がりがあるという事ではなくY氏が反社との繋がりがあるのでは無いかと言う報道ですね。

しかしそれが表に出ると面倒になるからX氏に500万円を支払うが、表に流出したからX氏を訴えたという事になりますね。

この事でフジテレビも17年前のこともあり今回は怪しい事には巻き込まれたくないと思い『THE MATCH 2022』の生中継を中止した可能性が高そうです。

こちらの動画ではY氏は安藤陽彦さんではないかと言われています。

実際は本当に何が本当なのかは不明です。

スポンサーリンク

榊原信行のプロフィール

PRIDE設立、売却、そしてRIZIN立ち上げへ。“経営者・榊原 信行”が生きた格闘技ビジネスの栄光、挫折、挑戦の半生|おかねチップス|お金と仕事のTIPSをサクサク検索

榊原信行さんは若い頃から熱い方で情熱は感じます。

プロモーターとしての実力も十分で、今後も素晴らしいマッチメイクをして欲しいですね。

名前:榊原信行(さかきばら のぶゆき)

出身地:愛知県半田市

生年月日:1963年11月18日

年齢:58歳(2022年6月現在)

身長:170㎝前後?

血液型:不明

出身高校:愛知県立半田高等学校(高校時代はサッカー部だったようです。)

出身大学:愛知大学

スポンサーリンク

まとめ

榊原信行の経歴徹底まとめ!若い頃(昔)から反社との交流はあったの?について記事にしました。

榊原信行は若い頃から本当に情熱を持って仕事をされており素敵な方のようです。

反社との関係は実際はどうなのかはわかりませんが、格闘技やプロレスなどはどうしても闇の部分があるのでしょうね?!

スポンサーリンク
エンタメスポーツ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント