森喜朗の家族構成は4人!娘の旦那は藤本真佐で孫は浅田真央が大好き!

政治関連
スポンサーリンク

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は2021年2月4日女性蔑視発言で謝罪会見を開きましたが、謝罪と言うよりも開き直った感じで辞任するつもりはなく、全く責任を取ろうとしない態度に更に批判が強まりました。

今回の謝罪会見でも「娘や孫に怒られた!」と言われていましたが、森喜朗さんの家族はどのような方なのか?

森喜朗さんの家族構成についてまとめてみました。

森喜朗さんの若い頃についてはこちらの関連記事をお読みください。

【画像】森喜朗の若い頃がラガーマンでイケメン!頑固な性格は大学時代の挫折が原因?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森喜朗の家族構成は4人!

「森喜朗」の画像検索結果

森喜朗さんは2021年2月現在83歳で2021年7月14日に84歳になります。

森喜朗さんは2002年に前立腺癌を患い2015年には肺がんの手術もされています。

その後オプジーボという免疫チェックポイント阻害薬を使いなんとか病状をコントロールされていますが、2021年中に東京オリンピックを行わないと森喜朗自身の命があるかないか?わからない気もします。

森喜朗さんの家族構成は妻の旧姓:牧(森)智恵子さん、長男の森祐喜(2011年に死去)、長女の盛陽子さんの4人家族です。

(森喜朗さんの妻、智恵子さんはこの漢字なのか千恵子なのか?はっきりしておりません。

森家は江戸時代加賀藩で、代々村の肝煎(きもいり、庄屋のこと)を務めた家系です。

森さんの祖父と父親は、根上の村長、町長を長く務めています。

森総理幼少時代の写真

(画像引用:https://www.kantei.go.jp/jp//morisouri/mori_profile/2-1.html)

森喜朗さんの実家の家族構成(家系図)はお父さん・お母さん・姉・弟と5人家族だったようですね。

森喜朗さんの弟さんはお医者さんで外科医だそうです。

森家の家系図はこちらです。

祖父:森喜平(根上村長)

父:森茂喜(根上町長)

母:森薫

姉:智子

弟:紀喜

このように森喜朗さんのお父さんやお祖父さんも地元の政治家として活躍されていました。

夫のためなら死ねるわ!と言う妻・智恵子(チエコ)

こちらの画像の右側が森喜朗さんの妻・智恵子さんです。

智恵子さんの分かっている事はこちらです。

年齢:森喜朗さんよりも1歳年上で、おそらく2021年2月現在84歳。

出身地:神奈川県横浜市

学歴:早稲田大学教育学部

旧姓:牧(まき)

お二人の馴れ初めは、早稲田大学時代、東南アジアからの留学生と交流を深めるサークル「国際学友会」に所属し、出会ったようです。

当時の妻・智恵子さんは水泳をしており真っ黒だったため、留学生と間違えて、「お国はどちらですか?」と声をかけたそうです。

笑えないですね。。。

森喜朗さんは愛妻家だそうです。

そして妻の智恵子さんも「夫のためなら死ねるわ」と過去に発言したことがあるそうです。

流石政治家の妻は違いますね。

妻・智恵子からみた森喜朗とは

  • 潔癖症
  • 整理魔
  • 話しがおもしろい
  • 歌舞伎の鑑賞が好き

家でも女性蔑視の発言をされているのでしょうか?

この年代は亭主関白で女性軽視の時代でしたからね。。。

それでも夫婦仲は良いようです!

現総理大臣の菅首相の奥様についてはこちらの関連記事をお読みください。

【顔画像】菅真理子夫人の学歴や経歴は?家事手伝いで政治には興味なし?!

黒い噂があった長男・森祐喜

「森祐喜」の画像検索結果

森喜朗さんの長男・森祐喜さんは2011年に46歳と言う若さで亡くなりました。

死因は急性膵炎による多臓器不全だったそうですが、亡くなる前の体型は相撲取りのようで、元々持病があたのかも知れません。

「森祐喜」の画像検索結果

プロフィール

2000年の36歳からお父さんの森喜朗さんの公設秘書として働いていましたが、2006年に石川県議会議員に立候補し当選。

しかし、2010年に飲酒運転で事故をおこし逮捕され、県議会議員を辞職します。

ゆくゆくは県会議員から国会議員へとお父さんの森喜朗さんは思っていたのではないでしょうか?

生年月日:1964年10月15日
出生地:石川県能美郡根上町
没年月日:2011年7月25日(46歳没)
学歴:玉川学園高等部卒業、東海大学教養学部中退
前職:小松青年会議所理事長
所属政党:自由民主党
石川県議会議員
選挙区:能美市能美郡選挙区
当選回数:2回
在任期間:2006年3月22日 – 2010年8月7日

黒い噂とは?

「森祐喜 押尾学」の画像検索結果

実は森喜朗さんの長男・森祐喜さんは押尾学事件と関係していたのでは?

と言われています。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1330830473

そしてこのような噂も。

亡くなったホステスと祐喜氏が一緒に写った写真があったり、彼女が出入りした銀座のクラブに押尾と祐喜氏が常連だったとの証言などから、事件当時一緒にいたのではないかという疑惑が浮上したこともあった。

こうした話は同時期の衆院選の最中でかき消されていったが、このときささやかれていた話が「元首相の側近から、押尾のタニマチだったパチンコ業界関係者を通じて、2億円の“口止め料”が払われた」とするものだ。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201509_2_87/

このように真相は分かりませんが、森喜朗さんの長男・森祐喜さんには黒い噂がかなりありました。

長女・陽子の旦那は実業家の藤本真佐

森喜朗さんの長女・森陽子さんについては一般の方の方のためほとんど情報はありません。

唯一分かっている事は森喜朗さんの長女・森陽子さんはデジタルハリウッドCEOをされている藤本真佐(ふじもと しんすけ)さんと結婚され子供さん(森喜朗の孫)2人がいることです。

「藤本真佐」の画像検索結果

(画像引用:https://note.com/capnovel/n/n5eb42d65f5c7)

イケメンです。

森喜朗さんの長女・森陽子さんの旦那・藤本真佐(ふじもと しんすけ)さんは2018年に喉頭癌になられたようで、娘さんの洋子さんからするとお父さんの森喜朗さんとご主人の藤本真佐(ふじもと しんすけ)が癌と言う事で色々と大変でしょうね。

そんな状況でのお父さんの問題発言。

辛いでしょうね。

森喜朗さんの長女・藤本陽子さんの生年月日は兄と3~4歳違いのようなので、1967年か1968年生まれで年齢は53歳前後だと思われます。

旦那さんは1967年生まれの54歳前後です。

2021年2月13日追記 森喜朗さんの長女藤本陽子さんが、お父さんの森喜朗さんの女性蔑視問題についてこのように語られています。

「本当にご迷惑をおかけしていることは家族は十分わかっていますし、お騒がせしていることも分かっているので、それに関しては特に話していません。

 発言自体は重く受け止めているので、本人もああいう性格ですし、口がああいう風に滑るというか。

それもあって混乱してしまうので、またこれ以上何かを言ってしまってはということもあるので。

これ以上はごめんなさい」

「まあ、もちろんあの、おっしゃる通り娘からの視点からいえば今のそういうジェンダーレスの話を100%理解するのは年齢的にも難しいかなって。

あくまでも83歳の自分の父という視点でみれば、もちろんそうなんですが、たぶん今の立場とかからは、それは許されないことなんだっていうことは、重々、わかっております。

なので私たちからはそれしか言えないんです。

今はそういう世の中の流れにもなっていますし」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/f892db53561e37bb805370241a180aede86c0829?page=2

このように娘さんからすれば本当に辛いようですね。

しかし普段はお父さんの森喜朗さんよりも娘さんの方が強いようです。

 

子供(森喜朗の孫)は浅田真央のファン

森喜朗さんの長女・森陽子さん(藤本陽子)には1人の子供さんがいらっしゃるようですが、その子供さんが元フィギュアスケート選手の浅田真央さんの大ファンだそうです。

2014年浅田真央さんがソチ五輪での試合で転んだことで森喜朗さんが炎上発言をします。

こちらの動画をご覧下さい。

6分18秒くらいからご覧下さい。

森元総理「大事な時には必ず転ぶ」福岡の講演(14/02/21)

それに対し浅田真央さんは大人の対応をされました。

浅田真央 大人の対応「森さんは少し後悔しているのではないかと」@2/25 外国特派員協会

この発言でこの時も大炎上します。

それに対して森喜朗さんはこのように言われます。

浅田選手が森氏の発言に「たぶん森さんが少し後悔されているのでは」と述べたことに関して「後悔はしていないが、真央ちゃんを大好きな孫からすごく怒られている」と明らかにした。

引用:https://www.daily.co.jp/gossip/2014/02/27/0006739372.shtml

孫じゃなくても国民の多くが怒っていましたが、森喜朗さんの孫さんは浅田真央さんの大ファンのようですね。

今回(2021年)の女性蔑視の件でも孫さんは相当心配されていたようです。

うちは小さな家族で、今は別に暮らしてますが、娘に子供が1人おりまして、その子供も去年成人になったんですが、だいぶ心配をしてましたですよ」と言う森会長。

その孫はこの問題で丸1日、眠れなかったそうだ。

「朝、娘が私のとこへ手紙を書いてくれて、私の妻に置いてった。これ読んだらかわいそうになってね。

で、孫が会社で寝不足だったのか倒れたらしいんです。

えらいことになったなあ、と。

まだ会ってないんですけど、明日でも謝って慰めようと思ってるんですけど」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0464b622495119d722c9f18a54b6f79b0d20cc06

孫さんのためにも家族のためにもそして国民のためにももう会長職を辞めた方が良いと思いますね。

2021年2月13日追記 森喜朗さんの長女藤本陽子さんの子供(森喜朗さんの孫)も今回の女性蔑視問題についてこのように語られています。

孫娘として今回の件をどう思いますか?

祖父の発言は本当に不適切だったと家族もみんな思っているんです。

もちろん世の中にご迷惑をおかけしたとすごく反省はしています。

が、会長である前に私たちの大事な家族なので体を大事にこれ以上無理せずにしてもらいたいです。

自分たちの83歳の祖父であり父であるので」

――家族から見て女性蔑視は感じたことはありますか?

「まったくそんなことはないです。女性だけの家族なので。

本当にそんなことは自分たちにとってはなくて、女性のことも大切にしているっていうふうに思っています。

私たち家族はまた別のところに住んでいて、一緒には住んでないんですけれども、普段から距離はないので。

そんな女性蔑視みたいなことを感じたことは自分たちにはありません。

ごく普通のおじいちゃんであり、お父さんであり、っていう印象しか自分たちにはなくて。

みなさんのお父さんやおじいちゃんと同じだと思います。

何よりも家族のことを一番大切にしてくれているので」

このように孫さんにとっては森喜朗さんは本当に良いお爺ちゃんで普通のお爺ちゃんのようですね。

しかし、残念ながら政治家の顔になると少し様子が変わってきます。

最後に森喜朗とはどんな人物なのか?についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

森喜朗とはどんな人物なのか?

「森喜朗」の画像検索結果

こちらの画像は森喜朗さんが元気なときの画像です。

色艶が良く本当に元気そうなお顔ですね。

しかし現在は年齢も2021年には84歳を迎えるだけでなく、癌とも闘病中ですっかりと痩せ細りました。

「森喜朗」の画像検索結果

酷い方は死相がでているとまで言われますが、確かに痛々しいです。

 

遺書 東京五輪への覚悟

プロフィールと略歴

初めにもお伝えしたように森喜朗さんは石川県能美郡根上町(現、能美市)の出身で、お父さんもお爺ちゃんも政治家でした。

名前:森喜朗(もり よしろう)

生年月日:1937年7月14日

年齢:83歳(2021年2月現在)

学歴:金沢二水高校・早稲田大学商学部卒

衆議院議員14回当選・在任期間:1969年12月28日 ~2012年11月16日

総理大臣在任期間:2000年4月5日 ~2001年4月26日

略歴はこちらです。

1960年 産経新聞社入社(-1962年)
1963年 今松治郎衆議院議員秘書(-1967年)
1969年 衆議院議員
1977年 内閣官房副長官(-1978年)
1983年 文部大臣(-1984年)
1992年 通商産業大臣(-1993年)
1993年 自由民主党幹事長(-1995年)
1995年 建設大臣(-1996年)
1998年 自由民主党幹事長(-2000年)
2000年 自由民主党総裁
2000年 内閣総理大臣(-2001年)

現職

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長
日本ラグビーフットボール協会名誉会長
日本トップリーグ連携機構名誉会長
日本体育協会最高顧問
日本臨床心理士資格認定協会会長
全国経理教育協会名誉会長
日印協会会長
日本水フォーラム会長
アジア・太平洋水フォーラム会長

本当に素晴らしい経歴です。

若い頃はラガーマンでイケメンだった

森喜朗さんは現在東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長をされていますが、日本ラグビーフットボール協会名誉会長でもあります。

それは森喜朗さんがラガーマンがラガーマンだったからです。

金沢二水高校時代

(画像引用:https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/history/interview/084.html?tab=sStory2)

森喜朗さんはラグビーをするためにわざわざ金沢二水高校に越境留学してまでラグビー大好き少年だったそうです。

と言うのも金沢二水高校のラグビー部は森喜朗さんのお父さんが指導をしていたからだとか。

こちらの画像は大学時代の森喜朗さんです。

早大時代

(画像引用:https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/history/interview/084.html?tab=sStory2)

当然早稲田大学でもラグビーをしますが、肉体的・精神的ストレスで胃潰瘍のため吐血し、退部します。

この悔しい気持ちから、2019年のラグビーワールドカップ日本招致を実現したようです。

おそらく東京オリンピック開催についても何か同じような思いがあるのかもしれませんね。

森喜朗さんの若い頃についてはこちらの関連記事をお読みください。

【画像】森喜朗の若い頃がラガーマンでイケメン!頑固な性格は大学時代の挫折が原因?

スポンサーリンク

まとめ

森喜朗の家族構成は4人!娘の旦那は藤本真佐で孫は浅田真央が大好き!について記事にしました。

森喜朗さんの家族は早く引退してくれ~と思っているかも知れません。

スポンサーリンク
政治関連
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント