クレージージャーニーヨシダナギ本名と経歴は?幻の民族写真撮影!

クレージージャーニー
スポンサーリンク

こんにちは。昨日のクレージージャーニーは見られましたでしょうか?毎回クレージージャーニーはハラハラ・ドキドキでメッチャ面白いのですが、昨日はヨシダナギさんが、モロッコの幻の遊牧民ベルベル民族の撮影でしたが、毎回ヨシダナギさんの放送は素敵です!

 

そんなヨシダナギさんについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

クレージージャーニーって

 

関連画像

独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちがその特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティをお見逃しなく!!独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結し“その人だから話せる”、“その人しか知らない”…
常人離れした体験談を語る!

毎回色々な方が出演されるが、こんなにクレージーな人達がたくさんいる事にビックリ!です!

 

もし番組を知らない人は是非見て欲しいです~♪

 

ヨシダナギ 本名と経歴

ヨシダナギさんの本名と経歴を調べてみました。

 

スクリーンショット_092715_033024_PM

名前:ヨシダナギ nagi yoshida 本名はわかりませんでした。

生年月日:1986年

出生地:東京都

職業:イラストレーター フォトグラファー

趣味:イラスト

幼少期にテレビ番組でマサイ族を見てアフリカ人に憧れを抱くようになったそうです。ヨシダが10歳のときに両親が千葉県に家を買い引っ越すと陰湿ないじめに遭うようになり、それが中学に進学してからも続き、中学2年生のときに不登校になったそうです。

 

こんな話しを聞くと、今不登校で学校に行けない子も希望が見えるような気がします!

 

家で過ごしている間、父が買ってくれたパソコンでインターネットに繋ぎ掲示板に書き込みをしていたところ出版社の人物とメールでやり取りをするようになる。その人物がヨシダのホームページを作ってくれ、そこに創作した物語を書き始めプロフィール用に写真を送ったところ、それがトップページに大きく載った。その写真がネットアイドルランキングで1位になり、芸能事務所から声がかかり、父の後押しもありグラビアアイドルとして活動を始めた。

DMA-nagi_6792

 

このとき両親は離婚しており、もし厳格な母親がいたら活動を許して貰えなかっただろうから、両親が離婚したことは結果的に良かったかも知れないと語っている。

両親の離婚後「この家を出ないとしんどいな」と思い、お金を貯め21歳の時に一人暮らしを始める。それまで自傷行為や自殺未遂を経験し、両親に20歳まで生きられず自殺してしまうのではないかと心配されていたが、一人暮らしをきっかけに性格が変わり自分を追いつめることがなくなった。

 

一般人が思いつかないような行動や考え方をする人って本当に繊細で、傷つきやすいのですが、そんな人達も何か心から興味を持てるモノに出逢ったとき変われるのかも知れませんね!

 

ただ、グラビアアイドルは向いていなかったので引退し、イラストを描いたり写真を撮るようになった。母親からフィリピンに留学する子供たちのサポートの手伝いを頼まれ、一緒にフィリピンに行ったこともあった。 ヨシダにとって初の海外だったフィリピンで撮影した子供たちの写真をブログに載せたところ、褒められたのをきっかけにカメラを片手に東南アジアを回り始める。

 

しかし思ったほどの驚きが得られなかったため、お金を貯めて23歳の時にアフリカに向かった。最初に行ったのはエジプトとエチオピアであった。

 

2012年に初めて少数民族と同じ格好になって撮影を行った。3度目のアフリカ渡航の時で、カメルーンの山岳地帯に暮らすコマ族との撮影であった。コマ族の女性は上半身は裸で、下半身は葉っぱで隠している。このとき、着替えを手伝ってくれた長老の4人の妻たちに反対されながらもパンツも脱いだところ、女性たちは歌いだし、歓喜の舞でヨシダを歓迎した。さらに長老からも潔い女性として気に入られ、「わしの5番目の妻として迎えたい」とプロポーズされた。なお、プロポーズは「来世でお願いします」と言って断った。

「コマ族」の画像検索結果

 

2015年、TBSの紀行バラエティ番組「クレイジージャーニー」で「服を脱ぎ民族と同じ姿になる写真家」として紹介されエチオピアのスリ族との撮影の様子が取り上げられる。以降、同番組に不定期に取り上げられている。

 

2016年3月、スリ族を被写体にした初の写真集『SURI COLLECTION』を発表、日経BP紙にて「次代を作る100人」に選出。

2017年5月、紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』と写真集『SURI COLLECTION』で、第48回講談社出版文化賞の写真賞を受賞。また同年にはカルチャー誌「PEN」が主催する「PEN クリエイター・アワード2017」にフォトグラファーとして選出される。

2018年3月にはエッセイ「ヨシダナギの拾われる力」、4月にはベスト作品集「HEROES」を発表、アフリカのみならずアマゾンなど世界各地で少数民族撮影を行なっている。2018年5月に新宿の紀伊国家書店本店にて期間限定で入口の新刊書コーナーでDVDの写真コラージュ上映と写真展と関連本の販売も含む「ヨシダナギ展」が行われた。

 

このような経歴の彼女。これからもドンドン表に出る機会が増えるのでは無いかと思われます。ただもともと繊細な感覚の持ち主のように思われますので、何処かで何かが壊れてしまうのでは無いかと少し心配な感じもします。

 

ヨシダナギさんの素敵な写真

Page Not Found • Instagram

View this post on Instagram

< 個展: SURI COLLECTION > 本日より渋谷西武で個展"SURI COLLECTION"が始まりましたー!B館8Fのオルタナティブスペースは写真のように、フローリストの山口祥二郎さんがスリ族の暮らす世界をステキな感じに表現して下さいました! そして横の美術画廊では写真集には収録されなかった作品も沢山展示されておりますので、是非オシャレな彼らに会いに来てやって下さいませー! それから、館内は写真撮影大歓迎ですので是非スリ族と一緒に写真を撮ってSNSで彼らのオシャレっぷりを広めてやって頂ければ嬉しゅうございます。 【 ヨシダ在廊日について 】 今のところ、4/27以外はどこかしらの時間帯いる予定です。※28日は16:30以降の在廊予定。 在廊時はtwitter(@nagi_yoshida)にてつぶやく予定なので、よろしければチェックしてやって下さいませ。 #ヨシダナギ #nagiyoshida #スリ族 #suricollection #ファッションモンスター #クレイジージャーニー #スリコレ #suri #アフリカ #民族 #写真展 #スリ族と会場にて、お待ちしております

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

View this post on Instagram

* ≪ ご報告/Notification ≫ * Nagi Yoshida has been selected as one of "The most influential people for Japan 2017." ———————————————— * 日経ビジネス『次代を創る100人』のひとりにヨシダが選出されました!女優の小林聡美さんが紹介文を書いてくださったので、是非、書店などで手にとってご覧いただけたら嬉しゅうございますー! * とりあえず、次代を創れるかどうかは全く自信ありませんが、2017年もアフリカ人と楽しく一緒にやっていけたらいいなーと思っておりますので、温かい目で見守ってやって頂けたら幸いです。 * 明日からそごう神戸店で始まる写真展にも、是非、遊びにきてやってくださいましー! * #ヨシダナギ #nagiyoshida #次代を創る100人 #日経ビジネス #クレイジージャーニー

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

View this post on Instagram

* 【 RED CARD × ヨシダナギ 】 * どうも、こんにちは。 クラウチングスタートが苦手なヨシダです。 * 先日、RED CARD× WWDの「これからの10年、どんな女で生きようか」に出演させて頂きました。素晴らしいメイク(@youca1220)さんとカメラマンさん、スタイリストさん、そして、RED CARDのナイスなデニムのお陰で通常の1.5割り増しのヨシダをつくっていただきましたので、こちらご参照くださいませ。 * 「これからの10年、どんな女で生きようか」 https://www.wwdjapan.com/s/673916 * @redcardtokyo @wwd_jp #REDCARDTOKYO #nagiyoshida #photographer #fashion #denim #ヨシダナギ #10年後まで #退場させられないよう #気をつけます #どうしても前歯は飛び出る

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

 

まとめ

ヨシダナギの本名を調べてみましたが、やはりわかりませんでした。でも彼女の経歴を見て、幼い頃に様々な経験をして今の彼女がある事がよくわかりました。

 

今後も彼女の活躍から目が離せません!

コメント