【画像】鍵山優真の母はスケーター?両親の離婚の原因は?『家族構成まとめ』

スポーツ
スポンサーリンク

北京オリンピックで見事に銀メダルを獲得した鍵山優真選手。

本当に素晴らしい演技でした。

何よりもあの笑顔に癒されます。

そんな鍵山優真選手は父子家庭で育ちますがお母さんはどのような方だったのでしょうか?

鍵山優真選手のお父さん・鍵山正和さんは離婚歴が2回あるとの事で複雑な家庭環境だったのかと想像しますが、鍵山優真選手の笑顔を見るとそんなことを微塵も感じません。

鍵山優真選手のお母さんについて2022年2月現在わかっていることについてまとめてみました。

鍵山優真選手について詳しく知りたい方はこちらの関連記事をお読み下さい。

【画像】鍵山優真がかわいい画像を幼少期から現在まで時系列に紹介!

【画像】鍵山優真の父・鍵山正和の若い頃がイケメン過ぎる!モテすぎて離婚歴が2回?

【海外の反応】鍵山優真の演技に絶讃の声!振付師はローリー・ニコル!

スポンサーリンク

【画像】鍵山優真の母はスケーター?

画像

こちらの画像の右側は鍵山優真選手のお母さんでは無く、振付師&コーチの佐藤操先生です。

鍵山優真選手のお母さんについての情報は全くありません。

しかし鍵山優真選手のお父さん・鍵山正和さんが離婚歴が2回あることが週刊文春の記事で明らかになりました。

“天才ジャンパー”だった正和さん

この一件など、酒での失敗が祟り、フィギュア界ではその輝かしい経歴に見合わない“傍流”に追いやられてしまったという。「私生活では二度の離婚を経験。コーチとして日本各地のリンクを転々としながら、男手一つで優真くんを育て上げたのです」(同前)

引用:週刊文春

つまり鍵山優真選手のお母さんはお父さん・鍵山正和さんの初めの結婚相手の子供さんなのか?

それとも2人目の結婚相手の方なのかも不明です。

両親が離婚したのはいつ

先ずお父さんの鍵山正和さんの現役引退後からの経歴を見ていきます。

・1991年(20歳)~1993年(22歳):全日本選手権で3年連続優勝

・1992年(21歳):アルベールオリンピック13位

・1994年(23歳):リレハンメルオリンピック12位

・1994年(23歳)~2005年(34歳):プリンスアイスワールドでプロ活動

・2003年5月5日:鍵山優真誕生・父・鍵山正和32歳

・2005年(34歳)~2010年(39歳): 富山スケートセンター専属インストラクター

・2011年(40歳)~2016年(45歳): 風越公園アイスアリーナ専属インストラクター

・2016年(45歳):横浜銀行アイスアリーナ専属インストラクター

・2018年(47歳):脳出血で倒れる

鍵山優真選手が生まれたのは2003年で、その時はお父さんの鍵山正和さんはプリンスアイスワールドに所属しアイスショーを公演するために全国各地を飛び回っていたと思われます。

鍵山優真選手のお母さんはもしかするとプリンスアイスワールドに所属していた女子スケーターの可能性がありそうです。(もしくは鍵山正和さんのファンの方)

こちらの画像をご覧下さい。

こちらに鍵山優真選手が6歳の時に父と姉を追いかけていたと書かれています。

つまりつまり鍵山優真選手が6歳の時にはお姉さんもいたという事ですからお母さんも一緒に住んでいた可能性があります。

その後2011年に軽井沢の風越公園アイスアリーナのインストラクターになられていますから、お母さんとお父さんが離婚されたのは軽井沢に引っ越された2011年前後の可能性が高そうです。

富山県に引っ越しされたのはもしかしたら鍵山優真選手のお母さんの実家は富山県の方だったのかも知れません。

両親の離婚の原因は

鍵山優真選手のお母さんとお父さんが離婚した原因についてはハッキリとわかっておりません。

ただ週刊文春にこのような記事が書かれていました。

実は父子には、人知れぬ苦労があった。

日本スケート連盟の関係者が明かす。

正和さんは普段は穏やかなんですが、若い頃は酒を飲むと人格が変わり、周囲との揉め事が絶えなかった。

今でも語り草となっているのが、リレハンメル五輪の帰路での“事件”。

酔っ払った正和さんが、フィギュア日本代表の杉田秀男監督(当時)に『うるせえ!』と殴りかかってしまい、清水宏保さんら他競技の選手が総出で止めに入る大騒動になりました」

引用:週刊文春

このように鍵山優真選手のお父さん・鍵山正和さんは酒癖が悪く、酔っ払うと手に負えなかったようですね。

脳出血で倒れたのも、もしかすると普段からお酒を飲み過ぎていたのかも知れません。

そして安藤美姫さんもこのように言われています。

「でも今のフィギュアスケート界はカメラがいるのが当たり前、見られる、注目されるのが当たり前という環境の中で彼(鍵山)は成長している。

本当に素直で本当にかわいいんですよ。

本当にピュア。

お父さん(正和さん)は名古屋出身のオリンピアンで結構怖い。

厳しい、あの時代のいかついアスリートみたいな方。

(親子は)真逆かなとは思います。

それがすばらしい子に育って。」

引用:東京スポーツ

このように安藤美姫さんもお父さんは厳しくて怖い人だと言われています。

お母さんとお父さんが離婚した理由はお酒がらみの何かがあったのかもしれませんね。

お母さんはどんな人

以上のことを考えますと鍵山優真選手のお母さんはこのような方だったのでは無いでしょうか?

・お父さんと違ってピュアーで優しい人

・元フィギュアスケート選手?

・富山県人?

今の鍵山優真選手の天真爛漫な笑顔はおそらくお母さん譲りのような気がします。

スポンサーリンク

【画像】鍵山優真の家族構成|父も母子家庭で祖母が母親代わり

画像

多くの場合離婚したときに子供の親権を持つのはお母さんが多いと思うのですが、なぜかお父さんが鍵山優真選手を育てここまで成長させました。

おそらく鍵山優真選手のお父さんは息子のスケートのセンスを見て、この子を絶対にオリンピックに出られるように育てようと思い話し合って鍵山優真選手の親権をお父さんが持ったのではないでしょうか?

それでお父さんは家事もこなし、仕事もこなし、息子のスケートのコーチをして苦労されたのではないでしょうか?

実はお父さん自身も母子家庭で育ったようです。

父も母子家庭で育つ

普通の少年」が北京五輪へ 鍵山優真、おばあちゃんも驚いた急成長 - 2022北京オリンピック:朝日新聞デジタル

こちらの画像は鍵山正和さんのお母さん(鍵山優真選手の祖母)の平川佐治子さんです。

平川佐治子さんも離婚歴があり、大変な思いをして鍵山正和さんを育てたようです。

正和さんがフィギュアスケートを始めたのは小学2年の頃だった。

きっかけは佐治子さんが連れて行った名古屋市内のスケート教室だ。

「私がすごくスケートが好きで、やってみたんです。そしたら、こんなに面白いスポーツはないと思って」

正和さんよりも、佐治子さんがのめり込んで一緒に教室に通った。

 先生に「この子はいいかもしれない」と正和さんを褒められて、個人レッスンを受けさせ始めた。月謝は3万円。

「お金がかかるなあ」

 「普通は月謝って4千円とか5千円だと思うじゃないですか。え、こんなにかかるんだって驚きました」

 当時はシングルマザー。

月謝は母に援助してもらった。

衣装は母が縫い、スパンコールを佐治子さんがつけた。

「夜中に一人で作業。それが結構楽しかったんですよ」

正和さんは力を伸ばし、小学校高学年の時には全国大会でも実績を残すようになった。「あ、この子はいけるなと思って、絶対オリンピックに出すんだって思っていました」

引用:朝日新聞

当時はシングルマザーという事ですから現在は再婚されてお名前が平川に変わったのでしょうね。

お父さんの鍵山正和さん自身も母子家庭で育ち、自分自身も父子家庭で鍵山優真選手を育てるって本当に複雑な関係性です。

祖母の平川佐治子さんは息子の鍵山正和さんが脳出血で入院したときは、鍵山優真選手の世話をするために実家の名古屋と横浜を往復していたそうです。

つまり祖母の平川佐治子さんは鍵山優真選手にとっては第2の母ですね。

そしてその当時は振付師の佐藤操さんにもお世話になっていたと思われます。

父の初婚はいつ

 鍵山優真の父 鍵山正和 

こちらの画像の左手薬指を見てください。

指輪をされています。

こちらの画像は1994年(23歳)リレハンメルオリンピックに出場した時の画像です。

鍵山優真選手のお父さん・鍵山正和さんの初めの結婚は鍵山優真選手が生まれる前だった可能性が高そうです。

まだ20代前半で結婚し直ぐに別れたのではないでしょうか?

本当に鍵山優真選手は複雑な家庭環境の中で育ちながら純粋で天真爛漫な子に育ったモノです。

おそらく鍵山優真選手のお母さんの影響がありそうですね。

祖母・平川佐治子が母親代わり

写真】鍵山の過去の衣装を手にする祖母・平山さん:中日スポーツ・東京中日スポーツ

こちらの画像は祖母の平川佐治子さんですが大切に息子(鍵山正和)さんの衣装を保存されています。

祖母の平川佐治子さんは息子の鍵山正和さんが2018年に脳出血で倒れたときに鍵山優真選手の母親になることを覚悟したそうです。

3人の生活が劇的に変わったのが18年6月だった。

正和氏が指導先の中京大で倒れ、愛知県内の病院に救急搬送された。

脳出血だった。

当時の鍵山父子は横浜市で2人暮らし。

優真は初の国際大会となるアジア杯を控えていた。

佐治子さんは“母親”になる覚悟を決めた。

横浜に住み込み、優真の生活をサポートした。

「大変でした。パスポートを取って上げたり、お見舞いに行ったり」。

朝4時に起こして早朝練習へ送り出し、隔日で愛知の病院に日帰りで通った。

週1回ほど優真も病院へ同伴した。

「お互いに会いたがっていて。正和は優真の顔を見ると元気になったんです」。

その生活が5カ月ほど続き、退院した日に「寂しくなかったの?」と15歳の優真に聞いた。

「何で、いま聞くの?」-。

中学3年生は我慢していた。

「涙が出ました」と佐治子さん。

支えて上げたい。

現在、進学を希望する中京大に拠点を移した孫と息子を再び名古屋市内で世話する日々だ。

引用:日刊スポーツ

本当に祖母の平川佐治子さんは鍵山優真選手の母親代わりとして頑張られたようです。

鍵山優真の兄弟は

16歳鍵山優真、大躍進3位に米名物記者が賛辞「彼は本物だ」「ポテンシャル無限大」 | THE ANSWER

こちらの画像は羽生結弦選手とのツーショットですが羽生結弦選手からすると鍵山優真選手はかわいい弟みたいな感じですね。

鍵山優真選手のご兄弟は姉と弟がいるという情報がありますがお姉さんについては確認しましたが、弟さんについては全く情報がありません。

弟さんについての情報は新たにわかり次第追記したいと思います。

鍵山優真選手の家族構成は父・祖母・鍵山優真の3人で離婚されたお母さんと姉がいることだけは確認されています。

スポンサーリンク

まとめ

【画像】鍵山優真の母はどんな人?両親の離婚の原因は?『家族構成まとめ』について記事にしました。

おそらく絶対に表には出ないでしょうが鍵山優真選手のお母さんも北京オリンピックでの銀メダルは何処かで喜んでいるでしょうね。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント