PR

『silent』6話考察・感想まとめ!青いハンドバッグと奈々(夏帆)の演技力に泣いた!

TV
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2022年10月6日から放送開始された川口春奈さん主演のドラマsilent(サイレント)。

本当に泣けますね!

青葉紬(あおば つむぎ)を演じる川口春奈さんと高校時代に恋人だった若年発症型両側性感音難聴を患い耳が聞こえなくなった佐倉想(さくら そう)を演じる目黒連さん。

2人の関係性の中に今彼の戸川湊斗(とがわ みなと)を演じる鈴鹿央士(すずかおうじ)の揺れ動く様々な葛藤がつらくて泣けますね~。

そんなストーリの中に様々な伏線やキーポイントになるちょっとした会話が、様々な考察を生み出し本当に面白いドラマです。

そんなドラマsilent(サイレント)第6話までの考察や感想をまとめてみました。

そして結末の予想についてもご紹介します。

(ネタバレも含みますのでまだ全話を見ていない方は、ご注意下さい。)

ドラマsilentの第1話から7話までについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

【ドラマsilent】第1話~最終話まで考察・感想まとめ!結末・最終回予想も『ネタバレあり』

ドラマ『silent』5話考察・感想まとめ!春男先生と想のお母さんの闇とは?桃野奈々はどうなる?

『silent』7話考察・感想まとめ!佐倉想が話さない理由は?!『ネタバレあり』

脚本家の生方美玖(うぶかた みく)さんや目黒蓮さんの演技力、川口春奈さんについてはこちらの関連記事をお読み下さい。

生方美久(silent脚本) 出身高校はどこ?学歴や経歴徹底まとめ!

目黒蓮の演技力は上手い・下手?ドラマ別に視聴者の声をまとめてみた!

矢地祐介の結婚相手は川口春奈?馴れ初めから現在までを時系列に紹介!

川口春奈の妊娠・出産はいつ?結婚相手の旦那候補・矢地裕介との入籍はいつ?

silent シナリオブック 完全版

スポンサーリンク

ドラマ『silent』6話考察・感想まとめ!『ネタバレあり』

こちらはドラマsilent第6話の考察動画です。

こちらの動画で言われていることは主にこのような事でした。

第6話では手話が増えて聴者は字幕を見ないと理解できないようになっています。

このドラマsilentは音がないので皿洗いしながら見るでは理解することが出来ず、真剣に観ていないと理解できません。

第7話の予告もほぼほぼ手話になっています。

しかし、手話が増えていることに気づかない視聴者が多かった。

silentを毎話見ることで聞こえない世界に留学しているのではないかと脚本家は主張しているのではないか?!

silentはただの感想で終わらせてくれず、毎回考えさせられます。

silent5話まで聴者側の目線で描かれていましたが、6話からろう者の目線になりました。

普通であれば奈々さんの目線で見た時、他の主人公が嫌いになってしまいます。

視聴者は奈々さんが腕時計の振動で起きるシーンでこのシーンが夢であったことが理解できます。

奈々さんは夢の中の行動は手をつなぐ、ハンドバックを使うは手話を使うためすることが出来ません。

聴者なら当たり前にできることがろう者の奈々さんには夢で見るほど難しい、そのことに切なさを感じます。

奈々さんが想君を好きなことは明文化されていないのに視聴者はわかっています。

このドラマは一人一人が自分を愛して生きていければよいと主張しているのではないか?!

通常の恋愛ドラマは結ばれた2人以外は屍のような存在になってしまいます。

しかし、silentでは主人公全員にをスポットを当てています。

そのため、このドラマのカテゴリーはラブストーリーではありませんと考察されています。

ドラマsilent第6話:感想まとめ

実際の聾唖者の方の声は重たいですね。

普通に耳が聞こえる者にとってはわからない世界です。

紬と想がカップルのような関係になってきてホッとするようなシーンが前半はありました。

後半は想のことが好きなろう者奈々さんがフォーカスされ聴者なら当たり前のことを夢にまで見て涙を流すシーンにただただ切なかったです。

ドラマsilent第6話は、そんなストーリーでした。

こちらは、第6話をアンケートしたモノです。

・30代女性:耳が聞こえない人の気持ちを初めて考えることができました。好きな人の声が聞けないなんて、どんなに辛いだろうと思うと涙が止まりませんでした。

・40代女性:生まれながらにして聾唖者である奈々の心の葛藤が丁寧で繊細に描かれており、切なく、心が抉られる想いでした。涙なしには観られませんでした。

・20代女性:個人的に、奈々さんの性格が癪に障って仕方がありません。想くんに対していつも押し付けがましいのが残念でした。

・10代男性:夏帆さん演じる、桃野奈々とつむぎとそうが複雑な関係となり、その中での涙ありのストーリーが今後どのような展開になるのか気になりました。

・30代女性:今回は、とくに今まで描かれていなかった桃野奈々と想の関係性が分かる内容で、2人がどういう出会いをし、過ごしてきたか理解することができました。胸が熱くなるシーンがたくさんあり、物語に引き込まれました。

・30代女性:奈々は初めて想に出会った日、自分は幸せだと言っていたけれど、見終わった頃には、やっぱり聾者特有の悩みはあるものなのだなと感じました。それが、片手でハンドバッグを持って、反対側の手で好きな人と手を繋ぎ、普通に会話をするという奈々が見た夢によく表れていると思いました。想と紬に上手くいって欲しいけれど、奈々の悲しむ姿も見たくないです。

・30代女性:一番印象的だったのは、奈々と紬が話すシーンです。
紬は、奈々に聞かれて、想から手話を教わるっていることを言ってしまうのですが、隠すべきだったと思います。
つむぎは悪気はないのですが、奈々と想の2人には手話が大切ものであることは想像がつくはずなので、「想から手話を教わっていること」だけでも言わないでおけば、奈々があそこまで傷つくことはなかったと感じました。

・40代女性:誰を主人公としてスポットを当てているのかわからず、少し戸惑いながら見ていました。
耳が聞こえない人たちの回だったので、なおさらちゃんと見てないと今どんな状況?とついていけなくなりました

・30代女性:最初から最後まで号泣でした。私にも息子がいるから佐倉君の家族の気持ちになり切なくなったり、菜々ちゃんの気持ちになって切なくなり、最後の青いハンドバッグはろう者の方は手話をするからハンドバッグは持てないって事なんでしょうか!?

・40代女性:想のエピソードから始まったところが、このドラマのすごいところです。紬目線だけではなく、主要人物すべての関わりが丁寧に描かれています。今後、奈々も交えた展開になりそうですが世界観は変わらないままでラストを迎えてくれることと、期待しています。

・20代女性:想にとっては、スポーツ推薦で入った大学で徐々に落ちていく聴力とともに、それまでの人間関係を断ってしまったときにできた初めての友達が奈々だったということもあり、精神的な支えであったことには違いないと思う一方で、奈々に抱くのはあくまでろう者の友達として大切な人という位置づけであったのにも関わらず、奈々にとっては違う風に感じられていたのだと思う。仲はいいけれど男女の仲には発展しないというある意味いい状態を保ってきた関係が、紬の出現によって壊されたと被害者意識を持ち、二人をくっつけまいとする言動は、共感できる一方であまりにも感情的では?という疑問を残した気がする。

・30代女性:いつも穏やかだで優しかった奈々が、想を思う気持ちによって、嫉妬に駆られたり、苛立ったりする姿がいじらしく、切なかった。紬が奈々の前に現れたことによって、今までもし自分の耳が聞こえたらという、もしもの世界の映像が、残酷で切なかった。

 

ドラマsilent第6話:考察・伏線回収

ドラマsilent第3話で話題になったのは「青いハンドバックの意味は」「手をつないでデートをするのは普通ではない」「プレゼントの使いまわし」でした。

青いハンドバッグの意味は

奈々の夢の中で青い小さなハンドバックを持っているのが度々映ります。

実際は奈々は想と一緒にいるときは手話をするため両手が空くリュックサックを使用しなくてはいけません

聴者なら当たり前のように使うことが出来るハンドバックを奈々は夢で見るまで使いたいのに使うことが出来ない現実に視聴者は涙してしまいます。

手を繋いでデートするって普通ではない

青いハンドバックと同様に奈々と想がデートする際のコミュニケーションの方法は手話なので手をつないで奈々と想がデートすることはできません。

これもまた切ない、、、、

プレゼントの使い回し

紬が想から手話を教えてもらったことを知った奈々は想に手話を教えたのは私であり、プレゼントを使いまわしにされているようで気分が悪いと紬に伝えました。

奈々からすれば紬が想の近くにいなかった8年間想と楽しく過ごしていたのにもかかわらず、いきなり現れて想と楽しそうに手話をしていることに耐えられなかったのでしょう。

奈々は手話は想と奈々だけのコミュニケーション手段だと考えていました。

しかし、想が紬に手話を教えてしまったことで手話が奈々と想だけのものではなくなってしまった、、、

奈々には喪失感も覚える出来事だったのでしょう。

スポンサーリンク

ドラマ『silent』6話|桃野奈々(夏帆)の演技力に泣いた

夏帆演じる奈々さんの演技力が高すぎて切なさで涙が止まりませんでした。

こちらは桃野奈々(夏帆)の演技力について上手いと思いますか?下手だと思いますか?についてアンケートしたモノです。

・40代女性:素晴らしい演技力だと思います。今回は紬に対して、手話で訴えかけるシーン、そして想と遭遇して電話を耳にあてるシーンは圧巻で涙が止まりませんでした。
・30代女性:上手いです。素晴らしい演技力だと思います。聾唖者で手話でコミュニケーションを取らなくてはいけない難しい役どころを実に繊細に演じていると思います。
・20代女性:率直に下手だとは一度と思ったことはありません。言葉を発さなくても感情がこちらに伝わってくるからです。
・10代男性:上手だと思います。実際には耳が聞こえているにも関わらず、演技を見ていると本当に難聴者の方であると言われてもわからないくらい、自然な演技だと思います。
・30代女性:私は、上手だと思います。とてもろう者の方の特徴をとらえた演技をされていて、夏帆さんが、本当は、聴者だと分からないくらいくらいの演技の幅に魅了されています。また、涙を流す時も、私まで泣いてしまうくらい演技が上手だと思いました。
・20代女性:夏帆さんの演技はとてもお上手だと思いました。紬を呼び出して食事をする時の奈々が切なかったです。奈々にとって、大好きな想の声を聴くことが憧れで、蒼のハンドルバックを持ちながら普通にデートしたいんだなと感じて泣けました。
・50代女性:手話は、上手だし、質問するときに顔だけで聞いてくるところが、ろう者のの人の表情と似ているなと感じました。
夏帆の実年齢は31歳なのに、奈々は想、紬と同世代に見えます。きっと演技で、年を若く見せているのだと思います。
・20代女性:1話から手話やその時の表情が本物のろう者のようで、上手いと思っていましたが、今回の想に嫌味を言うときの表情や、紬と会ったときの苦しい表情、電話を耳に当てながら泣くシーンでとても引き込まれて、凄い演技力だなと思いました。
・30代女性:うまいと思いました。
声で感情を表現できないので、手の動かし方や表情で、感情をわかりやすく表現していてちゃんと伝わる演技ができるってさすがだな…と感心してしまいました
・50代女性:今回で、初めて奈々という人物にふれることができ、展開に驚きました。今までは「よい人」という印象でしたが、彼女の過去の体験から背負ってきたこらえて過ごしてきた人間性も見れ、夏帆さんの演技力だと感心しました。
・40代女性:上手いと思う。特に、普段から手話を使いながら表情豊かに思っていることを表現する奈々が、関係をハッキリさせようと想に呼び出されたお店で、これから聞きたくないことを言われるのだと察し、話をしようとする想に気づかないフリをしてメニューを見たり、ろう者と聴者の間には厚い壁があることを強く伝えるあの演技は、感情を押し殺しながら爆発するという相反する気持ちをを上手く表現できていたと思う
・40代女性:演技が上手いと思う。
耳が聞こえなくなりかけている想に戸惑いながら話しかける姿や、言葉を発せず、手話で演技する姿、目の表情、顔の表情だけで奈々の気持ちが、見ている者に伝わってくる。

 

スポンサーリンク

ドラマ『silent』6話|佐倉想(目黒蓮)の演技力の評判は

奈々から想と紬が不釣り合いだという事を言われ言葉を使わず、落胆した表情を浮かべる演技がすごいと思いました。

こちらは 佐倉想(目黒蓮)の演技力について上手いと思いますか?下手だと思いますか?についてアンケートしたモノです。

・30代女性:上手いと思います。手話でこんなにも感情をのせられるのがすごいと思います。切ない表情もリアルでついつい見入ってしまいます

・40代女性:上手いです。素晴らしい演技力だと思います。元は聴者であり中途聾唖者である想の葛藤や、紬や湊斗との関係性における心の機微を丁寧に演じていると思います。

・20代女性:大袈裟でもなんでもなく上手い部類に属していると思われます。喋り有り無し、いずれも引き込まれるからです。

・10代男性:昔はきこえていたため、耳が聞こえているときと聞こえていないときの手話での会話を表情も含め、はっきりと使い分けられることがすごいと思いました。

・40代女性:うまいと思います。聴力を無くし、今まで話していた言葉が聞こえなくなった時の切なそうな顔が目に焼きつきました。

・50代女性:まだ上手いと思った事が無いんですが、今どきの男の子のひょうひょうとした感じのキャラだと思えばこんなもんかなとも思っています。

・40代女性:上手いと思います。聴者でも聾者でもない自分との葛藤を上手く表現していると思うからです。好きな人といる時、大切な友人と一緒にいる時、家族といる時と、少しずつ表情や雰囲気が異なっていて、すごいと思います。

・30代女性:上手いです。1話の最後のシーンが一番印象に残っています。手話をするシーンも表現できているし、過去のシーンも普通に見ていてキュンとさせられたりしていたので、とても表現力のある演技をしていると思いました。

・30代女性:目黒蓮は、テレビやYouTubeでは目がなくなるようなニコニコした感じの笑顔をよく見ます。想役では笑い方も想らしくなっていて、想という人がいるかのように感じさせてくれます

・40代女性:難聴者として表情で示すことの多い想ですが、手話のわからない湊斗などと話しているときに、喜怒哀楽が表情にとても表れていて、上手だなと思います。また、奈々と会っている時と、紬と会っている時の相手を恋愛的に好きなのか、そうでないのかの雰囲気の違いも上手に出してると思います。

・30代女性:上手いと思う。表情だけで伝えなければいけないシーンが多々あるが、全て伝わる。紬への思いの葛藤や、湊斗と話している時の表情、それぞれに優しさがあふれていてすごく魅力的だと感じる。回数を重ねるごとに、感情表現の幅が広がっている感じがするので、今後もすごく楽しみ。

・40代女性:まだ聞こえる、でも聞きづらい。その感情との葛藤がわかる演技で見ていて感情移入しました。
手話もすらすらやっていて、最近俳優デビューした人とは思えないです

・50代女性:上手いと思います。今回難しい役をやってこれからどんどん成長していくと思います。佐倉君の親になった気持ちでいつも観ています。

・40代女性:演技が上手いと思う。
不器用な役が似合う。時々、ふっと見せる表情に感情が溢れている時がある。ふっと笑う時とか、うなずく時など。また手の動きが美しいのではっとする時がある。

・40代女性:うまいと思います。いつも切なそうな表情をしていて、周りとの壁を作り殻に閉じ籠っている感じが伝わってきます。
けど、湊斗や紬といる時にはだんだんその壁がなくなっているのも感じます。

 

スポンサーリンク

ドラマ『silent』6話|戸川湊斗(鈴鹿央士)の演技力は上手い・下手

鈴鹿央士演じる湊斗は優しくて人の気持ちを第一に考えて行動する性格を持っているだけではなく、紬の手紙を破っていたという少し意地の悪いところを上手に演じています。

こちらは戸川湊斗(鈴鹿央士)の演技力について上手いと思いますか?下手だと思いますか?についてアンケートしたモノです。

・40代女性:素晴らしい演技力だと思います。湊斗の魅力を最大限に引き出しているし、鈴鹿さんが画面に出てくるだけで切なくなってしまうくらいに感情を揺さぶられます

・30代女性:上手いです。素晴らしい演技力だと思います。恋人であった紬と、親友だった想との狭間で、葛藤する姿を繊細に演じていると思います。

・20代女性:正直なところ上手いとは言い難い演技に思えてなりません。表情がワンパータンにしか見えないのが理由です。

・10代男性:様々な感情での描写があるなかで、それを使い分け、見ている人に様々な感情を自然な演技でいだかせることができるのがすごいと思いました。

・40代女性:うまいと思います。本当にこの役柄のような性格なのではないかと想うぐらい、本人にあっていてびっくりします。

・50代女性:私は、上手だと思います。湊斗のらしい優しさがよく伝わってきます。また、とくに今回から、少しモテようとしている演技をしていました。紬にいわれた「少しいじわるなほうがモテる」と言われた事を実践している演技も入れて、湊斗らしい世界観を作られていて、上手だなと思いました。

・40代女性:上手だと思います。包容力の高い男子というキャラクター設定なのにこんなに演技力を発揮できるのかというぐらい上手。声色の使い方が上手だなという感じがします。

・50代女性:上手いと思います。主成分優しさと表現されるくらい良い人の役なのに、ただの良い人ではなく、意地悪な部分もしっかり持っていて、その嫌な部分を表に出しても嫌われない存在感が素敵だと思います。

・40代女性:上手いです。今回のドラマはドラゴン桜に出演していた時の役と真逆なタイプなのですが、優しさだけでできている湊斗役を完璧にできていました。どんなに嫌みなことを言っても、嫌みにきこえないのが湊斗なので、そこを上手く出来ていると思います。

・40代女性:初めて演技を見ましたが、上手だと思いました。
感情を抑えているシーンでは、ただの無表情ではなくて、悲しんでいることがわかります。これから感情が爆発するシーンがあるかわかりませんが、彼が大きな声で怒る演技も見てみたいです。

・20代女性:戸川湊斗(鈴鹿央士)の演技力はそんなに上手いとは思いません。他のドラマでも鈴鹿央士さんの演技は観ていますが、どれも同じ役なのかと思うほど、演技が単調だと感じられるからです。

・40代女性:5話までは湊斗のシーンで泣くことが多かったですが、やはりそれは鈴鹿くんの演技力に引き込まれているからだと思います。特に紬との別れのシーンがとてもリアルでしたし、6話の想との焼肉のシーンも友達同士の雰囲気が自然でした。

・30代女性:上記二人の演技がいいので、少し浮き気味かと。
ど素人の私が言えることではないかもしれませんが、幼稚な演技だなと思いました

・40代女性:演技が上手いと思う。
こらえきれない感情を紬や想にぶつける演技がすごく良かった。
役柄のせいもあるが、人の演技を受け入れるというか、人の演技を受けて、自分の演技をするのが上手い役者さんなのかなと思った。

 

スポンサーリンク

まとめ

【ドラマsilent】ドラマ『silent』6話考察・感想まとめ!青いハンドバッグと夏帆の演技力に泣いた!について記事にしました。

本当に今から結末が気になります。

スポンサーリンク
TV
スポンサーリンク
シェアする
writerをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント