【画像】内田有紀の若い頃(昔)がかわいすぎる!デビューから現在までを時系列に紹介!

TV
スポンサーリンク

内田有紀(うちだゆき)さんは、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズなどに出演しており、女優として幅広く活躍しています。

そんな内田有紀さん、かつてはボーイッシュなショートヘアで世を魅了し、アイドル時代から実力派女優への道を進みました。

その中でも特に多忙だったアイドル時代には、ドラマ撮影の際に気を失うというハプニングまであったようです。

また、内田有紀さんは若い頃だけでなく現在もとても綺麗だと話題になっており、奇跡の46歳と呼ばれているほどの美貌を持っています。

今回は、そんな内田有紀さんの芸能界デビューのことや芸能活動のこと、今現在のことまで徹底的にご紹介いたします!

スポンサーリンク

画像】内田有紀の若い頃(昔)がかわいすぎる!

上の写真は若い頃の内田有紀さんになります。

ショートカットが似合う、とてもかわいい女の子ですよね。

内田有紀さんは若い頃、その美貌で『フジテレビビジュアルクイーン』という、年に一度選ばれるアイドルユニットに抜てきされました。

(写真集 ビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー’93

また、内田有紀さんは若い頃だけでなく、アラフィフと言われる今でもとても綺麗であると注目されています。

昔から変わらない美貌で、「奇跡の46歳」と言われている内田有紀さん。

本当にお綺麗で46歳という事実に疑ってしまいますよね。

 内田有紀がデビューしたきっかけ

内田有紀さんが芸能界に入ったきっかけは、母親がモデルにスカウトされたことでした。

内田有紀さんが小学6年生の時、当時32歳の母親がモデルにスカウトされたそうです。

その際に、母親が撮影所に内田有紀さんを一緒に連れていったことがデビューのきっかけになりました。

内田有紀さんは母親に付いていくうちに自身もその道を歩み始め、1989年(当時中学2年生)からはモデル活動を始めています。

Twitterでは、

「母親が32歳でモデルにスカウトされたなんて、どんだけ綺麗な人なんだ」

「内田有紀の母親って子ども産んだあとでもスカウトされるくらい美人なんだ」

など母親に対して驚きの声が寄せられていました。

内田有紀さんはとても美人な方なので、母親も相当綺麗な方なのでしょうね。

ドラマ『その時、ハートは盗まれた』でデビュー:1992年17歳

内田有紀さん(当時17歳)は『その時、ハートは盗まれた』でデビューしました。

ボーイッシュな髪型で、とても凛々しい顔つきですよね。

こちらは1992年11月から12月にかけて放送されたドラマです。

物語のあらすじ

女子高校生が奔放で魅力的な同性にファーストキスを奪われたことをきっかけに、その相手に友情を越えた感情、すなわちレズビアン(もしくはバイセクシュアル)的な思いを抱くという物語である

引用元:Wikipedia

内田有紀さんの役柄

麻生 早紀 -内田有紀 (裕子の同級生)。

大人びた容姿で「性関係が奔放」などの噂を学校で立てられ、女子生徒達からは距離を置かれている。どこか影のある少女。彫刻を学んでいる。

引用元:Wikipedia

「その時、ハートは盗まれた」はボクたちのドラマシリーズで、全5話の構成になります。

ユニチカ1993年 水着キャンペーンモデル選ばれる:1992年17歳

ユニチカは、日本の繊維メーカーです。

その『ユニチカマスコットガール』は先駆的なPR手法として評価されており、多くのタレントや俳優を送り出しています。

その中の『スイムウェアキャンペーンモデル』に1993年、内田有紀さんが選ばれました。

この頃は日焼けした肌が流行っており、内田有紀さんも真っ黒で健康的な肌をしています。

手足の長さが目立つ、とてもスタイルのよい姿に見入ってしまいますよね。

内田有紀さんはこの頃からすごい勢いでトップアイドルへの道を登り詰めていきます。

そして、この頃には芸能界活動に専念するために高校を中退しました。

『時をかける少女』で連続ドラマ初主演:1994年18歳

内田有紀さん主演の『時をかける少女』は、1994年2月~3月にかけて放送されたテレビドラマで、全5話の構成です。

物語のあらすじ

深町一夫や浅倉吾朗とともに過ごす一般的な中学生であったが、理科の実験室で意識を失って以降タイムリープの力を手にする。

当初、その力は偶発的に発揮されていたが、多くの体験の後に自分の意思で行えるようになっていく。タイムリープの原因を探るために、芳山和子は意識を失った理科の実験室へタイムリープする。

引用元:Wikipedia

内田有紀さんの役柄

芳山和子-内田有紀
本作品の主人公で、中学3年生。吾朗からは「やさしくてかわいいけど、少し母性愛過多なんじゃないか?」と評されている
家族として「母」と「妹」の言及はあるが、父の存在は明示されていない。
引用元:Wikipedia

内田有紀さんは、時をかける少女で連続ドラマ化初主演を果たしました。

『TENCAを取ろう! -内田の野望- 』で歌手デビュー:1994年18歳

『TENCAを取ろう! -内田の野望-』は内田有紀さんの1枚目のシングルです。

この楽曲は、内田有紀さんが出演したテレビドラマ『半熟卵』の主題歌になりました。(1994年10月)

(『半熟卵』大場歌南役)

また、このシングルは女性ソロ歌手のデビュー作として、オリコン史上初めての初登場1位を獲得しました。

ドラマ『北の国から 2002遺言』出演後・芸能会引退:2002年26歳

内田有紀さんが出演している『北の国から 2002遺言』は、2002年9月に放送された前編・後編で構成されているテレビドラマです。

物語のあらすじ

・前編

高村結-内田有紀

富良野共同牧場が倒産し、純(吉岡秀隆)と正吉(中沢佳仁)は借金返済のため富良野を離れる。螢(中嶋朋子)は3歳の息子・快(西村成忠)と富良野に留まり、五郎(田中邦衛)は快との時間が唯一の生きがいだった。そんな時、シュウ(宮沢りえ)が五郎を訪ねてくる。一方、純は羅臼でコンビニ店員の結(内田有紀)と出会い魅かれていく。

引用元:webザテレビジョン

内田有紀さんはコンビニ店員の役柄でドラマに出演しました。

吉岡秀隆と結婚:2002年27歳

内田有紀さんは2002年12月に吉岡秀隆(よしおかひでたか)さんと結婚しました。

お2人の結婚は、ドラマ『北の国から 2002遺言』で共演をしたことがきっかけになったようです。

このドラマ内で、内田有紀さん演じる高村結と吉岡秀隆さん演じる黒板純は結ばれるのですが、実生活でも2人が結ばれたため、かなり話題になりました。

二人は撮影の合間にとても親しくなったようで、ロケバスの中で腕を組んでいたというエピソードもあるくらいです。

挙式にはドラマ関係者が多く訪れるなど、多くの人が2人の結婚を祝福しました。

(『北の国から 2002遺言』)

そして、内田有紀さんは結婚を機に専業主婦になり、2002年11月28日をもって芸能界を引退しました。

吉岡秀隆と離婚:2005年30歳

結婚してから3年後、円満であると思われていたお2人から突然離婚が発表されました。

離婚した理由の一つとして、専業主婦の内田有紀さんは家にいる孤独に耐えられなかったのではないかと言われています。

吉岡秀隆さんはドラマ・映画の撮影で忙しく、家を空けることが多くなっていたため寂しさを生んでしまったのかもしれません。

吉岡秀隆さんは当時、「Dr.コトー診療所」の撮影で家を空けることが多かったそうです。

撮影期間は2002年の12月から2005年の12月で、ロケ地が沖縄の与那国島だったということもあり、ほとんど一緒にいる時間がなかったのかもしれません

内田有紀さんは幼少期、両親が離婚し訳あって父親と母親の元を去っています。

そのため、内田有紀さんにとって孤独というのはとても耐え難いものであったのかもしれません

 

ドラマ『誰よりもママを愛す』で女優復帰:2006年30歳

内田有紀さんは2006年に「自分の居場所を見つけたい」という思いで、芸能界に戻って来ました。

『誰よりもママを愛す』で芸能界に復帰し、今も活動しています。

こちらは2006年7月~9月にかけて放送されたテレビドラマで、全11話の構成です。

物語のあらすじ

嘉門家の父親・一豊は専業主夫で、妻で弁護士の千代以外の女性は眼中に無い愛妻家である。

気が強い性格で恋愛体質の長女・雪、美容師で優しいがNOと言えない長男・明、小学生の次男・薫の5人家族で、ミステリアスな隣人・津波こずえもいろいろな形で嘉門家に関わっていく。

引用元:Wikipedia

内田有紀さんの役柄

嘉門 雪演 -内田有紀

口よりも手が早い性格のため、何かのトラブルの度に会社を転々としている。

かなりの二面性を持ち、自宅内での態度は男勝りだが、外で相手を作ると声質まで変わる猫をかぶっている状態になる。

引用元:Wikipedia

ドクターX〜外科医・大門未知子で 城之内博美 役を演じる:2012年36歳

「私、失敗しないので」というセリフは誰もが1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

この『ドクターX〜外科医・大門未知子』は2012年に民放で放送されたドラマの中で最高視聴率である、24.4%をたたき出しました

また、「東京ドラマアウォード2013」連続ドラマ部門では優秀賞に輝くなど、とても大人気なドラマです。

こちらは、2012年10月~12月にかけて放送されたテレビドラマで、全8話の構成です。

物語のあらすじ

帝都医科大学第三病院に雇われた大門は、新人外科医の森本、手術の下手な鳥井教授、腹腔鏡だけは得意な加地と同僚に。

新しく院長になった毒島から、鳥井が処置を諦めたすい臓がんの患者を任され、誰も知らない術式で手術してみせ周囲を驚かせる。

引用元:U-NEXT

内田有紀さんの役柄

城之内博美-内田有紀
凄腕の麻酔科医。帝都医科大学付属第三病院小児外科准教授の元夫・岸田卓也と別れ、シングルマザーで一人娘の舞を育てている。
第1期では帝都医科大学付属第三病院麻酔科に勤務していた。
「患者第一」の未知子に共感していたが「手術はスタッフの協力で成し遂げる物」と信念があり、未知子の自分勝手を嫌っていた。
引用元:Wikipedia

柏原崇との事実婚状態を『A-Studio+』で公表:2022年46歳

2022年10月14日の『A-Studio』の放送で内田有紀さんは、柏原崇さんの名前は伏せてはいるものの、「パートナーでありマネージャーでもある」という関係性を明かしました。

柏原崇との馴れ初めは

内田有紀さんと柏原崇さんは、1995年から放送されたCMの『ロッテ ガーナミルクチョコレート』で恋人役を演じました。

またお2人は2001年1月期放送のドラマ『ビッグウイング』でも共演しました。

その後、内田有紀さんは吉岡秀隆と結婚するも離婚、柏原崇さんは畑野ひろ子さんと結婚するも離婚をしています。

そして、2009年に知人を介してお2人は再開し、交際へ発展したと見られます。

2020年7月には週刊誌『女性自身』によって、柏原崇さんが内田有紀さんのマネージャーを務めていることが判明しました。

(2020年『フライデー』撮影)

柏原崇との結婚は

内田有紀さんと柏原崇さんは事実婚であるということが文春で報道されています。

結婚しない理由としては、

①事務所が反対するから

②2人とも離婚歴あることから、結婚はしなくてもよいという価値観である

ということが挙げられると思うのですが、あくまで憶測ですので理由はお2人にしか分かりません。

スポンサーリンク

【画像】内田有紀のプロフィール

本名:内田 有紀(うちだ ゆき)
生年月日:1975年11月16日
年齢:46歳(2022年11月現在)
身長:165cm
体重:49kg
血液型:O型

内田有紀さんはスタイルもよいということが分かりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は内田有紀さんの芸能界デビューのことや芸能活動のこと、今現在のことまでご紹介いたしました。

内田有紀さんは1度芸能界を離れたものの、復帰し、その美貌と演技力で世を魅了し続けています。

これからもテレビで活躍し続けてほしいですね。

スポンサーリンク
TVエンタメ
スポンサーリンク
writer3をフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント