PR

白井一行球審の娘はAKBファン?家族構成は4人で年収は1000万円?

スポーツ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

白井一行球審と言えば「あ~い」「アアアアイイイッッッ!!!」などの大声を張り上げるストライクコールで有名ですが、その大声は娘の為に大声を上げているという都市伝説があるそうです。

そんな白井一行球審は大声だけでなく手のポーズも独特でその由来はAKB48からとの事。

白井一行球審の娘さんはAKBのファンなのでしょうか?

白井一行球審の家族構成や年収そして経歴についてまとめてみました。

白井一行球審の炎上騒動についてはこちらの関連記事をお読み下さい。

【動画】白井一行球審はクビ・やめろの声!佐々木朗希を威嚇!評判や誤審まとめ

スポンサーリンク

白井一行球審の家族構成は4人!娘も息子も元気

まんじまる (@strikeout39) / Twitter

白井一行球審が大声で張り上げる独特のストライクコール「あ~い」「アアアアイイイッッッ!!!」は亡くなった娘の為に大声を張り上げていると言う都市伝説がありました。

この都市伝説がいつから始まったのか?

誰が言い出したのかは不明ですが、この都市伝説を白井一行球審は知っていたようで、2022年2月の審判団のキャンプで「娘も息子も元気です。」と話されています。

《ギータもまねる!球界一目立つ「ビッグボイス」》白井審判員はビッグボスならぬ「ビッグボイス」でも知られる。

声量は審判界No・1。

しかも高音で「ストラ~イク!」と絶叫するコールは、ネット上で「アアアアイイイッッッ!」と表記される。

「亡くなった天国の娘へ届けるために大きな声を出している」という都市伝説を、本人は「娘も息子も元気です」と一蹴。

今キャンプでは柳田がブルペンでコールのまねを披露する一幕もあった。

引用:スポニチ

このように白井一行球審の娘さんも息子さんも元気だそうで、大声とは関係ないようですね。

白井一行球審の家族構成は妻・娘・息子さんの4人家族のようです。

白井一行球審の妻や娘・息子さんの年齢は不明ですが2022年4月現在白井一行球審の年齢は44歳ですから子供さんはまだ小学生か中学生くらいではないでしょうか?

娘はAKBファン?

画像

こちらの手のポーズをご覧下さい。

三振を意味する「K」の形だそうです。

この独特の手のポーズはAKB48からの由来とのことです。

画像

こちらの画像に書いてあるように由来はAKB48からのようですが、娘さんがAKB48のファンかと思ったら白井一行球審自身がAKB48のファンだったようです。

切っ掛けはもしかしたら娘さんだったのかも知れませんが。。。

こちらのTweetをご覧下さい。

白井一行球審は大のAKB48のファンのようですね。

こちらのTwitter動画をご覧下さい。

白井一行球審の三振のKポーズは「チームK」のようですね。

自宅はどこ

白井一行球審で検索すると「自宅」と出てきますが当然ながら自宅の住所等は非公開です。

2022年4月24日の佐々木朗希投手への態度でプチ炎上しましたから自宅への誹謗中傷が心配です。

白井一行球審で検索した時に出てくる「自宅」と言うキーワードはどうやら白井一行球審の声が大声過ぎて自宅で真似をしたらクレームが来た~という笑い話のようです。

こちらの動画をご覧下さい。

白井一行球審の叫び声でファンが大笑いします。

こちらの動画は普段見られない白井一行球審です。

白井一行球審はおそらく色々問題はあるようですが根は良い人だと思います。

スポンサーリンク

白井一行球審の経歴とプロフィール|年収は2000万円?

こちらの動画は「アアァァァァァイ!!」特集です。

AKBポーズもしっかり映っています。

経歴

白井一行球審は兵庫県明石市の出身で兵庫県立明石高等学校卒業後、甲賀総合科学専門学校へ進学。

その後1997年2月1日にパシフィック・リーグ審判部に入局。

2000年8月8日のオリックス・ブルーウェーブ(当時)対千葉ロッテマリーンズで初めて一軍戦の審判を務め現在に至ります。

プロ野球の審判になるにはまず「NPBアンパイア・スクール」を受講する必要があります。

その後翌春のプロ野球キャンプに参加し適性が判断され合格すると日本野球機構(NPB)の「育成審判」、もしくは「研修審判」として契約を結びます。

育成審判は、2軍の試合で審判を務めながら1軍昇格を目指します。

白井一行球審は2021年シーズン終了時現在1523試合に出場しオールスターに2回(2007年、2014年)、日本シリーズにも4回(2014年、2016年、2018年、2021年)出場されています。

これまでの表彰はこちらです。

・ウエスタン・リーグ優秀審判員:1回 (2002年)

・審判員奨励賞:2回 (2018年・2019年)

こちらの動画はプロ野球の審判の最終テストの様子です。

厳しいですね。

プロフィール

画像

名前:白井一行(しらい かずゆき)

出身地:兵庫県明石市

生年月日:1977年10月3日

年齢:44歳(2022年4月現在)

学歴:兵庫県立明石高等学校→甲賀総合科学専門学校を卒業後1997年に1997年2月1日にパシフィック・リーグ審判部に入局します。

家族構成:妻・娘・息子の4人家族

年収は1000万円?

プロ野球の審判の給料は最低年俸が1軍は750万円。

2軍が350万円です。

そこに出場手当が付き、球審が34000円、塁審24000円、控え7000円だそうです。

2軍は球審・塁審・控え一律2000円。

まとめますとこちらになります。

最低年俸 出場手当
球審 塁審 控え
1軍審判 750万円 34000円 24000円 7000円
2軍審判 350万円 2000円 2000円 2000円

これらのこと考えると白井一行球審の年収を計算すると1000万円前後ではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

白井一行球審の娘はAKBファン?家族構成は4人で年収は1000万円?について記事にしました。

白井一行球審は色々と問題を起こしていますが本当に素敵な球審だと思います。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
シェアする
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント