【画像】安倍洋子(安倍晋三の母)の若い頃が美人!政界のゴッドマザーと言われる理由は?

ニュース
スポンサーリンク

2022年7月8日に亡くなられた安倍晋三元総理の母・安倍洋子(あべ ようこ)さん。

2022年7月現在94歳でいらっしゃいます。

安倍洋子(あべ ようこ)さんは代々政治家の家系を”繋いでいく”ことに力を注がれ、次男・安倍晋三(あべ しんぞう)さんは総理大臣、三男・岸信夫(きし のぶお)さんは防衛大臣になりました。

息子達の選挙活動にも熱心に関わり、安倍家・実家である岸家の”陰の立役者”としても有名ですよね。

同時に、安倍家・岸家の陰の権力者でもあるようです。

「政界のゴッドマザー」といわれるだけのことはありますね。

そんな安倍洋子(あべ ようこ)さんは、若い頃から美人であると評判です。

美人と評判の安倍洋子(あべ ようこ)さんの若い頃から現在までをご紹介します。

「政界のゴッドマザー」といわれている理由についても迫ってみたいと思います!

安倍家の皆さんについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

安倍寛信の家族構成は4人!長男・安倍寛人は慶応大学出身で三菱商事勤務!

【画像】安倍晋三の家族構成まとめ!岸信夫は弟で養子に!家系図が華麗すぎる

【家系図】安倍昭恵の実家の家族構成は4人!父は松崎昭雄は森永製菓4代目社長!

【家系図】岸信夫の家族構成は4人!長男・岸信千世は高身長のイケメン!

スポンサーリンク

【画像】安倍洋子(安倍晋三の母)の若い頃が美人!

(引用元:文集オンライン

画像右から2人目の女性が安倍洋子さんです。

とても美人ですよね。

30歳前後の画像ではないかと思われます。

一番右が父・岸信介(きし のぶすけ)元総理、膝に乗っているのが次男・安倍晋三(あべ しんぞう)元総理、後ろに立っているのが夫・安倍晋太郎(あべ しんたろう)さんです。

安倍洋子の家系図

画像

(画像引用:Twitter

画像は安倍洋子さんの家系図です。

代々政治家、しかも内閣総理大臣が3人もいらっしゃる凄い家系ですね。

安倍洋子さんの父・岸信介さんは第56・57代内閣総理大臣。

叔父・佐藤栄作(さとう えいさく)さん(岸信介さんの弟)は第61・62・63代内閣総理大臣。

次男・安倍晋三さんは第90・96・97・98代内閣総理大臣です。

凄いとしか言いようのない家系ですが、家系図を見る限り、何度も養子縁組がなされており、”家系を繋いでゆく”ということはとても大変なことであると思わされますね。

名前を継ぐだけでなく、「政治家として地盤を引き継ぐ」ということも並大抵のことではないと思います。

安倍洋子は岸信介の長女(プロフィール)

(引用元:日本経済新聞)

画像左は父・岸信介さん、画像右は夫・安倍晋太郎さんです。

岸信介さんの長女である安倍洋子さんのプロフィールを紹介します。

名前:安倍洋子(あべ ようこ)

旧姓:岸洋子(きし ようこ)

生年月日:1928年6月14日

年齢:94歳(2022年7月現在)

出身地:東京府豊多摩郡中野町(現在:東京都中野区中野)

父:岸信介(きし のぶすけ)

兄弟:兄・岸信和(きし のぶかず)

配偶者:安倍晋太郎(あべ しんたろう)

安倍洋子さんには7歳年上の兄・岸信和さんがいます。

岸信和さんは3歳から小児麻痺を患ったため、父・岸信介元総理の秘書官を務めたことはあるものの、政治家にはなっていません。

また、岸信和さんは結婚されたものの子供がいなかったため、安倍洋子さんの三男・岸信夫さんが養子になって岸家を繋いでいます。

安倍洋子さんは長年書道をされていて、とても達筆です。


安倍家の素顔 – 安倍家長男が語る家族の日常

画像は安倍洋子さんの長男・安倍寛信さんが2021年に出版された本「安倍家の素顔」です。

この題字は安倍洋子さんが書かれています。

何度も練習されたそうですが、90歳を過ぎてこれだけの字が書けるなんて、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

安倍洋子の学歴は

(引用元:NEWSポストセブン)

安倍洋子さんは白百合高等女学校を卒業されています。

現在の白百合学園高等学校です。

お嬢様学校としても有名ですが、白百合学園中学校の偏差値は63(2022年現在:中高一貫のため)で、難関校でもあります。

卒業生には女優の木村多江さん、タレントの高田万由子さん、歌手の宇野美佐子さんなどがいます。

安倍洋子さんは大学には行かず、高等女学校を卒業後は実家である岸家の地元山口県に疎開し、山口銀行に就職されていたようです。

安倍洋子の若い頃|安倍晋太郎と結婚:1951年(22歳)

(引用元:Wikipedia

画像右が夫・安倍晋太郎さん、膝の上に座っているのが長男・安倍寛信(あべ ひろのぶ)さん。

画像左が安倍洋子さん、膝の上に座っているのが次男・安倍晋三元総理です。

若い頃の安倍洋子さんはとても美人ですよね。

安倍洋子さんは1950年(21歳)に安倍晋太郎さんとお見合いをします。

当時、安倍晋太郎さんは政治部の記者として毎日新聞社に勤めていました。

翌年1951年5月に2人は結婚します。

結婚後、夫・安倍晋太郎さんは毎日新聞社を退社し、父・岸信介さんの秘書官となります。

安倍洋子の若い頃|3人の子供に恵まれる:1959年(30歳)

写真ニュース】憲政史上最長首相、安倍晋三氏のあゆみを振り返る:朝日新聞デジタル

(画像引用:朝日新聞

画像は安倍洋子ご夫妻と長男・安倍寛信さん(右)、次男・安倍晋三元総理(左)です。

2人には3人の子供がいます。

  • 長男・安倍寛信(あべ ひろのぶ):1952年5月30日生まれ
  • 次男・安倍晋三(あべ しんぞう):1954年9月21日生まれ
  • 三男・岸信夫(きし のぶお):1959年4月1日生まれ

安倍洋子さんは結婚から1年後、23歳で長男・安倍寛信さんを出産されます。

三男・岸信夫さんは生まれる前から男子なら岸家の養子になることが決まっていたそうで、生後すぐ岸家の養子になっています。

安倍晋三元総理は実質2人兄弟として育ったそうです。

岸信夫さんは大学入学時に大学に提出する書類として戸籍を取り寄せた時に初めて自分が養子であることを知ったとか。

安倍家と岸家はずっと交流があったようですが、安倍洋子さんは自分が母であることを隠し、「叔母」として岸信介さんを近くで見守り続けてきたのでしょうね。

「母であることを伝えずにそばで見守る」というのとても難しく、なかなかできる事ではありません。

三男・岸信介さんの幸せを願うと共に、安倍洋子さん自身が、”岸家を繋いでゆく”ということの必然性を子供の頃から感じて育ったののかもしれません。

安倍洋子の若い頃|夫・安倍晋太郎初当選時:1958年(29歳)

写真・図版(2枚目)| 「悲しいまでに凡庸」だった青年が日本政治の頂点に君臨し、この国の姿を変容させるまで 安倍晋三氏のルーツを探る〈dot.〉 | AERA dot. (アエラドット)

(引用元:https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2019041600052_2&image=2

画像は1958年5月22日衆議院選挙で安倍晋太郎さんが初当選された時の安倍晋太郎さん、安倍洋子さん夫妻です。

安倍晋太郎さんは34歳で、自由民主党公認候補新人として山口1区から出馬しました。

この時、山口2区で安倍洋子さんの父・岸信介さん(61歳)、叔父・佐藤栄作さん(57歳)が当選されています。

安倍洋子さんはこの衆議院選挙の前、1953年から父・岸信介さんの選挙応援に参加しており、夫・安倍晋太郎さんの選挙応援も積極的に活動されたと思われます。

以後、息子達の選挙にも関わっていらっしゃいます。

安倍洋子の若い頃|息子・安倍晋三と安倍昭恵の結婚式:1987年(59歳)

(画像引用:Buzz Feed News

画像は1987年6月安倍洋子さんの次男・安倍晋三さん、安倍昭恵さんの結婚式の時のものです。

左から安倍洋子さん、夫・安倍晋太郎さん、媒酌人・福田赳夫(ふくだ たけお)元総理、安倍晋三元総理、安倍昭恵(あべ あきえ)さん、松崎昭雄さん(まつざき あきお)さん、松崎恵美子(まつざき えみこ)さんです。

松崎昭雄さん、松崎恵美子さんは安倍昭恵さんのご両親で、当時、父・松崎昭雄さんは森永製菓株式会社の4代目社長でした。

 

写真特集】安倍晋三氏、華麗なる一族 | デイリー新潮

画像引用:https://dot.asahi.com/wa/2018080200080.html?page=1

画像は左から安倍洋子夫妻、福田赳夫元総理、安倍晋三夫妻です。

結婚した時、安倍晋三元総理32歳、安倍昭恵さん24歳でした。

2人の結婚前、当時90歳になる安倍洋子さんの父・岸信介元総理の体調が良くなかったこともあり、岸信介元総理ご存命中に結婚するように促したのは安倍洋子さんだったとか。

その後8月に岸信介元総理は亡くなったので、安倍晋三元総理の結婚は報告できたようですね。

安倍洋子の若い頃|    2007年(79歳)

写真・図版(2枚目)| アッキーから辞意直後に電話 安倍首相はゴッドマザーの介護も〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット)

(画像引用:AERA

画像は2007年4月14日の「桜を見る会」の時のものです。

左・安倍洋子さん(79歳)、その隣が嫁・安倍昭恵さん(44歳)です。

お二人ともとても美人ですね!

「桜を見る会」とは1952年から2019年まで行われた内閣総理大臣主催の公的行事でした。

その趣旨がこちら

「各界において功績、功労のあった方々を招き日頃の労苦を慰労するため」

(引用元:Wikipedia

桜の名所である新宿御苑で毎年3月下旬から4月の間に開催されていました。

2020年の「桜を見る会」が開催されなかった理由として、当時の菅官房長官は次の様に説明しています。

「長年の慣行で行ってきているものであるが、さまざまなご意見があることを踏まえ、桜を見る会について政府として、招待基準の明確化や招待プロセスの透明化を検討したい。予算や招待人数を含めて全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行うこととし、つきましては来年度の桜を見る会は中止することにしました」

(引用元:HUFFPOST

当時の首相である安倍晋三さんが、2018年の桜を見る会の招待者について、選考に疑問があると指摘を受けていました。

また、招待者が年々増え、予算が高くなっていたことも原因の一つであるようです。

以降、桜を見る会は2022年現在も開催されていません。

画像では仲の良さそうな安倍洋子さんと嫁・安倍昭恵さんですが、世間では色々な噂が多くあります。

安倍昭恵さんは元森永製菓の社長令嬢であり、政治家の妻として結婚してからのご苦労は計り知れません。

政治家家系で育った安倍洋子さんの目に余る行動もあったかもしれませんが、それでも現在は同じマンションの2階・3階に住まれており、食事も一緒にされているとか。

どこの家でも大なり小なり嫁姑問題はあるでしょうから、安倍洋子さんも安倍昭恵さんもそれぞれとても努力されて今の仲があるのではないかと思います。

立場上、何かと注目されやすいので大きく取り上げられ、そういった意味でも大変ですね。

安倍洋子の若い頃|日中文化芸術祭: 2018年(90歳)

安倍首相3選“当確”でゴッドマザーは満面の笑み 気がかりは嫁の昭恵さんだけ…(1/2)〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット)

(引用元:AERA

画像は2018年8月1日、90歳の安倍洋子さんです。

日中文化芸術祭に参加された時のもので、この時も自分でしっかり歩いて会場を回られたそうです。

日中文化芸術祭とは、美術や書道を通して日本と中国の交流を深めるというイベントで、安倍洋子さんはこれまでも書を発表されていました。

(引用元:AERA

こちらはその時のデモンストレーションで書かれたもので、安倍洋子さんは「平」の字を書かれました。

安倍洋子さんは小さいときから書道をされていたようですが、元々岸家は達筆な方が多いとか。

父・岸信介元総理も達筆で有名です。

(引用元:交易財団法人協和協会

こちらは父・岸信介元総理の書です。

現在も安倍洋子さんもは書道を続けられているようです。

安倍洋子の若い頃|転倒して入院: 2019年(91歳)

(引用元:四国新聞社

安倍洋子さんは2019年5月書道教室に行かれた時に転倒し、救急車で運ばれました。

足のケガはひねった程度だったようですが、念のため東大病院に入院されていたようです。

その後5月後半に退院されています。

高齢ということで、些細な事でも大事故になりかねません。

大事に至らず本当に良かったです。

スポンサーリンク

【画像】安倍洋子(安倍晋三の母)の現在|政界のゴッドマザーと言われる理由は?

(引用元:Twitter

画像は2022年、安倍洋子さん94歳のお誕生日を家族でお祝いされた時のものです。

一番左が安倍洋子さんです。

お元気そうに見えますね。

安倍洋子さんが「政界のゴッドマザー」といわれる理由はなぜでしょうか?

安倍洋子さんが熱心に父や夫、息子の選挙活動を支え、当選に導いてきたからだと思われます。

まず、父は「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介元総理、叔父は佐藤栄作元総理。

夫は自由民主党政調会長・自由民主党幹事長を務め、「政界のプリンス」ともいわれた安倍晋太郎さん。

次男・安倍晋三は元総理、三男・岸信介は防衛大臣です。

次男・安倍晋三元総理の初選挙の際は、河原で発声練習をさせたという噂も。

安倍洋子さんの支えあっての安倍家・岸家であるようです。

安倍洋子さんは選挙の応援だけでなく、自由民主党の派閥である清和政策研究会に所属する議員夫人のリーダーも務めていました。

信頼を寄せる人が多く、これも「政界のゴッドマザー」といわれるゆえんでしょう。

最近では高齢のこともあり、表舞台には出ていないようですが、先日の次男・安倍晋三元総理の弔問に訪れた人への香典返しは安倍洋子さんが選んだそうです。

息子を亡くした悲しみは想像を絶するものがありますが、様々な苦難を乗り越え安倍家・岸家を支えてきた安倍洋子さんの矍鑠とした姿が目に浮かびます。

安倍家・岸家を繋ぐことに力を注いでこられた「政界のゴッドマザー」安倍洋子さん。

安倍晋三元総理の後継者が話題になり、先日、安倍昭恵さんはご自身で否定されていましたね。

「政界のゴッドマザー」安倍洋子さんは誰がふさわしいと考えていらっしゃるのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

「昭和の妖怪」岸信介元総理の長女として生まれ、政治家家系である安倍家・岸家を陰で支えてきた安倍洋子さん。

若い頃からとても美人でしたね。

安倍洋子さんの存在無くしては今の安倍家・岸家はなかったほどの実力者でもあるようです。

息子・安倍晋三元総理を亡くしても、悲しんでばかりはいられない立場なのかもしれません。

全ては”血筋を繋ぐため”に努力されてきました。

「政界のゴッドマザー」安倍洋子さんが誰を後継者に選ぶのか、注目が集まっています。

スポンサーリンク
ニュース政治関連
スポンサーリンク
writer2をフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント