吉居大和の家族構成は5人!両親も陸上選手で兄弟は双子の弟と吉居駿恭の3人兄弟

スポーツ
スポンサーリンク

中央大学の吉居大和選手は2023年の箱根駅伝2区で区間賞を取り中央大学の総合2位に貢献しました。

弟の吉居駿恭選手も箱根駅伝で4区を走り好走しました。

そんな吉居大和選手・弟の吉居駿恭選手のご両親も陸上選手で双子の弟・吉居大耀選手も中京大学で陸上選手でした。

そんな吉居大和選手のご家族についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

吉居大和(中央大学)の家族構成は5人で陸上一家

(画像引用:https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/12803)

中央大学の吉居大和選手力強いフォームですね。

高校時代インターハイ5000mで日本人トップとなり、全国高校駅伝では仙台育英高校の優勝に喜早駿介選手と共に貢献、これからどれほど伸びていくのか非常に楽しみです。

吉居大和選手のご家族はお父さん、お母さん、双子の弟、そして2歳下の弟の5人家族です。

父:吉居誠・年齢54歳前後

母:吉居美奈子・年齢54歳前後

吉居大和・年齢20歳

双子の弟:吉居大耀・年齢20歳

弟:吉居駿恭 ・年齢19歳

※2023年1月現在

それでは吉居大和選手のご家族についてお一人ずつ紹介していきます。

スポンサーリンク

吉居大和(中央大学)の父・吉居誠は元トヨタ自動車陸上部

画像

(画像引用:Twitter)

こちらの画像は吉居大和選手のお父さんの誠さんのようです。

第3回東三河ジュニアスポーツ勉強会で息子さん達について、今までの親としての関わり方や食事の話や練習量の話などをされたそうです。

吉居大和選手のお父さんの吉居誠さんは、佐賀県鳥栖工業高校出身で、全日本高校駅伝(都大路)にも出場し、その後トヨタ自動車陸上部に所属。

第37回(1986年)男子高校駅伝では7区で、第38回大会(1987年)では1区で走られていました。

第38回大会の時に高校3年生だとしたら1969年生まれ前後なので2023年現在54歳前後の年齢のようです。

お父さんの吉居誠さんはTwitterもされていて息子さんの近況報告もされいました。

こちらは2017年になっていますから吉居大和選手が仙台育英高校時代ですね。

トヨタ自動車陸上部と言えば、東海大学の西田壮志選手と東洋大学の西山和弥選手が2021年からトヨタ自動車陸上部へ入部します。

詳しくはこちらの関連記事をお読みください。

西田荘志(東海大)の進路はトヨタ自動車!就職した理由は服部勇馬の存在?

スポンサーリンク

吉居大和(中央大学)の母・吉居美奈子は全国高校総体出場経験あり

吉居大和選手のお母さんについては、全国高校総体(インターハイ)出場という事と、お名前が吉居美奈子さんという事だけわかっていてその他の情報はありませんでした。

お父さんの吉居誠さんは佐賀出身ですがその後トヨタ自動車陸上部へ入られていますから、トヨタ自動車陸上長距離部の練習拠点は愛知県田原市です。


吉居大和選手の中学校は愛知県田原市立東部中学校ですから、お母さんの出身は愛知県の田原市周辺か名古屋周辺なのではないでしょうか?

詳細がわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

吉居大和(中央大学)の兄弟は双子の弟・吉居大耀と吉居駿介の3人

大学陸上・駅伝 - 男子の仙台育英高が12年ぶり都大路制覇、1年生アンカー吉居駿恭の勝負勘キラリ | 4years. #大学スポーツ

(画像引用:https://4years.asahi.com/article/12989628)

こちらの写真は左がお兄さんの吉居大和選手。右が2歳下の弟・吉居駿介選手です。

吉居大和の双子の弟・吉居大耀(中京大学陸上部)

吉居大和 双子 弟 吉居大輝 似てない

こちらの画像の右側が吉居大和選手の双子の弟・吉居大耀さんで2023年1月現在中京大学陸上部で活躍されています。

こちらのTweetは吉居大和選手のお父さんのTwitter画像です。

3人の息子さん達が映っていますね。

こちらの記事をご覧下さい。

田原東部中時代から全国区で活躍してきた吉居は、ともにトヨタ自動車で実業団ランナーだった両親の影響で、双子の弟・大耀(中京大2年)とともに小学生の頃から走り始めた。

「親と一緒にランニングをするのが好きで、校内のマラソン大会や市の大会などにも少しずつ出るようになっていきました」

2歳下にも弟の駿恭(仙台育英高3宮城)がおり、吉居家はまさに陸上一家。

家族は吉居にとって、「今でもよく連絡し合っていますし、中学の頃の食事も含めて、いろいろな面でサポートしてもらっています。今の自分にかけがえのない存在です」と言い切る。

引用:月陸

吉居大和選手は双子の弟・吉居大耀さんと共に小学生の時から走り始めたようです。

吉居大和の弟・吉居駿介は仙台育英高校陸上部から中央大学へ進学

吉居大和選手の2歳下の弟吉居駿介選手はお兄さんに負けないくらいの成績を残しています。

大学陸上・駅伝 - 男子の仙台育英高が12年ぶり都大路制覇、1年生アンカー吉居駿恭の勝負勘キラリ | 4years. #大学スポーツ

(画像引用:https://4years.asahi.com/article/12989628)

兄弟揃ってイケメンですね。個人的には弟さんの吉居駿介選手の方がイケメン度が高いですね。

名前:吉居駿恭(よしい・しゅんすけ)
生年月日:2003年4月8日生まれ
出生地:愛知県田原市
身長:168cm
体重:54kg
年齢:19歳(2023年1月現在)
出身小学校:田原市立大草小学校
出身中学校:田原市立東部中学校
主な実績:全国中学大会男子1500m優勝
競技歴:小学校5年生から田原市陸上クラブで陸上を始める(約5年)

吉居駿介選手は仙台育英高校2年生で卒業後はやはりお兄さんの吉居大和選手と同じ中央大学へ進学しました。

こちらが吉居駿介選手のインタビュー動画です。

そしてこちらの動画は中学3年生の2018年に出場したジュニアオリンピックの映像です。

3分44秒にゴールシーンがみられます。

本当にお兄さんの吉居大和選手に負けない成績とイケメンぶりです。

こちらの写真はジュニアオリンピックに兄弟で出る前の様子ですが、

右が吉居大和選手(中学3年生時)で左が吉居駿介選手(中学1年生時)です。

夢は世界を舞台に活躍を | 東日新聞

(画像引用:https://www.tonichi.net/news/index.php?id=56069)

本当に2人共イケメンすぎますよね。

スポンサーリンク

吉居大和(中央大学)のプロフィール

中央大・吉居大和のラスト400m|EKIDEN News|note

(画像引用:https://note.com/ekiden_news/n/n9db387a7f5e3)

吉居大和選手本当に力強さを感じますね。

プロフィールをご紹介いたします。

名前:吉居大和(よしい やまと)

生年月日:2002年2月14日

年齢:20歳(2023年1月現在)

身長:168㎝

体重:50㎏

血液型:B型

出身中学・高校:田原東部中・仙台育英高校

5000mタイム:13分40秒4

10000mタイム:28分35秒65

好きな女性芸能人:小松菜奈

 

スポンサーリンク

吉居大和の中央大学での成績

吉居大和選手は本当にダイナミックな走り方で2020年の7月に行われたホクレン・ディスタンスチャレンジシリーズ5000mで深川大会では13分38秒79、千歳大会ではU20日本記録の13分28秒31と衝撃的な記録を出しました。

日本インカレ5000mでは1年生ながら優勝

こちらの動画はその時の様子です。

13分50秒辺りからのラストスパートを見てください。

本当に力強いです。

箱根駅伝予選会でも同級生の三浦龍司選手には負けますが、1時間1分47秒の好タイムを出します。

三浦龍司選手についてはこちらの関連記事をお読みください。

三浦龍司の中学・高校時代の成績は?順天堂大学進学の理由は憧れの先輩?

こちらの動画は第97回箱根駅伝2021予選会の様子です。

2分8秒からの様子を見てください。まず三浦龍司選手がゴールし、その後に吉居大和選手が続きます。

三浦龍司選手凄いですが、吉居大和選手も頑張りました。

こちらの動画は吉居大和選手の経歴やランニングフォームについて解説されています。

この方が言うには吉居大和選手は大迫選手に似ているといわれています。

9分43秒からランニングフォームについての解説があります。

本当に凄い走りです。

スポンサーリンク

まとめ

吉居大和の家族構成は5人!両親も陸上選手で兄弟は双子の弟と吉居駿恭の3人兄弟について記事にしました。

今後の吉居大和選手・吉居駿恭選手の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント